2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.12.01 (Thu)

夏のファミリー山行(Part1)小さな山ガール

また「いつの話だよ!」と言われそうですが、
今年の夏休みファミリー山行で行った雷鳥沢テント泊・奥大日岳登山の詳細記録です。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di? VC LD Aspherical [IF]

【More】

奥大日岳   2611m

山行日:11年8月7日(日)~8日(月)

1日目天候:曇りのち雨のち晴れ
1日目記録:室堂BT(9:42)-雷鳥沢キャンプ場(10:45)
歩行時間:63分(小休憩含む)


3年前から家族揃って行きだしたわが家の夏休みファミリー山行。
2008年の白山はみんなで歩き通したとても素晴らしい思い出だが、当時小学2年生の
もっちんには行程が長すぎたようだ。
翌、2009年の夏は立山で計画していたが、天候不順が続いて夏の間に行けず・・・
よって10月に日帰りで登ったのだが、寒い思いをさせてしまった。
そして昨年。
雷鳥沢でテント泊して奥大日岳を登る予定で行ったのだが、雨・雨・雨でそれどころでは
なかった。。

マズイ・・

こんなのを繰り返していたら、そのうち「もう登山は嫌だ!」と言われてしまいそう。
言うとしたら、たぶんこれから年頃を迎える娘だろう。

そうならない為にも先手必勝!
今年は秘策ふたつを引っ提げて、楽しい登山をプレゼンするのだ♪


----------------------------


目的地は昨年と同じく雷鳥沢、登る山も昨年登れなかった奥大日岳にしよう。


初日はテン場でまったりするだけなので早く出発する必要はなかったのだけれど・・
暑い下界から早く逃れたかったので5時半に自宅を出発。
天気予報的に午後のひと雨は覚悟しなければいけなかったのも理由のひとつだ。

立山駅の駐車場は日曜にしては空いていて、割と近くに駐められた。

まずは皆に準備をさせつつ、父のみアルペンルートのチケットを確保しに行くのだが
売り場の列は10人程度ですぐに購入できた。


準備完了。
ふと思いついて、ちゅん太に父のザックを背負わせてみる

SONY DSC-WX1
おっ! 違和感なくなってきたな。


そして、、
秘策その1

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ジャ~ン!
山ガールが2人である。
(一般的な山ガールから世代的に上下に外れた2人ですが・・)

今どきの女の子を引き込むにはまずカタチから入ろう。

ちなみにもっちんの方はどれも山ブランドの物ではないので結構安上がり。
登山靴が兄ちゃんのお古なのは手抜きすぎたかな。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ケーブルカーの時間待ち中、視線を浴びてもっちん照れ笑い。

夏の立山なら他にもこんな女の子が居そうなもんなんですけどね、、
意外とここまでキメてる小学生はもっちんだけだった♪


ケーブルカー・高原バスを乗り継いで、涼しい室堂BTへ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
BTも人少なめに感じた。


外に出ると山に雲はかかっているが、雨は降っておらず(良かった・・)
まずは写真の撮り合いっこだ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
母&子バージョン

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
父&子バージョン


ここでもっちんが「私も写真撮る♪」と言い出したので、コンデジを渡した。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ノリノリ♪
この今までにない積極性。
早くも大成功の予感である(^_^)

もっちん的に靴下がいまいちだったようで、いつの間にかレギンスの下にしていた。


さあ、今日は雷鳥沢のテン場まで1時間歩くだけ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
行きましょう!

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
奥大日岳の方は雲の中・・

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
みくりが池越しの立山も雲に覆われている。

SONY DSC-WX1
もっちんに撮られる。

今回は肩に担いで大きめの保冷バッグも持参した。

バッグの中身は・・秘策その2
何が入っているかはテン場に着いてのお楽しみだ。


地獄谷への分岐ではみんな地獄谷はイヤだと言うので、雷鳥荘へ向けて歩いていく。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
積極的にカメラのシャッターを切るもっちん。

SONY DSC-WX1
もっちん撮影

稜線の雲の切れ間を見つけては撮影しているようだ。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
途中、ベンチに座って水分補給しつつ、、

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
のんびり進みます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
血の池で立ち止まって撮影中。
去年は雨中の登りでそんな余裕は無かったからなぁ。

SONY DSC-WX1
もっちん撮影

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
雷鳥荘の前まで来ると眼下にテン場を見下ろす。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
カメラに視線を向けるお茶目さん♪
これは間違いなくご機嫌な証拠である。
天気さえ問題なければこの山行は大成功する!と確信した瞬間だ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
こちらは中学3年になり、ややクールなヤロウ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
石畳の坂道を下り、テン場に到着した。


日曜の昼前で朝発ちしたテントが多いからだろうか、テントは少なめ。
好みの場所にテントを設営するとちょうどお昼どきとなった。

NIKON D300 & SP AF 17-50m<br />m F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
昼食を調理中、娘が何かをアピールしている。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
はいはい、撮影会(笑)

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
もちろんこの状況を一番喜んでいるのはワタクシです(^_^)


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
昼食はおにぎりとカレー焼きそば

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
食後のデザートは冷え冷えのいつものヤツ

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
食後、子供たちは雪渓へと駆けていった。
クールを装っているちゅん太も8月の雪の前では素に戻るのか?

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
あっ、コケた(笑)

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
子供たちは河原で遊ぶと言うので、ママさんに任せて父は一時離脱。

お花撮りに行こうっと。

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
ヨツバシオガマ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
ミヤマキンポウゲ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
イワイチョウ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
チングルマ


快調にお花を撮っていたのだが、、夏山らしく午後の雨が降ってきた。

ひとまずみんなテントへ避難です。


夏のファミリー山行(Part2)立山の夕焼け に続きます。




ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ 小さな山ガールに心和みましたら、ポチっと応援♪ お願いします(´▽`)
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

14:18  |  登山(ファミリー)  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんにちは
夏の雷鳥沢キャンプ良いですね~
今回はもっちんもご機嫌な様子♪
小さな山ガールに思いっ切り心和みましたよ。
癒されます。(^^)
TONO |  2011.12.01(Thu) 16:41 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。

雷鳥沢のテン場は立山をはじめとした山々に囲まれて最高の別天地ですよね。
お金はかかるけど、あまり歩かずに行けるのでついついここへ行ってしまいます。

山ガール化作戦は大成功でした♪
その後の秋の山行もルンルンで行ってくれたし、
来年も山へ付き合ってくれそうです(^_^)
しょもも |  2011.12.01(Thu) 22:27 |  URL |  【コメント編集】

あ~、立山だ! 山ガールだ!!
もっちん、かわいいですねぇ~。ママさんも素敵ですよぉ♪
ご家族で歩く立山は、また格別ですね。
みんなとっても楽しそうで、笑顔溢れてるのがまたステキです(^^

楽しい思い出があると、また次につながりますよね。
来年も楽しみだぁ~♪
まきchin |  2011.12.03(Sat) 02:33 |  URL |  【コメント編集】

★まきchinさんへ

コメントありがとうございます。

山ガールお褒めくださりありがとうございます♪
夏前までは登山の話になると微妙なもっちんでしたが、これを境に
気持ちの変化があったようで・・・
やっぱり注目されて悪い気はしなかったようです(^_^)

今の状態なら中学生までは大丈夫かな~、付いてきてくれるかな~と
期待しています。
しょもも |  2011.12.04(Sun) 18:26 |  URL |  【コメント編集】

お二人ともステキな山スカートe-420
わたしもひとつ持っているのですが、結局ハーフパンツばっかり。

ご家族でアウトドアっていいですねe-53
子供のときにこういう経験をしていると、大人になったときに大きいザックを背負ってどっか行くようになりますよ。
わたしがそうなんで^^;

わたしも将来女の子が生まれたら、山ガールの格好だけはさせようと思っています!!
格好だけ^皿^
えび |  2011.12.09(Fri) 11:36 |  URL |  【コメント編集】

★えびさんへ

コメントありがとうございます。

去年から素敵な衣装の山ガールさんが増えましたからねぇ。
わが家も便乗してみました(^_^)
子供連れての登山は大変ですが、嫌いにならないように
試行錯誤しながらやってます♪

えびさんも子供の頃にアウトドア好きな家庭で育ったんですね☆
いやいや、山ガールの格好だけではなく登山もぜひ!
最高の思い出になりますよ。
しょもも |  2011.12.10(Sat) 05:59 |  URL |  【コメント編集】

ご無沙汰しております。

かわいい山ガールさん発見!(^^)

靴下がピンクで目立ってたから
レギンスの下にしたほうがスッキリして良くなったと思います。
もっちん、なかなかのオシャレセンスです。

ちゅん太くんも大人になりましたねー。
難しいお年頃でしょうけど、二人ともいい子に育って。
(写真でみる限り(笑)
親の育て方がいいんですネ(^^)v
のんすけ |  2011.12.13(Tue) 22:18 |  URL |  【コメント編集】

★のんすけさんへ

コメントありがとうございます。

なかなかオシャレにうるさく、父・兄にキビしい娘です。
将来はのんすけさんのようになるのでしょうか・・(笑)

ちゅん太は確かにお年頃でして、来年も行くのかは微妙。。
まずは来春に控えるヤマ場がどうなるか・・・

>親の育て方がいいんですネ(^^)v

ありがとうございます。
「母」親の育て方がいいんですよ(と、持ち上げておこう・・笑)
しょもも |  2011.12.14(Wed) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/475-671c028e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |