FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.10.25 (Mon)

錦秋の鹿島槍ヶ岳(1日目後編)穏やかな午後

さて、今週は冬型の気圧配置となり、いよいよアルプスや白山には本格的な
雪の季節の到来のようですね。
来月また真っ新な雪の上を歩くのが楽しみです。


それでは、錦秋の鹿島槍ヶ岳(1日目前編)憧れの風景 の続きです。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
扇沢から柏原新道を登り、種池山荘経由で爺ヶ岳南峰に立った所から。


【More】

鹿島槍ヶ岳    2889m

山行日:10年10月1日(金)~2日(土)

1日目天候:晴れのちくもり
1日目記録:柏原新道入口(6:11)-種池山荘(9:49~10:20)-爺ヶ岳南峰
(11:19~12:19)-爺ヶ岳中峰(12:33~12:56)-冷池山荘(13:52~14:10)
-テン場(14:27)
歩行時間:6時間4分(小休憩・写真撮影含む)


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
信州側は予想通り、一面の雲海だった。
八ヶ岳・富士山・南アルプスは辛うじて顔を出しています。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
鹿島槍も雲海を包み込んでいる。

北アルプスパノラマ
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、パノラマ写真をスクロール再生します。

NIKON D300 & AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
鹿島槍ヶ岳への道のりはまだまだ遠いな・・

NIKON D300 & AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
湧き上がる雲は黒部からの風に押し戻されている。


多い時でも5~6人の静かな山頂。
湯を沸かしてカップ麺を食べます。

NIKON D300 & AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
食後にまったりモード。


まったりしつつ、微速度撮影もやりましたが。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]にて撮影
インターバル2秒で撮影し、20フレーム/秒で動画化

太陽に時折かかる薄雲の影響か、、
ちょっとチカチカしてしまいました。


NIKON D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
冷池山荘と鹿島槍ヶ岳
山荘の少し上にテン場が見えます。

鹿島槍ヶ岳に今まで来なかった理由はひとつ。
冷池山荘とテン場が離れていて不便なのが大きかった。(特にトイレ)
昨年9月にも来ようかと考えましたが、子連れのため常念岳に変更して
います。
ここから見るとそんなに離れているようには見えないのですが、さて?


南峰に1時間、ぼちぼち先へ進みましょう。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
次の目的地は爺ヶ岳中峰(右のピーク)です。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
中峰の南東斜面もいい感じに色づいてますね。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
トラバース道との分岐からはガンガン登って、、

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
爺ヶ岳中峰(2669m)に着きました。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
う~ん、立山や薬師岳方面も雲が増えてきた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
槍ヶ岳も雲に隠れそうです。

と、写真を撮りながら振り返ると・・

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
あらら、、鹿島槍があっという間に雲の中に・・

展望が微妙になってきたので、他の登山者と少しお話ししただけで下りますかね。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
爺ヶ岳の稜線はウラシマツツジが鮮やかでした。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
やがてガスに巻かれそうなジグザグザレ場を下る。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
冷乗越
すっかり真っ白な世界ですが、山荘までもうひと頑張りです。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
冷乗越から冷池山荘までは再び紅葉に囲まれて。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ナナカマドは数日前の降霜の影響で、ややくすんでいたようです。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
冷池山荘に到着。

かなり重く感じるようになったザックを降ろしてひと休み。
食べ忘れていたゼリーを食します。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
小ぢんまりした冷池

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
山荘でテントの受付をしてあとはテントを張るだけですが、、

やっぱり遠いテン場、ここからがきつかった。
(17分かかった・・)

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ヒーヒー登ってテン場に到着。
先客はまだ居ないようだ。

さて、何処に張ろうかね?

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
一番剱岳に近い側の端に張りました。
(夜に出歩く事を想定しているので、隅っこに張る事が多いのです)


テントを張り終えるとあとは・・

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
隣のサイトにマットを敷いて、剱にカンパ~イ!
(雲で見えんけど・・)

もう完全にぐうたらモード。
このあと20分ほど、このまま記憶を失います(笑

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
目を覚ますと辺りは真っ白!
でしたが、単独のお兄ちゃんがテントを設営していた。

挨拶して少しお話しして、山荘まで水を買いに往復したらまた視界が開けてきた。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
風もなく暖かく、

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
穏やかな秋の空を楽しみます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
もう一人のお兄ちゃん
(結局この日のテントは2張だけだった)

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
夕日を見つめる。

NIKON D300 & AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
別山に沈む夕日。

NIKON D300 & AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
爺ヶ岳が赤く染まるひととき。

冷池山荘から登ってきた数人の人たちと言葉もなく、同じ景色を共有します。


そして夕日も微速度撮影。


RICOH R10にて撮影
インターバル5秒で撮影し、20フレーム/秒で動画化

終盤ガスに包まれてしまいました。。


NIKON D300 & AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
落陽を見届けて夕飯の準備へ。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
この季節、日が沈めば一気に気温が下がりますからね。
今夜のメニューは、 です。

大量の豚肉・鶏つみれにゴボ天、
野菜はキャベツ・白菜・長ネギ・人参の具だくさん鍋。
具が半減した所でうどんを投入。
鶏つみれのダシがよく出て、とても美味しかった。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
しかもこの景色を見ながらですから。
自己最高の山メシかもしれないな♪


食後は山荘へトイレ往復(めんどくさい・・)
テントに戻ったら恒例の夜遊びのために早めの就寝です。


錦秋の鹿島槍ヶ岳(2日目前編)快晴!の頂 に続く。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

う~ん、写真、上手ですね~。
雲海って、どーしても露出オーバーになってしまうので難しい。

微速度撮影もいいですね~素敵
私にとってはハイレベルです。。

テント場、ちと遠いですよね。
笠ヶ岳のテント場も小屋と離れていて疲れた身体にはきつかったです。
冷池のテント場は小屋より展望が良いですね(^^)

こまち |  2010.10.25(Mon) 22:12 |  URL |  【コメント編集】

★こまちさんへ

コメントありがとうございます。

雲海の撮影は難しいですよね。
私は一年前からRAWで撮って、PCに取り込んでからレタッチしてます。
撮影枚数が多いとかなり手がかかるんですが、この時はやりがいのある
写真ばかりでした。
微速度撮影も去年の暮れからやっていますが、これでもまだまだ満足の
いく出来ではないんですよ。。

テント場は想像通りに離れてました。
標高差があるのが余計遠く感じるんでしょうね。
笠ヶ岳は私はまだ登った事が無いんですが、あの標高差を登ったあとに
小屋とテント場が離れているのはキツそうです。
しょもも |  2010.10.26(Tue) 20:23 |  URL |  【コメント編集】

いやー、この紅葉は素晴らしいです! 種池山荘のポスター用に提供できるのではないでしょうか? 笑

そして、この景色に山鍋はほんと最高ですねっ!!!
ほんとうにトイレが遠いのだけがタマニキズですが、
でもそれ以上に素晴らしい眺望、私も好きなテン場のひとつです。

あ、ちなみに↑↑、笠ヶ岳のテン場も好きなmy best テン場・・・に入ってます。
トイレ以上にこちらも絶景です☆
moko510 |  2010.10.31(Sun) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

★moko510さんへ

コメントありがとうございます。

はい~、これは素晴らしい景色でした♪
10月始めにここへ来るのは1年前から決めてましたが、mokoさんの
夏のレポを見てから秋までガマンするのが辛かったです(^_^;)
あと寒い季節の鍋はやっぱり良いもんですね。

笠ヶ岳のテン場も眺望バツグンなんですね。
私は割と近いのに、笠新道にビビッて?まだ行けてません(>_<)
しょもも |  2010.11.01(Mon) 21:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/349-f6360f77

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |