FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.12 (Fri)

新雪の白山歩き(前編)

どうやら雪が降りすぎて、白山公園線の市ノ瀬~別当出合間が早くも冬期閉鎖に
入ったようですね。昨年は12月に入ってから閉鎖されたと記憶しているのですが
冬の初めの雪の降り方は年によって驚くほど違います。
これで市ノ瀬から先は車では移動出来ず、白山は少しハードルの高い山になって
しまいました。

先週の雪が降り続いた翌日の快晴の日に別当出合から登れた私はとてもラッキー
だったようです。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
弥陀ヶ原から見る御前峰


それでは、その時の様子を詳しく振り返りましょう。


【More】

白山  2702m

山行日:10年11月4日(木)

天候:くもりのち晴れ
記録:別当出合(6:15)-中飯場(6:45~6:57)-甚之助避難小屋(8:06~8:16)
-弥陀ヶ原(9:41~9:55)-室堂(10:22~10:39)-御前峰(11:35~12:15)-
室堂(12:36~12:56)-黒ボコ岩(13:10)-甚之助避難小屋(13:40)-中飯場
(14:19)-別当出合(14:43)
歩行時間:6時間35分(小休憩含む)

速報版は こちら


先日書いたように今回、白山へ行くかは直前まで迷っていました。
しかしYASUHIRO氏のHPで別当出合までの道は大丈夫と判断、登山道も昨年
11月に行った時よりも雪深く時間がかかるかもしれないが山頂まで12時を時間
制限にして行けるところまで・・と設定します。



最近のパターンとして前日夜に出発。
眠くなった所で車中泊と考えていたが、まったく眠気はなく別当出合に着いて
しまった。

午前1時過ぎ 別当出合にて車中泊

午前5時40分 起床

SONY DSC-WX1

気温は氷点下2~3℃と思われるが、あまり寒くは感じなかった。
朝食を軽く食べてから登山口へ向かいます。

SONY DSC-WX1
他の登山者の姿は見えない。
トイレを済ませ、まだ薄暗い中を行きますか。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
前日までの雪が残る吊り橋を渡ります。


最初の急な石段が凍っていたら嫌だなぁ・・と思っていたが、旧道との分岐までは
道上に雪はなかった。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
振り返り見る大長山にも雪が積もり、朝日に照らされた姿が美しい。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
徐々に積雪が増す登山道を進むと中飯場に到着。

もう身体が温まってきたのでアウターを脱ぐ。


中飯場からしばらくは前日雪が融けた箇所が凍っていてよく滑るので慎重に歩いた。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
気分は早くもクリスマスツリー?
標高が上がるにつれて雪が増え、冬山ムードが高まる♪

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
登山道脇の池塘も凍っている。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
空の様子は晴れと曇りを目まぐるしく繰り返す。
雲の流れの速さが強風なのか?と不安にさせる。


せっせと登って甚之助避難小屋に近づく。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)


NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
建設中の新避難小屋
17日まで工事予定になっているようだが、こんなに雪が積もっては計画が狂った
だろう。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
甚之助避難小屋に到着
もう昨年の11月24日に負けないほど積もってます。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
白い大長山や赤兎山と山腹の紅葉のコラボが美しいなぁ。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
別山は雲の中


ここでザックを降ろしていると少し下のプレハブから工事関係者のおじさんが
登ってきた。
話をすると日曜(31日)までは雪は全然なかったが、夜から降り始めて3日の
午前中までずっと降っていたそうな。
そしてやっぱり「仕事にならん!」と困っていました。


さあ、先へ進もう。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
甚之助から先の登山道にはスキーの滑走跡があります。
「ふふふ・・YASUHIROさんのだ」
あのスゴイ人と同じ空間を共有しているような気がして、なんだか嬉しくなった。


NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
青い空と白い雪、今シーズンは何度見に行けるかな?

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
時折、雪の重みで垂れ下がった枝が行く手を遮る。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
南竜分岐

相変わらず晴れたり曇ったりだが・・

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
青空が広がる時間が増えてきた。
これは晴天下の御前峰が期待できそうだ♪

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
あれはなんだ?
さっきヘリも飛んでたし「まさか遭難?」とドキッとする。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
なにやら作業中なだけでした。
(なにしてるかは聞くの忘れた)

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
別山は雲の通り道になっているのか、まだ見られない。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
本日の核心部、無雪期はつづら折れを登る十二曲りが近づいてきた。


南竜分岐からここまでは無雪期ならなんでもない道なのだが、今日は雪が柔らかく
時々足が深く潜る。
雪山では当然の事なのだがこの感触は半年以上ぶりなので地味に疲れる。。


NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
上空から飛行音が聞こえる、自衛隊機か?
この辺は疎いのでよく分からない。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
ようやく別山が姿を現した。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
さあ急登にさしかかる。
トレースがあるものの、滑りながら駆け降りたような跡だ。
先ほどの作業している皆さんが室堂から下りてきたのかな?
一歩一歩強く踏み込んで登ろうとするが、足元が崩れて下がったり。
一歩進んで半歩下がるような感じでなかなか進まない。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
それでも少しずつ標高を上げていると振り向けば後続の登山者が居た。
「追いつかれてなるものか!」
元気を出して頑張る。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
黒ボコ岩まで登りきった。
心配していた風もあまり強くなく、アウターを着る必要はなさそう。


そして待望の弥陀ヶ原に出ると・・

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
お~、白い!美しい!
またこの大好きな場所に帰ってきました。
線香の煙か、ドライアイスが気化しているかのような不思議な雲が印象的だ。


新雪の白山歩き(後編)に続きます。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

入山者の多い (この時期にしては異常とも思える程) 燕岳に比べて、やはりトレースが薄いですね。
燕岳はトレースが踏み固められていてガッツリ締まってましたが…
新雪に近いトレースはフカフカして気持ちいいですけど疲れますよねぇ、お疲れさまでした!
しかしやはり何度見ても雪山はいい!また今シーズンもいっぱい雪山行きたいですね(-´▽`-)
みさわ |  2010.11.14(Sun) 11:01 |  URL |  【コメント編集】

★雪の白山

雪の白山、憧れます。
でも入山者が少ない分、ルーファンが必要になってきますよね。
ちと自信ないです。迷いそうで…。

もう冬季通行止めで別当出合まで入れなくなったのですね。
まずは残雪期に登りたいな~。

別山にかかる雲といい、ドライアイス雲といい、青空に映えた白い雲の様子がよく分かります。
すてきな写真ありがとうございます。

こまち |  2010.11.15(Mon) 09:49 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは
雪山シーズンがやって来ましたね~
今シーズンはまだ雪山を実際に踏んでません。
早く雪の上を歩きたいです。
煙がたなびいているような不思議な雲ですね。

TONO |  2010.11.15(Mon) 21:11 |  URL |  【コメント編集】

★みさわさんへ

コメントありがとうございます。

11月の白山も天気の良い週末ならそれなりに人は入るのですが、
平日だとこんな感じで静かな山です。

雪上の登りは疲れました。。
久しぶりの冬靴も重かった。
でも下山はふかふかな雪を駆け下りて楽しかったですよ♪
今シーズンもお互い安全に雪山を楽しみたいですね。
しょもも |  2010.11.15(Mon) 21:39 |  URL |  【コメント編集】

★こまちさんへ

コメントありがとうございます。

なにせ白山と呼ばれる山ですから雪の季節も魅力的な山です。
11月の白山は滑落の危険性は低い山ですので、体力さえあれば
登れます。
ただ問題は天気ですね。確かに弥陀ヶ原から上は視界が悪いと
道迷いが怖いです。北陸は天気が悪い日が多いのですしね。
残雪期も例年市ノ瀬~別当出合の冬期閉鎖が解除になるのは5月中旬
以降なので事前確認が大切ですよ。

山に登っていると、その過程での雲の変化も面白いですよね(^^)
しょもも |  2010.11.15(Mon) 21:51 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。

この日は登ってしまえば快晴でしたが、道中は雲の動きを
楽しめました。
特に別山にかかる雲や、この煙のような雲は時間があれば
微速度撮影をやりたかったです。

TONOさんは今シーズンの雪山はまだでしたか。
ここは北陸住まいの有利な所かも・・・
今シーズンもお互いに雪山を楽しみましょうね。
しょもも |  2010.11.15(Mon) 21:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/358-4753800e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |