FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.09.03 (Tue)

夏のテン泊・双六岳へ(Part1)

昨年7月の白馬岳以来、1年以上ぶりのテント泊山行。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
鏡池の向こうはガスがかかり始めた槍ヶ岳。


お盆休みは新穂高温泉から小池新道を経て、双六岳へ行ってきました。


【More】

双六岳  2860m

山行日:13年8月13日(火)~14日(水)

1日目天候:晴れのち曇り
1日目記録:新穂高温泉(6:47)-わさび平小屋(7:49~8:05)-秩父沢(9:00~9:22)-
シシウドヶ原(10:19~10:31)-鏡平山荘(11:06~11:31)-弓折乗越(12:20~12:33)
花見平(12:45~13:05)-双六小屋(13:47)

歩行時間:5時間12分(小休憩含む)

2日目天候:晴れ
2日目記録:双六小屋(2:56)-双六岳(4:23~5:17)-双六小屋(5:55~7:07)-
弓折乗越(7:51~8:00)-鏡平山荘(8:20~8:39)-秩父沢(9:26~9:32)-
わさび平小屋(10:07~10:20)-新穂高温泉(11:07)
歩行時間:5時間18分(小休憩・星景撮影含む)


速報版は こちら


この山行の目的:
 ・眺望、お花、ビール、星空、ご来光。久しぶりのテント泊を心から楽しむ。



昨年夏から何かと2日間の自由を得にくく、たまに日程を確保出来ても天候が悪く。。
気づけば1年以上も山でテント泊をしていない(>_<)
「これは悲しい状態だぞ・・」と、この盆休みには絶対テントを担ぐ!!と意気込んでは
いたが結局確保出来たのは13・14日のみ。
天気が悪ければまた望み叶わず・・だとヒヤヒヤしていましたが、太平洋高気圧が頑張って
(頑張りすぎ?)くれて天気は問題なしです。

そうなると「さあ行き先は?」

今回重視したのは、
・北アルプスで未踏のピーク
・2日目、夜明け前から星空を撮りながら1~2時間登ってご来光を見られる
・生ビールが飲めるテン場

この条件に合致する山、テン場は・・あぁ、ありました!
双六小屋のテン場が良いんじゃないでしょうかo(^▽^)o


前日は夜まで仕事だったので帰宅後急いで入浴、食事。
パッキング済みのザックなどをクルマに積み込み、新穂高温泉を目指します。

新穂高には2時前に到着。
しかし世間には既に連休入りした人が多く、登山者用無料駐車場はもう満車・・・
やむなくかなり離れた鍋平の駐車場に入ります。

ここから3時間ほど仮眠・・の予定があまりの眠気に30分延長。
朝食を食べて身支度をし、6時すぎに出発です。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
新穂高BTまでの余分な歩きは避けたかったけれど仕方なし。
トイレを済ませたらいよいよスタートです。
6時間500円の駐車場は満車だし、登山道ゲートまでの林道には路駐の嵐。
「これはテン場も満杯なのかな?」なんて考えながら、まずはわさび平小屋までの単調な
林道歩きです。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
蒲田川には釣り人も。


林道をテクテク。笠新道の登山口に立つと「思えばあの時が登山スタイル変遷のターニング
ポイントだなぁ」と、2年前の日帰り山行が思い出されます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
分岐からは未踏の道。
同じような歩行スピードの人とお話しながら歩いているとわさび平小屋に着きました。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
沢水で冷やされた果物類やトマト・キュウリが瑞々しい。
そんな小屋前のベンチでおにぎり1個を食べました。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
わさび平から15分ほど歩くと中崎尾根との分岐。
ここから小池新道の登山道となります。
岩ゴロゴロですけど歩きやすい、良い道ですね。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
お天気も予報通り、良好良好♪

しかし久々のテン泊ザックは重いねぇ....いつもの日帰りの様にはいかない。
汗を流しながら標高を上げていくと・・・

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
多くの人が休んでいる秩父沢に着きました。

LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
冷たい沢水で喉を潤す。
まさに天然のオアシス!素晴らしい!!


秩父沢で休んだあとは淡々と歩く。
チボ岩、イタドリヶ原と通過していきます。
この頃すれ違った外国人の方に、
「オ~、カワッタスティック、デスネ~!」と言われ、
「チガイマ~ス!サンキャクデ~ス!」と答えたのを覚えている(笑

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
標高2000mを越えてしばらくでシシウドヶ原。

LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
この辺りは開けていて展望はよろしい。
って事はとても暑いのよ....たまらずベンチで休憩です。
持参した冷凍みかんがとても美味いねぇ(^_^)


シシウドヶ原からしばらくは平坦道を右に巻いて、再び登る。
下山される方々とのすれ違いも多くなります。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
カラマツソウ              クルマユリ

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
高山植物がぼちぼち目立ってきたなぁ~という所で木道出現。
熊のおどり場と呼ばれる地点を過ぎると間もなく鏡平です。

LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
着きました~!
念願の景色はガスがかかり始めてちょっと遅かったか....。
(30分の寝坊を後悔。。明日の下山に期待だな)

休憩中の人多数の山荘前にザックを下ろし、売店へ直行!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
夏の鏡平山荘といえば、やっぱコレでしょ~♪
実は生ビールにもやや心動きましたが、行動中は飲まない主義なので・・
双六小屋でのお楽しみです。

かき氷で火照った身体を冷やしたあとは登山再開。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
とりあえずあの稜線まで、頑張って登ろう。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
槍穂はガスるも、頭上は快晴。
容赦なく照りつける真夏の太陽にまたすぐ身体が火照りますなぁ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
稜線が近づいてきたぞ♪

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ミヤマリンドウ             ミヤマトリカブト

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ハクサンフウロ             シナノオトギリ

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
グンナイフウロ             ヨツバシオガマ

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
振り返れば鏡平が見える。
そしてこの山域にもコバイケイソウの大群生!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
重荷を背負い、ようやく弓折乗越に到着。
ベンチに座りお隣の男性と話していると「もしかして北陸の方ですか?」と聞かれる。
「そうです、石川県ですよ~」と答えて話を進めるとあらビックリ!
男性の出身地がお隣の市で、なんと!ご実家が私の妹の嫁ぎ先のすぐ近所でした。
さらに妹のダンナとこの男性は1歳違いで当然面識ありで・・この偶然に驚きです。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
これも何かの縁。ここから双六テン場まで一緒に行動しました。
まさか北アルプスの稜線で能登のローカルトークをするとは・・・(笑

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
稜線をしばらく行くと雪渓現れ・・
その先にはお~!鷲羽岳だ!!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
雪渓の左にはお花畑が広がる。
この素敵な場所(花見平)で再び休憩。
脚力的には余裕有りだけど、久々の重ザックに肩がツライのよ....(´Д` )

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
花見平で休憩中に同郷男性が途中で知り合った茨城の男性と合流し、ここからは3人で
行きます。
辺りはあっという間にガスに包まれてしまったが、涼しくなって助かった。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
あぁ、長かった。
双六小屋とテン場が見えてきましたよ~(^_^)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
テン場に着いたらさっそくテントを設営。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
小屋で受付を済ませたら、お待ちかねの一杯だ~♪
ガスガスでやや寒かったが、同郷男性とお話しながら最高の午後のひとときですね。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
同郷男性と記念に一枚。

LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
暮れゆく頃にはテントの数はさらに増加。
最終的には150張を超えていたかと思う。

テントに戻り、夕食を食べ、、あとは明日に備えて寝るだけ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
日没の頃には徐々に晴れてきて月が見えてきました。
これは夜空に期待!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
早く寝ないとと思いつつ、夜のテン場も撮りたくなる。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
写っているのは歩く人のヘッドランプの軌跡。
長時間露光で撮ったもので、怪奇現象ではないよ!


夏のテン泊・双六岳へ(Part2)に続きます。


次回は北アルプスの星空へご案内・・♪
     ブログランキング参加中・・ポチっと応援クリック♪ お願いします(´▽`)

スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

10:58  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんにちは~!
いや~、昨年・一昨年の山行を思い出します。
(今年は双六界隈は雨に祟られたので…)
ここは見どころ楽しみどころがいろいろあっていいいですよね~。
自分もこんな名前ですが行動中は飲まないので
鏡平ではかき氷ですね~。ここでグッとこらえた分、
双六小屋での生ビールがたまらんのですが♪

続きが…夜空と山頂からの風景がとっても楽しみです♪
酔いどれ係長 |  2013.09.03(Tue) 18:57 |  URL |  【コメント編集】

★酔いどれ係長さんへ

コメントありがとうございます。

あ~覚えてますよ~。
昨年は長野の素敵な山ガールとの宴、羨ましかったです(*^o^*)

そうですね!
お名前からは「酔っぱらいながら歩いているのか?」と思ってしまいそう
ですが、いつもテン場でですもんね。

続きは・・・何とか明日までには・・・お待ちください^^;
しょもも |  2013.09.04(Wed) 09:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/721-a19c89a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |