2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.11.01 (Mon)

一眼レフを持たない山登り

登山を始めて4年と数ヶ月、山行を重ねるにつれて徐々に自分なりの登山スタイ
ルを確立してきました。

その中でひとつだけ最初の山行から欠かさなかったこと。

それはデジタル一眼レフカメラを持って行くことです。
(カメラ自体はNIKONのD70→D80→D300と代替わりしてますが)

どんなに悪天候が予想されても・・
どんなに近くの低山でも・・・
山へ行けばどんな素晴らしい被写体が待ち受けているか分からないと思い、常々
持ち歩いていました。

しかし・・・


【More】

三脚も持ち歩くようになったり、昨年からは交換レンズも増やしたりと徐々に
ザックの重量が増してきました。

それによって落ちる行動スピード。
テント泊ではどうせゆっくり歩くのを心がけているのですが、日帰りでは如実
に感じられるようになってきました。

そもそも「いい写真」を撮りたくて一眼レフを携行しているのに、スピードダ
ウンによってじっくり撮影する時間を確保できないという矛盾が大きくなり、
特に9月の白山での苦痛の下山後から「一眼レフを持たない山登り」を強く意識
しています。


そこで一眼レフを持たない山行を想定すると、現在の手持ちのコンデジはこの
2機種になります。

101101DSC-WX1.jpg
SONY DSC-WX1

101101R10.jpg
RICOH R10


まずWX1は裏面照射CMOS使用の初号機で、確かに暗い所で手持ちで撮れる事
やスイングパノラマなどは楽しい機能なのですが、この裏面照射CMOSという
撮影素子は明るい日中での画質にやや・・いや、かなり難があります。。

なので、現在は動画&スイングパノラマ専用機的な位置づけです。
(あとファミリー登山で子供たちに持たせているか)


次にR10。
こちらは画角が28~200mと広くレスポンスも良くてバッテリーもそこそこ
持つなど、一眼レフが無い時のメインカメラとして使えそうです。

しかし昨春の白山で水没させて以降はズームの挙動がおかしくて、最近では
専らインターバル撮影専用機となっています。


手持ちのこの2台では一眼レフを置いて行けない・・

そこで9月の半ば、一眼レフの代わりに山に持って行く新しいデジカメ選びが
始まりました。
(まあデジカメオタクな一面もあるので当然の成り行きだったか・・)
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

23:30  |  デジカメ・写真  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/351-3a2443bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |