FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.05.01 (Wed)

積年の憧れ・春の百四丈滝へ(Part3)

積年の憧れ・春の百四丈滝へ(Part2)の続きです。


ようやく眺められた春の百四丈滝。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
展望台からはソコソコ離れているので、実は肉眼ではあまり大きくは見えない。

出来れば下へ降りて近くから氷の滝壺を見上げたいが・・
今回はもう時間的に余裕は無いので、いずれ避難小屋泊で来た時のために楽しみは
取っておこう。


【More】

白山(百四丈滝展望台)

山行日:13年4月23日(火)

天候:晴れのち曇り
記録:一里野温泉スキー場(4:51)-ゲレンデトップ(5:43)-加賀新道登山口(6:00)-
しかり場分岐(7:15~7:24)-口長倉(7:54~8:02)-奥長倉避難小屋(8:50~9:12)-
奥長倉山(9:17)-美女坂ノ頭(10:09)-百四丈滝展望台(10:31~11:11)-美女坂ノ頭
(11:21)-奥長倉避難小屋(11:59~12:35)-口長倉(13:11)-しかり場分岐
(13:38~13:47)-ゲレンデトップ(14:46~14:56)-一里野温泉スキー場(15:21)

歩行時間:8時間16分(小休憩含む)



LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
予定では白山北部の美しい風景を眺めながらの昼食をと考えていたが、、
展望台に着いてから徐々に風が強まってきた。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
強風により雪庇から舞い上がる雪と、その先に見える大笠山&笈ヶ岳。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
空のどんより具合も増してきて、アウターを着ても肌寒くなってきました。

そこで予定変更。
昼食は奥長倉避難小屋でとして、下山開始します。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
テン泊していた4人はすでに下山中。
お〜、この辺りで泊まるのも良いかもね〜♪
(テン泊装備で美女坂を登るのがとても辛そうだが)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
正面に見える大笠山と笈ヶ岳がどちらも美しい山容で惚れ惚れする。

4月の大目標だった百四丈滝を見られた今、来年以降の目標にするとしたら・・
あの残雪期しか登れない101番目の山だろうか。
(その前に前回敗退した白峰〜白山もリトライしなければ・・・)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
西に見えるのは鳴谷山かな?

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
美女坂ノ頭からは帰りの長いルートを一望できる。

「さあ、気を引き締めて下ろう」

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
4人が慎重に下っている。
どうですか、この急斜面!
ちょうど新雪が緩んで崩れやすく、かなり気を遣いながらの下降となる。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ザイルで確保しながら!?

「撮影しているので、どうぞお先に!」
と言われたので何の撮影かと聞いたら、某雑誌の撮影だった。
(あまり言いたくなさそうだったので、雑誌名は伏せておきます)


緊張の美女坂(個人的には3月の西穂独標からの下りより怖かった)を無事下りきり、
ホッとひと息。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
奥長倉山へと登り返したあと、避難小屋にて食事休憩とします。

食事中に4人パーティーも到着。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
食事後もまったりしていると、4人パーティーが先に出発した。
(人と比べると残雪や雪庇のスケール感が分かるでしょ!)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
小屋からの北アルプスを眺望しながら、
「やっぱり次回は小屋泊まりだな・・」と心に決める。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
さて、食事と休憩で鋭気回復。
雪庇を避けて、まだまだ長い尾根道を帰ろう。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
美女坂や四塚山を何度も振り返りつつ、まずは口長倉を越えていく。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
口長倉で再び休憩中の4人を先行。
この後、追いつかれることはなかった。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
大笠山と笈ヶ岳を眺めながら、気持ちイイ尾根歩きです。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
痩せ尾根を慎重に下り、少し登り返せばしかり場分岐。
ここでアイゼンを外しました。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
しかり場分岐から見渡すスキー場(写真右上端)までの下山ルート。
「おぉ~まだまだ遠いぜ・・」

しかし腐り気味の雪上をサクサク下っていきます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
今日ずっと眺めてきた大笠山&笈ヶ岳とはそろそろお別れ。

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
ルート脇にポッカリ空いた直径6~7mのクレーター。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
往路を忠実に辿り、一里野温泉スキー場のゲレンデ最上部まで戻ってきました。

ここで最後の休憩。
(ちなみにトイレは使用可能でした)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
あとは雪のないゲレンデを下るだけなんだけど・・
急な斜面で草は滑るのに足は疲れていて、これが結構ツラかった。。
(次回はハライ谷から登ろう・・)

それでも約20kmを歩ききり、無事に下山したのでした。


GPSログ

1304加賀禅定道ログ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


今回の山行

以前から計画していた今春最大の目標・念願だった春の百四丈滝をようやくこの目で見る
ことが出来ました♪
長大なルート、まだまだ残雪豊富な尾根、美女坂の急坂など様々な困難を乗り越えないと
見られない景色ですが、それだけの価値があるものが見られて大満足(^_^)
しかし、次の機会には避難小屋で1泊して滝壺のすぐ近くまで行ってみたい!なんて事を
すぐに考えてしまっている^^; ので、また入念な準備をして来年以降臨みたいと思います。

※当然の事ですが、この時期の残雪状況は年によって、いや日によって大きく変わります。
 またこの時期の山歩きは天候に大きく左右されますので、ネットのレポは参考程度に・・
 慎重な山行計画で春山を楽しみましょう。



GWの1泊山行はまだ行き先決まらず・・・
     ブログランキング参加中・・ポチっと応援1クリック♪ お願いします(´▽`)
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

11:30  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★加賀禅定道

しょももさん、こんばんは。

残雪の加賀禅定道は良かったでしょう?
加賀禅定道は新緑の時期や初夏の花の時期も良いですよ。
北部白山はとっても素敵です。
こうして加賀禅定道ファンが増えて嬉しいです^^
自転車を積めば周回登山も楽です。
この夏は是非、岩間|楽々周回や中宮道を行ってみてくださいね。
やっちん |  2013.05.01(Wed) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

★憧れの百四丈滝の雪壷

やりましたね!
秋の美女坂や手前の痩せ尾根は積雪期は怖いでしょね。
ザイルが必要、冬の独標の下りより怖いとなると、私ではまだまだ無理ですね。
101番目の山も憧れていますが、単独では・・・
でも、しょももさんのブログ見て、勇気をもらい、挑戦してみたいと思ってます。
こしのしらやま |  2013.05.01(Wed) 22:46 |  URL |  【コメント編集】

★やっちんさんへ

コメントありがとうございます。

加賀禅定道は昨秋に続き2度目でしたが、残雪の尾根歩きも
素晴らしいですねぇ。
すっかり加賀禅定道ファンとなりまして、今から夏の再訪が
楽しみです(^_^)

そうそう。チャリ利用で他の北部縦走路を周回するのも
良さそうですね!
今夏はチャレンジしてみます!
しょもも |  2013.05.06(Mon) 10:42 |  URL |  【コメント編集】

★こしのしらやまさんへ

コメントありがとうございます。

痩せ尾根はそうでもありませんが、美女坂は怖いですね。
まあ雪の状態にもよるんでしょうけど(この日は締まった残雪の上に
新雪が20cmほどで、アイゼンの効きが悪かった)アイゼンがよく効く
雪面ならそこまでの恐怖感は感じないと思いました。

日帰りは体力的にも厳しいので万人にオススメ出来ませんが、
避難小屋泊なら行けない場所ではないのでぜひ挑戦してみてくださいね。
しょもも |  2013.05.06(Mon) 10:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/669-5932eb81

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |