FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.10.25 (Tue)

季節先どり!白馬岳(後編)

季節先どり!白馬岳(前編)の続きです。


翌日は4時起床。
今年はまだ高い山からご来光を見ていないので、夜明け前に船越の頭まで上がりたいのだ。

朝食は前日の鍋の残り汁にうどんを投入。
身支度を済まし、インターバル撮影のカメラを回収して、、さあ行きますか。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di? VC LD Aspherical [IF]
10月ともなると4時半すぎでもこの星空


【More】

白馬岳  2932m

山行日:11年10月3日(月)~4日(火)

2日目天候:快晴
2日目記録:白馬大池(4:54)-船越の頭(5:35~6:04)-小蓮華山(6:43~6:52)-
三国境(7:30~7:41)-白馬岳(8:26~9:05)-小蓮華山(10:22~10:36)-白馬大池
(11:40~13:27)-蓮華温泉(15:22)
歩行時間:6時間59分(小休憩含む)



気温-6℃
小屋番さんが発電機を立ち上げている以外は皆寝静まっている山荘前を出発。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
雲が出ているけれど、まあ夜が明けたら消えるっしょ。


三脚を立てて写真を撮りつつ雷鳥坂を登る。

さすが雷鳥坂。
ハイマツの中からライチョウの鳴き声が聞こえてくるが、暗くて姿まで見えない。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
徐々に薄明るくなってきた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
東の空が赤らむ。

マズイ・・ご来光に間に合わないかも・・
途中からはペースを上げて駆け上がった。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
なんとかご来光前に船越の頭に着いた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
南には八方尾根、遠見尾根と連なる。
遠く雲海の先には八ヶ岳・南アルプス・中央アルプスだ。

LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
真っ白な新雪を冠した小蓮華山(右)と杓子岳・鑓ヶ岳(左)

もうすぐ朝紅に染まりますよ。


・・・


そしてその時は訪れた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
高妻山の右、志賀高原の辺りから登る朝日。

あ~神々しい。


LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
朝日に染まる白馬を独り占め。
昨日無理して午後スタートで登ってきた甲斐があった。

LUMIX DMC-GF1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
雪倉岳や朝日岳にも太陽が届いている。


朝のパノラマ
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、パノラマ写真をスクロール再生します。


明るくなって登山続行。
次は小蓮華山のピークを目指す。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
一旦下り、雪の積もった登山道を踏み跡に忠実に登っていく。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
標高を上げていくと、いよいよ白馬岳とご対面だ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
歩いてきたルートを振り返るが、後ろに続く人はまだ居ないようだ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
白馬大池を出て2時間弱、小蓮華山に立つ。


ここまで来ると気になるのは北西方向の景色。
富山平野、富山湾の向こうに見えますか・・?

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
お~見えたよ♪ 能登半島。
朝の冷え込み具合から見えるとは予想していたが、実際見られて嬉しいな。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
快晴、爽快な朝の稜線歩きにセルフ撮りも軽快に。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
鉢ヶ岳~雪倉岳

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
白馬三山

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
影で遊ぶ


絶景独り占め。

このまま白馬岳山頂まで人に会う事もないだろう・・と進んでいくと、

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
なんと、三国境にビバークテントがあった。

中に人が居るのか?気になったが、横を通過しようとする。
すると、テントのファスナーが開いて愛想の良い若い女性が顔を出した。


髭を生やした山男でも出てくるのかと思っていたので、これにはちょっと驚き!

「お一人ですか?」と聞くと単独だと言う。
そして「なぜここで一泊したのか?」を聞くと、驚きの答えが返ってきた。

なんとこの女性、親不知から栂海新道を登ってきて今日が7日目。
そして計画では西穂山荘まで行く予定だったが、日曜からの雪でそれは断念するとの事
だった。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
10泊以上の食料、テン泊装備を担いでこの長い道を一人で登ってくるなんて!

「白馬岳には行かないの?」と聞くと
「雪山装備ではないので諦めて栂池へ下山します」と言うので、お別れして先へ進む。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
雪が一段と増えたが、前日のトレースが残っていてまずまず歩きやすい。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
馬の背と呼ばれる岩場も凍っていたら恐怖なのだが、程良い積雪で滑落の不安は少ない。
(それでもより慎重に歩いたが)

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
右手に冠雪した剱岳、立山が見えてきて更にテンションは上がる。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
最後に山頂へと緩やかに続く坂道を登れば・・

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
やりました! 雪の白馬岳山頂。
標識に張り付いたエビのシッポがスゴイです。

山頂には頂上山荘に泊まった登山者が数人。
笑顔の皆さんと挨拶を交わします。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
白馬岳は信州側が切れ落ちているのだが、そこには早くも雪庇が出来ていてビックリ!
(奥にはヤリホも見えています)

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
遠くには八ヶ岳に南アルプス、更には富士山も。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
立山~剱岳

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
白馬岳山頂からも能登半島を一望♪
左の小高いピークは能登の最高峰・宝達山かな?


昨年登った時は展望を得られなかったので、今日は会心のリベンジ。
熱い紅茶を飲みながら、しばし展望を楽しみます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
最高のシチュエーションでの1枚


山頂パノラマ
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、パノラマ写真をスクロール再生します。


素晴らしい展望と美味しいおやつでお腹いっぱい。
さて、下山しますかね。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
下山は来た道を戻るだけ。
とは言っても、アップダウンがあって結構しんどい。。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ガスが湧いてきてしまったな・・
早めの行動しといて良かった。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
小蓮華山への登り返しで前方に登山者発見。
三国境ビバークの女性かな?

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
女性に追いつく。

重いザックはスタートする時に25キロ以上あったとか。
栂海新道の話など聞きながら、白馬大池まで一緒に歩く事にした。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
あ、うちのテントだけ残ってる。

大池山荘に着き、
「また来年、白馬~西穂に挑戦してね」と言って女性とお別れ。

山荘でジュースを買って飲みながら、中に居た年配のご夫婦とお話しすることに。
このご夫婦・K夫妻は石川県から来ていて、梨をご馳走になり、話も盛り上がった。
(山で石川県の人とお話しする機会があると、いつも最終的にY先生の話になるような
気がする・・)


その後、テントを撤収。
蓮華温泉まで下ります。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
錦秋の白馬大池とはいかなかったけれど・・
白馬岳の白い稜線、数々の出会いに感謝です。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ガスが立ちこめ幻想的となった蓮華の森


まだ雪の残る下山道は滑らない、転ばないように注意しながら歩き通しました。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
紅葉はリベンジだ!

と、その後の山行に続きます。



山行まとめ

山行当日の天気図
再生ボタンをクリックすると、当日の天気図の推移が見られます。

1日目


2日目



GPSログ

1110白馬岳ログ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


1110白馬岳標高グラフ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


今回の山行

かねてから歩きたかった蓮華温泉~白馬大池~白馬岳。
今年7月には林道の通行止めで行けなかったので、それなら紅葉の季節に・・と計画した
今回の山行でした。
しかし、想定以上の降雪で山はすっかり雪景色。期せずして一足早い雪山歩きとなったわけ
ですが、これはこれでとても貴重な体験が出来て良かったと思います。

さあ、来年こそ7月のお花畑に訪れたいなぁ~。


スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

13:46  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

白馬は、やはり良い山ですね。
雪がとても似合う。
那ぁ |  2011.10.25(Tue) 16:32 |  URL |  【コメント編集】

ホント秋をすっかり通り越してますね~。
白馬大池の紅葉は雑誌でも紹介されますが
すっかり雪で覆われちゃってますね。

僕も来年の花の時期は朝日岳も含めて狙ってます♪
酔いどれ係長 |  2011.10.26(Wed) 07:41 |  URL |  【コメント編集】

★この時期に・・・

雪山装備の準備をしないで ロング縦走。。。 しかも栂海からだなんて、無謀ですね。(οдО;)
ちゃんと装備を整えて 計画的に登ってこそ、この景色も心から楽しめるって思います。
その女性、結構怖い思いされたんじゃないでしょうか。

ともあれ、しょももさんの写真にはすごい感動しました。
朝日に染まる 雪の白馬、私もこんな間近に見たいです。(☆ω☆)
ねる |  2011.10.26(Wed) 15:36 |  URL |  【コメント編集】

★雪

天気予報の通りすっかり雪景色だったのですね。
早くも素晴らしい景色、しかも一人貸切でなんて羨ましい。
単独女性もすごいですね(@_@;

林道は通れるようになったのですね。
でももう今年は無理か・・・^_^;
素敵な風景、星空もありがとうございました。
あっ、パノラマは見られませんでした(T_T)
sanae |  2011.10.26(Wed) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

完全に冬山、しかも山頂に着くまで一人占めなんてうらやましい。

 東北の飯豊や朝日もかなり降ったようなんですが、ほとんど融けちゃったみたいです。
 
 
  それにしても栂海新道から穂高まで女性1人でテント、1週間山にいてまだあのザックの大きさとはすご過ぎです!
IK |  2011.10.27(Thu) 08:45 |  URL |  【コメント編集】

★那ぁさんへ

コメントありがとうございます。

白馬の稜線は白がとても似合いますよね。
来年7月に行く前に、
4月か5月頃に行きたくなりそうです。
しょもも |  2011.10.27(Thu) 15:52 |  URL |  【コメント編集】

★酔いどれ係長さんへ

コメントありがとうございます。

そうそう、雑誌で見る秋の白馬大池はどこへ行ったんだい?
って感じでしたので、
紅葉時期にまた行かなければ・・です。

お花の白馬~朝日岳いいですね~♪
私も3日間で行けないかなぁ。
しょもも |  2011.10.27(Thu) 15:58 |  URL |  【コメント編集】

★ねるさんへ

コメントありがとうございます。

逆方向(西穂スタート)でもう少し早い時期なら可能なんでしょうけどね。
雪倉岳避難小屋の扉が凍って開かなかったらしいので、テントが無ければ
やばかったと思います。
でもまあ三国境で潔く撤退してますし、何事も起こらなくて良かったです。

今回はシャッターチャンスに恵まれ、早起きして良かったです♪
今年はあまり機会がなかったけれど、やっぱり山で見る朝日は最高ですね。
しょもも |  2011.10.27(Thu) 16:07 |  URL |  【コメント編集】

★sanaeさんへ

コメントありがとうございます。

北陸暮らしだと北アルプスの天気は読みやすいのですが、
今回はここまで降るとは読めませんでした。
そのおかげで一人占め、とっても贅沢な経験でしょうね。

林道も通れるようになって良かったです。
でも北又林道の工事で朝日小屋も早期の営業終了となりましたし、
今年は各地で林道の土砂災害が多いですね。。

>あっ、パノラマは見られませんでした(T_T)

あらら、何故でしょうか・・
しょもも |  2011.10.27(Thu) 16:20 |  URL |  【コメント編集】

こんばんわ~。

夕方、びっくりしました。し、お会い出来とても嬉しかったです!!
海と山男。。。

きれいなものは、標高関係ないですね。
bozeman |  2011.10.27(Thu) 20:28 |  URL |  【コメント編集】

★IKさんへ

コメントありがとうございます。

まだ寒さ慣れしていなかったのでいきなりの雪山は厳しい面も
ありましたが、おかげで素晴らしい景色を堪能できました。

あの後はいい天気の日が多いので白馬も融けちゃったでしょうね。
今後1週間も大崩れする日は少ないようなので、本格的な雪山は
11月に入ってからになりそうです。

栂海新道の女性には驚きました。
見た目は普通なのに、どこにそんなパワーがあるのか不思議です。
しょもも |  2011.10.27(Thu) 21:06 |  URL |  【コメント編集】

★bozemanさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。

私はもっとびっくりしました(笑)

今日は夕陽が雲に隠れて残念でしたが、お会いできて私も
嬉しかったです♪

山の景色、海の景色、、どちらも美しいですね。
しょもも |  2011.10.27(Thu) 21:12 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは^^

単独女性スゴく逞しいですね…
25キロ…、わたし15キロで一般道を歩くのもせいいっぱいなのにww

いつも写真キレイですねe-420
GF1ですよね??
わたしも同じカメラを使っているのに、どうしてこんなに違うのかしらe-444
えび |  2011.11.22(Tue) 17:35 |  URL |  【コメント編集】

★えびさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。

いやはや、スゴイ女性でしたよ。
25キロなんて私も担いだことありません。。
15キロで歩けるえびさんも立派ですよ(^_^)

写真ですが、泊まりで山へ行く時はニコンのD300ってちょっと昔の
重いカメラを使ってます。
GF1も持って行ってるのですが、この記事の中では朝焼けの小蓮華山の
写真などの何枚かだけGF1の写真です。
しょもも |  2011.11.23(Wed) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/468-f41670fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |