2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.04.06 (Sat)

残雪期ならではのロングルートへ(Part2)

残雪期ならではのロングルートへ(Part1)の続きです。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
鉢伏山の山頂に立ち、白山を眺める。

天気は良好だし、雪は締まって歩きやすい絶好のコンディション。
ここまで想定タイムよりも速く歩けているし、モチベーションも一切萎えることなく
高いレベルをキープしている。

さあ、大長山の頂まで遮るものはない。

行くぜ!


【More】

取立山  1307m
鉢伏山  1549m
大長山  1671m


山行日:13年3月30日(土)

天候:曇りのち晴れ
記録:R157登山口(6:03)-夏道駐車場付近(6:48)-取立山(7:56~8:13)-
板谷の頭(8:43)-鉢伏山(9:16~9:30)-大長山(10:25~11:37)
鉢伏山(12:19~12:28)-板谷の頭(12:49)-取立山(13:17~13:36)-
R157登山口(14:39)
歩行時間:6時間25分(小休憩含む)



OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
山頂東側の雪庇(だったのかな?)崩落箇所と経ケ岳。


大長山へ向けて、再び鞍部へと下る。
日当たりの良い東斜面だけれど、勢いよく駆け下りても靴は大して沈まず、一応持参した
ワカンの出番はなさそうだ。


ここから大長山まで標高差300m近くをまたまた登る。
登山口から大長山の単純標高差は1000mちょっとですが、
この何度かの登り返しも含めて累計すると何メートルになるんでしょうか。


OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
鞍部から少し登ると、
山頂方向とは別に、左側へと伸びる足跡がある。

そう。
この残雪期の大長山は正面からの直登でも登れないことはないようだが、傾斜が急なので
左の尾根から巻くようにして登るのが一般的なようだ。

「急がば回れ」

私も安全第一、遠回りになるけれど左の尾根へ向かいます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
左側の尾根の途中から見上げた1枚。
左から右へ、周りこみながら山頂へと到達します。


この写真からもう少し登り、木々もまばらになる頃に上から2名先行者が下りてきた。
話しをすると駐車場の隣に駐車されていた車で神戸からお越しの男女ペアで、朝5時前に
出発されたそうな。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
下山する男女ペアと、その先にあるのは鉢伏山。
またあの山を登り返さないと帰れないのだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
稜線に出て、再度白山とご対面。
あぁ、近い。そして別山や三ノ峰もバランス良く見える。
この角度からの眺望を待ち望んでいたのだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
稜線に出ればもう斜度は緩やかで、山頂まであと少し。
風は少し強いが、背中から受けるので良いアシストとなる(^_^)

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
山頂直下の木々には霧氷というよりエビのシッポですね。
この時間(10時半近く)になってもビッシリ付いていた。


そして・・

目標としていた11時より30分以上早く、大長山のピークに立つ!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
あぁ、1年越しのこの眺めよo(^▽^)o

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
独り占め山頂の記念写真はザック軽量化のためにまともな三脚を持って来なかったので、
ゴリラポッドで行なった。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
歩いてきた石川・福井県境の稜線を見渡す。
さあ、これで谷峠〜三ノ峰間の県境でまだ歩いてないのは、
大長山〜小原峠と杉峠~六本檜だけになったぞ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
左に目を移すと、経ケ岳と左奥に荒島岳。

さて、極上の景色を楽しみながらお昼にしよう♪
とお湯を沸かしていると、スキーの男性も山頂に到着した。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
こんな昼食でも、ここで食べれば美味しい。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
スキーの男性が下山するのでお別れした。
ここまで良いペースで来られたのは鉢伏山まで彼に引っ張られたおかげ。
感謝したい。


食後はコーヒーを飲みながらの撮影タイムへ。

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
白山。
さすがに厳冬期と比べれば若干の雪融けを感じる。

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
別山と三ノ峰。
昨年は行けなかったので、今年はお花の季節にぜひ訪れたい。

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
望遠で室堂〜弥陀ヶ原。
好天だったこの日、アタックした人は居たのだろうか?
きっと強風が吹いていたんだろうなぁ。

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
赤兎山。
こうなりゃ残雪期の赤兎山へもいずれ行かなきゃなぁ〜。
(小原林道は長いですが・・)

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
経ケ岳。
山肌に幾つも亀裂が走ってますな・・

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
荒島岳も積雪期は未踏なので登りに行きたいが、、
ちょっとわが家からは遠いんだよねぇ。

LUMIX DMC-GX1 & G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.H-PS45175
鉢伏山の向こうに見える越前甲、加賀大日山も未だ登る機会に恵まれず。。

こうして見るとこの界隈もまだまだ行きたい山が溢れているが、何年かかるか分からない
ですけど一つ一つ順番に訪れよう。

な〜んて想いを馳せながら、残雪期ならではのロングルートへ(Part3)に続きます。


あと1回続くので、しばしお待ちを。
     ブログランキング参加中・・ポチっと応援1クリック♪ お願いします(´▽`)
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

12:22  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/659-2eac4fc0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |