FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.06.21 (Tue)

雨のち晴れ♪の白山(前編)

先週の白山、詳細編でございます。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045


白山  2702m

山行日:11年6月14日(火)

天候:雨のち晴れ
記録:別当出合(6:14)-中飯場(6:45~6:53)-甚之助避難小屋(8:00~8:32)
-黒ボコ岩(9:29~9:37)-室堂(10:00~10:24)-御前峰(11:02~11:44)-
室堂(11:59~12:29)-黒ボコ岩(12:46)-別当覗(13:41~13:57)-中飯場
(14:18)-別当出合(14:50)
歩行時間:5時間56分(小休憩含む)


【More】

速報版で記した経緯で歩き慣れた砂防新道に変更。

自宅を3時半に出発して南下します。
道中は降ったり止んだり、、駐車場に着いても小降りだったが車は10台弱駐まっていた。
「前日から入っているのか、それとも早朝から登っているのか、いずれにせよ雨の中でも
物好きは多いですね」

準備をしている間に1人スタートしていった。

さて雨具を着るか、どうするか?
「雨具は嫌いなんだよな」
いずれ雨は上がるだろう・・と、雨具はズボンのみで当面は傘をさして歩く事にする。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
まずは別当出合の登山口までひと歩きだ。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
別当出合

あぁ久しぶり、7ヶ月ぶり。
雨はやや強まったが傘さしでスタートする。

中飯場までは写真もほとんど撮らず、黙々と歩く。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
中飯場

雨は一応止んだが、不動滝より上は濃いガスの中のようだ。
ここで傘をしまってダブルストックに変更。
ペースを上げようかと気持ちは先行するが、足どりが重い・・・

足が重い原因はハッキリしている。
先日の健康診断で体重が前年同時期比プラス3キロなのが発覚したのだ。。
いや、冬に体重が増えているのは知っていた。というか、毎年のこと。
例年はこの時期までには自然に落ちるのだが、、
今年の現状はいよいよ中年化してきたという事だろうか・・・


LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
雨に濡れたサンカヨウ

先行の単独登山者に追いつく。
話しをすると東京からで室堂に1泊するそうな。
「いいですね~、夕方からは間違いなく良い天気ですよ」

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
別当覗の少し手前から、登山道に残雪が出てきた。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
別当覗

真っ白ガスガスで何も見えない。
この辺りに群生しているニリンソウも閉じたまま、帰りには晴れて開いていてくれると
いいんだけど。

ここは休まずに甚之助を目指す。
甚之助までは雪の上を歩く事が増えるが、踏み跡は明瞭でガスっていても迷う心配は
無さそう。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
甚之助避難小屋

新築された避難小屋は6月24日(金)供用開始

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
入口には鍵がかかっていました。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
避難小屋全景

写真を撮っていると雨がまた本降りになってきた。
「う~ん、テンション下がる」
確実に好天に向かう予報が無ければ、もう下山ムードだ。

軒先でおにぎりを食べながら止むのを待っていると、年配の女性2人組が登ってくる。
しばしお話ししていると単独の男性も到着、女性たちは雨具を着て先に出発した。
雨具が嫌いなオトコはもう少し粘る(汗

結局30分待ってようやくほぼ止んだので、雨具は着ずに出発した。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
旧甚之助小屋を通過

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
甚之助~南竜分岐~十二曲り手前までは雪渓と夏道を交互に繰り返す。
雪渓のトラバースはステップが切ってあり、アイゼン履かずとも歩ける。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
十二曲りにさしかかると青空が顔を覗かせてきた♪
「これは期待していい!?」

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
さらに雪の消えた登山道には雪融けのお花も♪

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
ショウジョウバカマ

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
リュウキンカ

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
十二曲りはほとんど雪が消えて夏道が出ていた。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
「あまり長生きはしたくない」というひねくれ者なのですが、、
喉は渇くので延命水で潤す。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
黒ボコ岩
先に着いていた年配女性に撮ってもらう。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
弥陀ヶ原はまだまだ残雪豊富です。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
五葉坂の雪は消えていた。

ちょっと疲れていたのでうつむき加減で黙々と登る。
そして、ふと顔を上げると・・・!!

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
御前峰が出てる~!!
あまりの急変にテンションMAX♪

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
上を向いて駆け上がる!
(さっきまでの自分はどこへ行ったんだ?)

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
室堂に到着

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
あっという間にこの光景、
「やっぱり山の天気は来てみないと分からんねぇ」

水を補給してしばし休憩。
御前峰を目指しますが、テンション上がりつつも疲れてます。
そういや標高差1500mクラスは7ヶ月前の白山以来だ。
情けないけれど初めて空身でカメラを飲み物だけ持って御前峰へ行きますか。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
しばらく雪渓を歩きますが、

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
すぐにお馴染みの歩きやすい石段の道となります。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
晴れるならまだら模様の別山を見たかったが・・・
そこまで望むのは欲張りだろうか。

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
やがて御前峰山頂に到着

LUMIX DMC-G2 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
風は少し強くて冷たいけれど、気持ちいい青空!

天候回復を信じて登ってきて良かったなぁ。


雨のち晴れ♪の白山(後編)に続きます。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

17:26  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは
ドラマティックな天候の変化ですね~
たとえ晴れると思っていても、
やっぱり来てみないと分からないもんですよね。
信じる者は救われる・・・いつもこうなら良いんですけど、
私の場合そうじゃないことも多々・・・ (^^;
でも家で後悔するよりも、山で後悔した方が諦めがつくってもんです。
TONO |  2011.06.21(Tue) 18:57 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。

私の場合は雨スタート自体あまりないですし、数年前までなら行って
なかったと思います。
信じる者は救われました(笑)
天気が良くなったんじゃなくて、雲海の上に出ただけなのかとも
思いましたが、室堂の人に聞いたら室堂も晴れ始めたところだった
ようです。
雨上がりの青空はとても清々しかったですよ。
しょもも |  2011.06.21(Tue) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

私もこの日、お出かけしてたのですが、
雨のち晴れは ほんっとに最高ですよね!

どこの山でも、やっぱり天気でテンション変わりますよね。

でも、この雲海と青空はほんっとにうらやましいですっ。
白山、雨ザーザーの時にしか行ったことがないので、
今年はぜひとも こんな景色を見たいです。

ねる (バル) |  2011.06.22(Wed) 10:39 |  URL |  【コメント編集】

★ねるちゃんへ

コメントありがとうございます。

雨のち晴れは気持ちいいですよね~♪
この日は結局白山だけスッキリ晴れたので、周囲の雲海も
とても良かったです。

白山は雨やガスガスの多い山だと思うので天気の良い時に
行くのはなかなか難しいですが、うまく見られると良いですね。
でも、引っ越してちょっと来にくくなったかな?
しょもも |  2011.06.22(Wed) 23:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/432-4e71ac62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |