FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.03.08 (Tue)

冬浅間への憧れ(後編)

冬浅間への憧れ(前編) の続きです。


黒斑山  2404m

山行日:11年2月21日(月)

天候:快晴
記録:車坂峠(9:36)-トーミの頭(11:18~11:41)-黒斑山(11:54~13:14)
-車坂峠(14:05)
歩行時間:2時間46分(小休憩含む)


トーミの頭にて
LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
浅間山を背景に


【More】

マズイ・・

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
不穏な雲が湧いてきた。

パノラマ撮って、黒斑山へと急ごう。

SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、パノラマ写真をスクロール再生します。


LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
樹林帯を駆け足で登る。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
監視カメラまで来るとあと少しだ。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
黒斑山山頂に到着。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
良かった(^_^)
雲はあれ以上流れず、持ちこたえている。


黒斑山からのパノラマ
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、パノラマ写真をスクロール再生します。


LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045


LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
シマシマの浅間山と紺碧の空、堪りませんなぁ~♪

気温は-4℃だけど風は弱くて寒くはない。

のんびりとパンや菓子を食べていると、1人登ってきた。
地元・群馬県の男性。
毎月登っているそうで、今日はとても良い日だと言っていた。


お話ししながら浅間山を撮る。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
シマシマに寄ってみる。
このシマシマ具合が今日は良い感じなんだそうな。
左には前掛山への登山道も見えますね。

NIKON D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
前掛山に人は居ないようだ。

NIKON D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
浅間山火口
火山活動が平穏なので、噴煙はこの程度。
モクモクした浅間山も見たくなるのは欲張りですかね。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di? VC LD Aspherical [IF]
遠く北東方面に見える白い山々は谷川連峰辺りだろう。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di? VC LD Aspherical [IF]
先に下山する群馬の男性をお見送り。

自分はもう少しゆっくりしていこうっと。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
いつまでも見ていたくなる、憧れていた風景。

そもそも何故、こんなにも浅間山に心惹かれるようになったのか・・
ふと考える。
登山を始めた5年前・・いや、その前の準備段階で情報収集していた時から、
冬の浅間山には心惹かれていた。
しかし、もっと遡れば中学生時代とか火山に興味があって、地理の授業中などは
先生の話も聴かずに地図帳で火山を探したりしていたなぁ・・

その頃からか・・?
いやいや、更に以前から頭に残る記憶があるのだ。

あれはまだ3~4歳の頃だろうか。
父親が当時やっていた仕事に連れられて、何度か能登と関東を往復した事がある。
その頃の事で幼いながらに残る記憶が幾つかあるのだが、、

・親不知海岸を走行中、何処へ連れて行かれるのか?と不安になった。
(当時の北陸自動車道は全線開通してなかった)
・新潟・長野県境のドライブインで「おもちゃが欲しい」と駄々をこねて、父親に置いて
いかれそうになり顔面蒼白になった兄の顔。
(現代なら児童虐待だな)

あとは、
・関東平野のどこかから見た、朝の富士山。
・モクモクと噴煙を上げる浅間山。

なのである。

特に活動中の火山なんかは、能登に暮らしている限りはまずお目にかかる事はないので
相当強烈に印象に残ったのだろう。
そもそも登山を始めた動機も「息子と富士山を登ろう」だし、山へと覚醒したのは32歳の
頃だが、僅かに残る記憶がこれなのだから当時から山好きの潜在意識はあったのかもしれない。



LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
西側は樹林帯に阻まれて展望は利かないが、
少しだけ、鹿島槍ヶ岳などが見えた。


さあ、満足♪満足♪
ぼちぼち下山しますか~。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
浅間山と監視カメラ

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
トーミの頭と、その先には剣ヶ峰。


LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
トーミの頭にて浅間山と、

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
黒斑山にお別れして帰りますか。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
あらら、雲が湧き上がって北アルプスの北部以外は見えなくなってしまった。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
展望が良いままなら表コースから帰るつもりだったけれど、中コースから帰ることに
します。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
中コースもよく踏まれていて、ツボ足でも平気だった。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
アサマ2000パークスキー場を見渡す。

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
最後は平坦地をてくてく歩き・・

LUMIX DMC-GF1 & G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.H-FS014045
無事に下山しました。



山行まとめ

山行当日の天気図
再生ボタンをクリックすると、当日の天気図の推移が見られます。



GPSログ

赤-往路  青-復路
1102黒斑山ログ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

1102黒斑山標高グラフ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


今回の山行

高気圧が北に偏っていたので晴れるか心配だったが、念願の景色を見られて良かった。
週末は人が多そうな黒斑山だが、この日は自分も含めて単独5名に団体1組だけで、
静かな雪山を満喫出来ました♪
ここは厳冬期の高山としては最も安全な部類の雪山だろうから、またいずれ・・の計画も
あるのだが、それは次回にて。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

11:00  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

本当に良い具合にシマシマですね。。。
近くで見るとこのシマシマはどう見えるのか・・・
冬の前掛山にも登ってみたいところです。
前掛山のアップで上に立ってるのは人ではなく標柱ですか?


TONO |  2011.03.09(Wed) 06:59 |  URL |  【コメント編集】

ご無沙汰です!(-´▽`-)

なるほどなるほど、子供の頃からの思い入れの強い山だったんですね!
最高の天気の下、思い出の山を望むことができてよかったですね(-▽-)
僕もやはり中学で登った御嶽山や、高校のときに登った仙丈や鷲羽なんかは今でも思い入れの強い好きな山です。
むしろそれほど山に興味がなかったであろう頃に見た鮮烈な記憶ほど、強い思い入れとして残るのかもしれませんね。

ちなみに僕は昨年より何度も黒斑山行こうと思いつつも、結局行けてません…
そこそこ近い場所だから、いつでもいけるだろうっていう意識があるんでしょうかねσ(´∀`;)
みさわ |  2011.03.09(Wed) 11:15 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

コメントありがとうございます。

望遠レンズで覗いては、「不思議なもんだなぁ~」と考えてました。
登山道が目視できますから雪は深くなさそうですが、それ以前の樹林帯は
トレースがあまり無さそうですしラッセルになりそうですね。

>前掛山のアップで上に立ってるのは人ではなく標柱ですか?

はい。その場で見ていても標柱っぽい様子でしたし、帰ってからPCで
等倍で見ても、山頂や前掛山に至る稜線にも人の姿は見えませんでした。
しょもも |  2011.03.09(Wed) 22:31 |  URL |  【コメント編集】

★みさわさんへ

コメントありがとうございます。

ホントに小さい頃の記憶ですし、この時期のそれ以外の記憶は殆ど
無くなっているのですが、あの浅間山は鮮烈な記憶です。
私の思い入れの強い山は浅間山に、あとはやっぱり白山ですが、
登山する人は皆、何かしらこんな感じに思い入れのある山があるんで
しょうね。

黒斑山へ行こうと思えば、2時間かからないくらいでしょうか?
また火山活動が活発化する前にぜひ。
でも、今のみさわさんには黒斑山は物足りないかもしれませんね。
しょもも |  2011.03.09(Wed) 22:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/398-a5b2db60

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |