2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.09.30 (Thu)

燕・大天井山行(Part7)猛暑の下山

燕・大天井山行(Part6)嬉しさ弾ける の続きです。


燕岳    2763m
大天井岳  2922m


山行日:10年7月20日(火)~21日(水)

2日目天候:晴れのちくもり
2日目記録:燕山荘(5:16)-大下りの頭(5:54)-大天井岳(7:40~7:56)
-大天荘(8:04~8:18)-大下りの頭(9:58)-燕山荘(10:45~12:11)-
合戦沢ノ頭(12:35~12:40)-合戦小屋(12:54~12:59)-富士見ベンチ
(13:22~13:41)-第三ベンチ(13:59~14:04)-第二ベンチ(14:25)-
第一ベンチ(14:40~15:06)-中房温泉(15:25)
歩行時間:7時間13分(小休憩・写真撮影含む)


NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
大天井岳からの帰りはお花を撮りながら・・


【More】

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
タカネスミレ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
ミヤマキンバイとイワツメクサ

SONY DSC-WX1
分岐辺りでようやく燕山荘からの登山者がちらほら。
「速いね~」と言われるが、まあ背中が軽いですから。

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
ハシゴを越えて。

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
コマクサ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
イワツメクサ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
夏山のガスは早い。
もう東側は白いです。

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
オタカラコウ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
サンカヨウ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
ハクサンフウロ

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
信州側の巻き道はキンポウゲロード


その後も

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

お花を撮りつつ進みますが、暑い・・・
梅雨明け直後の北アルプス。
2600mの稜線上にも容赦ない暑さが訪れる。

SONY DSC-WX1
大下り、帰りは当然、大登り。

何故だか登りに差しかかると雲の切れ間から太陽が照りつけるのです。

NIKON D300 & AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
槍ヶ岳周辺にも雲が。。

SONY DSC-WX1

SONY DSC-WX1
暑いなぁ。
信州側を歩きたいなぁ。

SONY DSC-WX1
燕山荘に戻ってきたが、予想以上に暑さが堪えた。
さらに休憩もそこそこにテントの撤収に入るのだが、雲の切れ間から常に太陽が
顔を出している。
もう勘弁してください!

RICOH R10
荷物をまとめて下山開始。

RICOH R10

RICOH R10
う~ん、見通し良好(苦笑)
もうガスガスの中を歩きたい気分なんですけど・・

RICOH R10
下り始めたら燕山荘の方が曇りやがった!

RICOH R10
槍・大天井もガスに包まれそう。

SONY DSC-WX1
きっちり休みながら行こうっと。


合戦小屋へ向けて歩いていると・・大勢の中学生。
学校登山っすか。

RICOH R10
行列が過ぎ去るのを待つのだけれど、まったく途切れない。
堪らず生徒に「全部で何人なの?」と聞くと「140人です!」との返事が。
さらに「後ろにあと2グループいます♪」って。

SONY DSC-WX1
合戦小屋に着いたのだが、

RICOH R10
溢れるほどの中学生たち。
う~ん、恐るべし学校登山。

これではゆっくり休めんと、すぐさま出発だ。

SONY DSC-WX1
富士見ベンチで代わりに長めの休憩。

RICOH R10
麓の中房温泉の屋根が見えるがまだまだ遠い。

RICOH R10

SONY DSC-WX1
第一ベンチにて休んでいると軽装の夫婦がやってきた。
話をすると、8月に奥さんが初登山なのでここまで下見に来たとの松本市在住の
ご夫婦。
奥さんから「もしかして石川県から来ました?」と聞かれる。
(言葉で分かったようだ)
さらに話をすると・・なんとこの奥さんは私の実家がある市の出身で、しかも
同級生のお姉さんだった。
いやぁ~思わぬ偶然、初登山はうまくいったのかなぁ?

SONY DSC-WX1
そして暑かった1日もようやく終点へ。



山行まとめ

山行当日の天気図
再生ボタンをクリックすると、当日の天気図の推移が見られます。

1日目


2日目


GPSログ

赤-1日目  青-2日目
1007燕・大天井岳ログ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

1日目
1007燕・大天井岳標高グラフ1
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

2日目
1007燕・大天井岳標高グラフ2
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


今回の山行

日程的に偏った計画でしたが、天候にも恵まれて予定通りにコマクサ・ライ
チョウ・星・表銀座歩きを楽しめました。
反省点もほぼなく満足度の高い山行です。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

16:04  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★こんにちわ!(-´▽`-)

>もうガスガスの中を歩きたい気分なんですけど・・

な、なななな、なんという贅沢をwwww
しかしまぁ、一通り景色を見たらあとはガスって涼しくなってくれたほうが楽でいいですよね、わかりますw
天気が良すぎるというのもちと考え物ですね、特に稜線では。

燕岳は地元大町の学校登山の山ですからね。
うちの親父も学生の頃大町に住んでいたので、燕岳登ったそうです。
しかし大変な時にぶちあたりましたねσ(´∀`;)
それだけ暑ければ合戦小屋のスイカがさぞ美味かったろうに…
みさわ |  2010.10.01(Fri) 10:40 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは
写真だけ見ると気持ちの良い夏山ですが、
日差しは痛いぐらいですものね~
でも 「ガスガスの中を歩きたい気分・・・」 とは、
天気に恵まれない人が聞いたら怒りますよ。(笑)

それにしても、中学生のうちからあの稜線からの
非日常的な景色を見れるなんて幸せなやつらですね。
TONO |  2010.10.01(Fri) 19:08 |  URL |  【コメント編集】

★みさわさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。

だって暑かったんだもん(笑

どうも私は暑いのは苦手なようで・・・
さらに、この時は強行日程でバテバテでした。
もし次にこのような行程で歩く時はもっと朝早く涼しい時間に
スタートしなければいけませんね。

学校登山の大行列には参りました。
ただ、上で一晩かち合うよりは良かった気がします。
しょもも |  2010.10.03(Sun) 12:52 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。

す、すみません・・
ただ気持ち良く晴れていればこんな事はあまり思わないんですが、
行くところ行くところで上空の雲の切れ間から日光が降り注ぐもの
ですから・・・

中学生、、
私らから見ればこの年からいいな~と思いますが、実際に登山中の
生徒とすれ違っているとテンション低い子の割合がかなりな気が
しました。
まあそれでも燕山荘まで上がってあの景色を見れば大半が感激する
でしょうけどね。
しょもも |  2010.10.03(Sun) 12:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/341-a61b4d67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |