2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.04.04 (Thu)

残雪期ならではのロングルートへ(Part1)

昨年、コンディション不良にて取立山で早々に敗退した情けない記憶。

あれから1年、満を持してロングな縦走路に再挑戦です。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
大長山からの白山眺望・・これが見たかった。


【More】

取立山  1307m
鉢伏山  1549m
大長山  1671m


山行日:13年3月30日(土)

天候:曇りのち晴れ
記録:R157登山口(6:03)-夏道駐車場付近(6:48)-取立山(7:56~8:13)-
板谷の頭(8:43)-鉢伏山(9:16~9:30)
-大長山(10:25~11:37)-
鉢伏山(12:19~12:28)-板谷の頭(12:49)-取立山(13:17~13:36)-
R157登山口(14:39)
歩行時間:6時間25分(小休憩含む)


速報版は こちら



この駐車場としてはちょっと早めの6時前到着。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
林道は途中まで除雪されているようですが、車両通行止めとなっているので
いつもの国道脇駐車場に駐車します。

準備を整えてスタート。
この時点で駐車場にもう1台と、いわなや近くの路肩に1台駐まっていたのですが
皆さん今日は何処まで歩くのか?


まずは除雪された林道をテクテク。
途中からショートカットするルートに入りますが、もうかなり雪融けが進み時折藪漕ぎを
強いられます。

そのショートカット中に1つの凡ミス発覚・・!
GPSのバッテリー低下アラームが鳴る。
「あれ?昨日電池を入れ替えたばかりなのに・・・」
どうやら間違えて未充電のエネループと交換してしまったようです。

「まあいいや・・」と、予備のエネループと交換しようとすると、
あらら.....ザックにいつも入っているはずの電池がありません(>_<)

折角のこのロングルートのログを残せなかったのは残念であります。。


雪の方は夏の駐車場付近でも少なく。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
夏の駐車場から上の急斜面でこの有り様ですから・・・
雪融けが早いのは知っていましたが、まさかここまでとは。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
谷側に落ちたら無傷では済まなそう・・な夏道沿いの残雪上を慎重に歩く。
早朝はまだカチカチな雪面で、
先行者の足跡がなければアイゼン付けた方が無難だっただろう。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
尾根に出ると真っ白ガスの中に突入です。。
しかし太陽は見えているし、天気予報的にも直に晴れるだろうと楽観視していた。

急登の前でアイゼンを履き、
広い尾根上でスキーの単独男性を交わして標高を上げていきます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
木の枝に霧氷が張り付くもあまり寒くはなく、長袖アンダー+フリースのスタイルで
歩いています。

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
ラストの細尾根に取り付き、
「あ~早く晴れないかなぁ~」と空を見上げると・・・!

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
晴れてきた~♪

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
今まで歩いてきた方向を振り返る。

最初から晴れているのも良いけれど、こういう状況の方がテンション上がりますね。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
経ヶ岳も雲海の上に顔を出し、

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
間もなく取立山の山頂に到着です。

先客はいわなや近くに駐めた車の男女ペア。
何処まで行くの?と聞いたら午前中には下山しないといけないそうで。
なんと!男性の方は登山靴を忘れてズックで歩いてきていた。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
山頂標柱は僅かに露出。
昨年の4月13日と比較する・・半月の違いを考慮するとやっぱり少ないかな。


山頂で休んでいると、スキーの男性がお先に取立平へ滑走。
私も続いて下ります。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ガスの中や、

LUMIX DMC-GX1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
青空の下で霧氷の疎林を通過して、原高山へひと登り。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
原高山からの白山眺望。

ここからはなだらかな稜線を下り、板谷の頭へは急登を登り返します。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
板谷の頭から眺める、鉢伏山への登山ルート。


「さあ、ここからは未踏のルートだ」


まずは鞍部へと駆け下りる。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
朝日でキラキラ! 霧氷が眩しい!!


鞍部からはまた登り返し。
鉢伏山への標高差は250m近くだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
先行のスキー男性を追いかける。
登りで差を詰めるも、下り(滑り)でまた離される。の繰り返し。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
樹林帯を抜けて振り返ると、今まで歩いてきた稜線を見渡せる。
取立山辺りはまだ雲がかかり気味のようだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
間もなく鉢伏山山頂!というところで、
雪面にクラックが走り地面が露出していた。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
再び白山も見えてきました~♪

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
鉢伏山の山頂に立ち、いよいよ最後の砦(大長山)と対面です。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
白山が大きく、

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
別山や三ノ峰もよく見えるのだけれども、、

早く大長山からの眺めを楽しみたい!

ここは少しの休憩と写真撮影として、次を目指すことにしました。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
スキーの男性は昼食とするようなので、ここからは先行させていただきますか。


残雪期ならではのロングルートへ(Part2)に続きます。


晴れてきた時の高揚感を今も思い出す。
     ブログランキング参加中・・ポチっと応援1クリック♪ お願いします(´▽`)
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

11:16  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/657-c609775e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |