2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.13 (Sun)

手軽に楽しむ雪山へ

先日の冬山山行記。


医王山(白兀山)  896m

山行日:13年1月10日(木)

天候:曇り時々晴れ
記録:見上峠(9:26)-医王の里(9:51)-西尾平(10:29)-白兀山
(12:05~13:00)-西尾平(13:48)-見上峠(14:30)
歩行時間:4時間9分(小休憩含む)


【More】

初歩き翌日も雪山歩きに行こう。
ただし天気が悪いな...どのヤマ行こうかな??
と、迷いながら眠ったら朝寝坊してしまった。。

この時点で・・もう医王山しか無いな。

そんな話の流れで私としては遅い時間に自宅を出発です。


見上峠のいつもの駐車スペースに着くと、先客の車は1台も無し。

「まあ今日の予報だとずっと雪降る中を歩かなくてはいけない可能性が高いもんね」

とか考えますが、この時点で雪はまったく降っておらず。
それどころか所々に青空も見えているのだが、期待して良いのかね?


OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
身支度を済ませて登山口へ移動すると、単独者のトレースあり。
「車はどこに駐めたのだろうか?」
なんて事を気にしながらスノーシューを装着して歩き始めます。

コンディションは固い雪面の上に新雪が15cmほど。
気温が低いのでこの山域にしては軽雪だ。
ツボ足でも大丈夫そうだけど、今日はトレーニングを兼ねているのでスノーシューの重みを
噛みしめながら歩いていこう。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
先行者もスノーシュー。
林道の積雪は50~60cmほどだろうか。
まだ1月初旬ですが、ここ数年の中では少ない方だろう。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
汗をかかぬよう抑えめに歩いて医王の里を通過。
スゲ池は完全に雪の下です。
徐々に青空が増えてきて、今後のお天気期待大♪


先行者のトレースは林道のショートカット地点を通らず、林道に忠実に付いている。
「初めて冬の医王山に来た人なのだろうか??」
私はもちろんショートカットしますよ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
青空はグングン広がってくるものの、奥医王山は分厚い雲の中。
「白兀山はどうだろうかね...」

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
やがて登山口から1時間ちょっとで到着した西尾平も雪は少ない。
まだ疲れも空腹も無いので休まず先に進みます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
引き続き先行者のトレースを追って林道を進む。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
雪の付いた樹木にはやっぱり青空がよく似合う。
もうこれだけで「今日は来て良かった」と思えます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
白兀山は・・やっぱり雲の中か。。


しらがくびに到達すると、トレースは夕霧峠へと延びていた。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
白兀山への取り付きには踏み跡の上に新雪。

実はここまでノープランで歩いてきたのですが、
「新雪を踏みしめながらピークを目指したい!」と思ったので白兀山を今日の目標に
定めました。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
林道を離れて白兀山への登りになるとすぐにトレースは不明瞭に・・
さらに雪が少ないので埋もれていない低木が多く、枝を掻き分けつつも雪まみれに。
まあそれを覚悟の上でやってきたので楽しみながら標高を上げていきます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
枝に付着した霧氷が美しい。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
うっすら青空。
「どうかスッキリ晴れてくれ!」と願います。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
急斜面の軽い雪に時折ずり落ちながら、標高を上げていく。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
灌木隠れて傾斜も緩み、歩きやすい雪面となったら間もなく小兀となり、
一旦下って白兀山へと登り返す。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
このルートで一際目立つモンスターツリーに出会うと、白兀山山頂まであと少しだ。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
山頂直下に謎の足跡・・・
「何の足跡だよ?」と考えているうちに、

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
真っ白な白兀山山頂に到着です。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
基本真っ白なんだけど、太陽はうっすら見えるし一瞬青空も顔を出すので、
晴れるのを期待して粘ることにする。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
標高900mにも満たない山ですが、、

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
白く凍てつく世界が楽しめます。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
枝にびっしりエビのシッポや、

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
こんな芸術品も。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
昼食にカップラーメンを食べ、食後のコーヒーでまったり過ごしますが、
どうやら晴れそうにもなく・・・

展望は諦めて下山しますか。


OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
日射し無く風も弱いので、午後もビッシリ雪の華。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
苦労して登った急斜面ですが、下山はラクラク・スノーシューで駆け下りる。


しらがくびで林道に合流すると夕霧峠へのトレースは増えていたが、結局この日は誰とも
会わず。

西尾平へと林道を歩いていると、ふと雪上の異物に目が留まった。

「なんだろう?」

と近づいてみると・・

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
カ、カエル!?

何故こんな所に・・?
寝ているのか、まったく動かず。とりあえずそっとしておいた。

OM-D E-M5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
西尾平からは林道とは別ルートで。
こちらもトレースが残っていて雪山ハイウェイとなっていた。


雪舞う中の山行を覚悟していたのに、結局1度も雪は降らず。
展望までは望めませんでしたが期待していなかった青空を見られたので満足です。
展望は・・まあまた次回。冬の間にもう1回は行くだろう。


※低山といえど、雪山ではあらゆる危険が潜んでいます。
 悪天候の時は慎重に、、自分の力に見合った行動をお願いいたします。



3連休は毎日仕事ですが何か?(笑
         ポチっと応援♪ していただけると嬉しいです(´▽`)

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:22  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★雪のアートとヤマアカガエル

医王山、手軽に雪のアート楽しめる良い山です。
今冬も毎月登りたいと思ってます。
このカエル、ヤマアカガエルです、ちょと暖かいと雪の中から出てくるようです。
真っ白冷たい死の世界だと思われがちですが、カラ類の小鳥、雲、虫が雪山で見られる発見も楽しいものです。
こしのしらやま |  2013.01.14(Mon) 08:53 |  URL |  【コメント編集】

★こしのしらやまさんへ

コメントありがとうございます。

私も金沢近辺に住んでいれば毎月行くんですけどね~。
次回は展望もゲットしたいと思います。

このカエルはヤマアカガエルですか。
さすが、こしのしらやまさん!
実は教えて頂けるのでは?と期待していたのです(^^)
しょもも |  2013.01.14(Mon) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

霧氷と青空。ステキですね♪
静かな雪山を独り占め、いいですね~(^^

ヤマアカガエルくんには、私もビックリです。
でもたしかに、雪山には小鳥も飛んでるし、雪の上を歩く小さな虫たちもいるし、雪の中の木々にも小さな新芽がついてるし。
そんな小さな生命を見ながら歩くのも、楽しいですよね♪

また次の雪山歩き、楽しみにしてます~(^^
まきchin |  2013.01.14(Mon) 20:44 |  URL |  【コメント編集】

★まきchinさんへ

コメントありがとうございます。

医王山なら平日でもいつも人がそこそこ居るんですが、
天気予報が悪かったからか独り占めしちゃいました(*^_^*)

ヤマアカガエルくん、最初は石かと思いまして・・・
間違って踏まなくて良かったですよ~。

ワタクシ明日から休みなのですが、見事に?明日から荒天です(>_<)
また近場の低山しか選択肢が無いのかなぁ・・・
しょもも |  2013.01.16(Wed) 20:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/625-b3f8c5fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |