2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.10.26 (Sat)

雲が主役の大笠山(前編)

10月中旬にもなってようやくですが今年2度目のお泊り山行。
石川・富山県境の大笠山へ行き、新築の避難小屋に泊まった山行の記録です。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
秋の深まる大笠山。


【More】

大笠山  1822m

山行日:13年10月17日(木)~18日(金)

1日目天候:晴れのち曇り
1日目記録:桂湖登山口(10:20)-前笈ヶ岳(12:20~12:32)-旧避難小屋跡
(13:31~13:39)-大笠山避難小屋(14:18)-この後、山頂へ何度も往復。

歩行時間:3時間38分(小休憩含む)

2日目天候:晴れ
2日目記録:大笠山避難小屋(6:20)-旧避難小屋跡(6:48~6:58)-桂湖登山口(8:50)
歩行時間:2時間20分(小休憩含む)


速報版は こちら


この山行の目的:
 ・星景写真撮りを中心に、新しい避難小屋での一夜を楽しむ。


今回の山行、元々予定していたのは木曜の日帰りで岩間温泉起点の楽々新道~岩間道周回
でした。しかし前日水曜の台風26号に伴う大雨で林道一里野~岩間線が通行止め・・

それなら代わりは何処にしようか?と思案していた所、木曜の早い時間は天候不安(特に風)
そして金曜は午後から仕事なので朝早い時間に下山すれば仕事に間に合う。との2つの要素
から、先月から頭の中にあった「新築されたばかりの大笠山避難小屋で1泊する」山行へと
変更したのでした。



自宅出発は7時。
まあ今日は15時頃までには避難小屋に着けば良いので下道からのんびり行きます。
桂湖最奥の駐車スペースには10時前到着。
先に1台駐車してあったが、年配の男性が付近を散策しているだけで今日入山している人は
居ないようだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
準備を整えて出発。
期待膨らむ晴天、気になる風も治まりつつあるようです。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
大笠山の登山道はこの橋を渡る所から始まります。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
橋を渡るといきなりの2連鉄梯子。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
そして鎖場、また鉄梯子、、と、
まるで槍ヶ岳の穂先のような急登が続きます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
あっという間に高度上昇。

その後も左右の切れ落ちた痩せ尾根通過など、初っ端から気の抜けない歩きを経て、
グングン高度を上げていきます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
しかしまだ濡れている岩場が滑る....。
久しぶりの重ザックも堪えますなぁ。
(水・食料・酒・防寒着を多めにパッキングしたザックはテント無しとはいえソコソコ重い)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
殉難丘とか・・イヤな地名だな。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
額から汗流しながら登り、桂湖からまだ1.6kmだけど標高はかなり稼いだ。
この様な標識が登山道上に数箇所あるので目安となります。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
標高1500m以下の紅葉にはまだ早く、色づいているのはごく一部のみ。
まあ、前週や前日の台風による風で落葉も多く、今回は紅葉に対しては過度の期待は
持てません。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
フカバラノ尾根の上で左手が開けてくると、稜線の向こうに冠雪した白山が見えてきた♪
台風通過後の寒気流入で白山山頂部が冠雪しているのは容易に想像出来たが、この後
まさかここまでとは!との展開となる。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
急登を登りきり、右への分岐を少し入れば前笈ヶ岳。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ここでベンチに座り最初の休憩。
愛妻おむすび(単に息子の弁当の残り物)を食べて、これからのアップダウンに備えます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
前笈ヶ岳から見た笈ヶ岳。
あら?山頂付近が白いような・・という事は大笠山も積雪してるのかい?

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
上空に広がる秋雲。
台風去って穏やかな良い日になりました♪


前笈ヶ岳を過ぎれば細かなアップダウンを繰り返す。
今日は先を急がず、展望や紅葉を楽しみながら行きますか。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
紅葉した木々の間から笈ヶ岳。
標高1500mを超えたら所々色づいていました。

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
お~!雲がスゴイ!!
この空はインパクトありますね~!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ナナカマドの実。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
急な岩場を登れば地図上のP1552。
このピークは眺望良さそうだぞ♪

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
おぉ、やはり!
笈ヶ岳から左の仙人窟岳への稜線が見事です。
しかし・・白山の方は雲がかかっちゃうなぁ~(>_<)

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
正面にはこれから向かう大笠山がド~ンっと。
P1552の先もちょこちょこと尾根上のアップダウンを繰り返すが、
登山道の左右どちらかが切れ落ちてる箇所が多いので注意が必要だ。

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
刻々と変化する雲が面白い。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
今回、最も鮮やかな赤だったかも。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
前笈ヶ岳から1時間で旧避難小屋の跡地に着きました。
さて、ザック下ろして2度目の休憩。

ここに傾いて使用不能な避難小屋が建っていたらしいのですが、今は撤去されて
山頂近くに新しい小屋が建てられたのです。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
水場では勢いよく水が出ていた。
新避難小屋の近くには水場無しなので、ここで必要な水は汲んでいかなければならない。
私は今回初めてなので念のため最初から調理用水を約1.5リットル持参したのですが、
こんなに安定して水が出ているのなら必要無かったですね。


さあ行動再開。
避難小屋跡を発ってすぐ、驚きの展開です(゚д゚)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
地、地面に雪ですよ!
また標高1600mに達してもいないのに、泊まる小屋の辺りにはどれ位積もってるんだ?

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
避難小屋跡からしばらくもかなりの急登で、補助用のロープが垂らされています。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
標高1700m付近まで来ると雪がまだかなり残っている。
今の登りは良いが、明日の早朝凍っているとイヤな感じだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
う~ん、やっぱり白山はすっぽり雲に隠れてしまった。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
まさかこんな雪景色を見ることになるとは・・

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
階段状の急登をこなして、なだらかな道になると間もなく稜線上の分岐地点。
右手には奈良岳~見越山~赤摩木古山~大門山と続く県境の山々が見えてきます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
奈良岳の向こうには金沢の市街地だ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
分岐まで来ました。
ここから左へ、少し歩けば本日宿泊の避難小屋です。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
お~、新築の避難小屋です♪
早速、扉を開けてキレイな屋内へ入ろう。

と、中に入ると愕然!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
小屋の床板に登山靴の足跡ですよ・・・

誰だ?土足で上がった非常識な奴は!!
小屋の新しい古いに関係なく、こんな事する奴は山へ来なくてよろしいヽ(`Д´)ノ

まず汚れた足跡を拭いてから、荷物を小屋内に置きました。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ちょっとイヤな気分になりましたが、気持ちを切り替えて山頂へ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
小屋から山頂までは数十メートル。
あっという間に着きます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ


OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
大笠山山頂から小松市の辺りかな?

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
さあさあ、お楽しみタイムに突入だぜ♪

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
白山は見えないので笈ヶ岳にカンパイ ▽\(^^ )


雲が主役の大笠山(中編)に続きます。


banner.gif 次回は大笠山の山頂から星空を狙います。
     ブログランキング参加中・・ポチっと応援♪ お願いします(´▽`)

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

19:18  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/745-7a38870e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |