2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.04.13 (Wed)

快晴の白馬乗鞍岳(前編)

なんだか遠い昔の話のような感じですが、2月の白馬乗鞍岳・詳細編です。

一応、グリンデル の続きです。


白馬乗鞍岳  2456m

山行日:11年2月22日(火)

天候:快晴
記録:栂池リフト終点(8:40)-成城大ヒュッテ(9:23~9:38)-天狗原(10:48)-
白馬乗鞍岳(11:46~12:44)-天狗原(13:18)-成城大ヒュッテ(13:46~13:55)-
栂池ゴンドラ乗り場(14:29)
歩行時間:4時間27分(小休憩含む)


南方向より、白馬乗鞍岳鳥瞰図
1102白馬乗鞍岳鳥瞰図
赤-往路  青-復路


【More】

松川橋でモルゲンロートを見てから栂池高原スキー場に移動する。

準備をしてゴンドラ乗り場へ行くと、平日・朝イチのゴンドラは閑散としていた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ゴンドラに乗車して標高を稼ぐ。

さらにリフトに乗ってゲレンデトップへ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
白馬乗鞍岳から白馬三山へ続く稜線
本日も快晴、最高の雪山歩きとなりそうです。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
妙高山や火打山、高妻山
さすがに白馬からだと近くに見えますね。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
さあ、遠くに見える白馬乗鞍岳を目指して歩きだそう。

まずはゲレンデ端を林道始点まで少し下ります。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
林道入口にはBCスキーヤーが数名準備していた。
雪の締まった林道にこちらは準備万端、お先に行かせていただこう。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
連日の好天続きで木々の雪はすっかり落ちている。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
正面から左手に後立山連峰を眺めながら、快適な林道歩きです。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
背後にはまだ逆光ぎみだけど、前日に近くから見た浅間山も見えている。


林道からのパノラマ
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、パノラマ写真をスクロール再生します。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
林道歩きに飽きてきたところでトレースに従いショートカットしちゃおうっと。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
林道に合流すると建物が見えた。
成城大ヒュッテに到着。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ヒュッテ前で白馬岳を眺めながら、パンなどを食べて休憩する。

そしてここからスノーシューを履きます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
さあ、いよいよ白馬乗鞍岳への本格的な登りだ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
登りのしっかりとしたトレースがあったのだが、スノーシュー初心者の悲しい性か?
あえてトレースを外して歩いてしまう。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
天狗原からの大斜面には無数の滑走跡があった。

雪のコンディションはいわゆる「モナカ雪」ってやつか。
スキーの滑走跡を越える時に微妙に歩きにくい。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
八方尾根に、その奥には五竜岳や鹿島槍ヶ岳

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
四阿山と浅間山

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
トレース外し歩きに飽きて(いや、疲れて)きたので太いトレースに戻った。

無風状態に、照りつける太陽。
暑い!2月とは思えない!

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
しかし、この展望に励まされながら歩き続けます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
右手には頸城山塊も再び見えてきた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
青い空に白い雪、タマんねぇ~です。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
天狗原の祠を横目に、先へ進みます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
傾いた木々が連日の強風を物語る。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
天狗原でのスノーシューの沈み込みはこの程度。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
さて、次は白馬乗鞍岳への急斜面だ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
と、その前に休憩しとこうか。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
おぉ、急だなぁ・・
締まり雪の急斜面をスノーシューで登れるのか?と不安になったが、

さすがMSRのライトニング。
フレームが雪面をしっかり保持してずり落ちる事は無さそう。
むしろヒールリフトで踵が上がっている分、アイゼンより登りやすいぞ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
先行していたスキーのおじさんは直登を諦めてジグザグに登っていた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
疲れたら写真撮りと称して小休憩だ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
標高2350mを越えてから、左に折れて標高を上げていく。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
後続に3人ほど見えるのみ。
BCのメッカ・ハクノリも平日にはこんなものなんでしょうか。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
シュカブラが目立ってきた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
再び白馬岳が視界に。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
3機同時に!
頭上には飛行機がよく飛んでいる。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
白馬乗鞍岳の山頂部はなだらかにだだっ広い。
南方の景色を撮るためにあえて回り道する。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
小蓮華山から白馬三山
今夏に歩いてみたいが、さて?

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
山頂標識を目指して歩いていると、雪倉岳や朝日岳も見えてきた。



快晴の白馬乗鞍岳(後編) に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

15:50  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

青い空に白い雪・・・堪らないですね。
さすが厳冬期の雪は白さが違う。
私もスノーシューを履くとトレースを外して歩きたくなります。
せっかく履いてるんだからって思っちゃうんですよね。(^^;
"白馬乗鞍" は狙ってるので、いつか行くときの参考にさせて頂きます。
TONO |  2011.04.13(Wed) 18:04 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

コメントありがとうございます。

堪らない白さでしたが、厳冬期って感じではありませんでしたよ。
雪もふわふわではなかったですし。。
でもラッセルなしなので、この時期としては予想以上に楽に山頂に立てました。

参考になると嬉しいですが、雪の状態は1月2月の厳冬期向けには参考に
ならなさそうです(^_^;)
しょもも |  2011.04.14(Thu) 15:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/406-7bcc5956

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |