FC2ブログ
2020年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.08.19 (Thu)

雷鳥沢テント泊(前編)

お盆休みに行ってきた雨の雷鳥沢テント泊の詳細版です。


山行日:10年8月13日(金)~14日(土)

1日目天候:くもりのち雨
1日目記録:室堂BT(14:18)-雷鳥沢キャンプ場(15:07)
歩行時間:49分(小休憩含む)

2日目天候:雨
2日目記録:雷鳥沢キャンプ場(9:38)-室堂BT(10:40)
歩行時間:62分(小休憩含む)


テン場からの展望
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、別窓にてスクロール表示します。


【More】

さあ夏山登山だ。
しかし、ようやく訪れた機会なのだが天気が思わしくない。。
恐らく多少の降雨はあるだろう。
それでも・・
去年のように何処にも行けないまま夏休みが終わるのは悲しい。

よって悪天覚悟ですが、雷鳥沢なら最悪テン泊してくるだけでもいいや
と山行を決行しました。



当初は早朝入山で奥大日岳に登り雷鳥沢テン泊を計画していたのだが、
いくつかの理由によりお昼に立山駅入りとなってしまった。

よって今回の計画は午後入山で雷鳥沢テン泊。翌日は天気次第で朝から
奥大日岳に登る事にします。

SONY DSC-WX1
この男には物足りない計画だろう。

SONY DSC-WX1
駐車したのは称名川を挟んだ臨時駐車場

SONY DSC-WX1
駅まで遠いけど、元気に歩きます。


立山駅に入り、室堂往復の13:10発のチケットを購入。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
お盆期間ですが、お昼過ぎの立山駅は閑散としています。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ケーブルカーに乗車
乗り物酔いが心配な娘ですが、昨秋に大丈夫だったので今回は気持ちに余裕が
あるようです。

SONY DSC-WX1
ケーブルカーからバスに乗り換え。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
称名滝を覗き見る母娘

バスの車中からは立山・大日連山・薬師岳・剱岳など、雲がかかっておらず
よく見渡せた。

SONY DSC-WX1
室堂ターミナル内はさすがの混雑ぶりである。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
外に出る。
ん~涼しい♪
連日酷暑の続く日常世界から飛び出しました。

さらに冷たい玉殿の湧水で喉を潤す。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
さあ、雷鳥沢キャンプ場へ向けて出発です。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
明日の目的地、奥大日岳が見えてますがどうなるかな?


みくりが池
NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
思わぬ好展望に大満足です。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ワイワイと行きましょう。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
お花を撮っていると皆に置いていかれます

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
あら?剱岳が雲に隠れちゃった。
雨が降り出す前にテント場に着かなくては。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
遠くの斜面に雷鳥がいると騒いでいる団体がいたが、よく分からなかった。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
地獄谷経由で。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
火山性ガスが襲ってきます。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ガス濃度アップの警報発令中なので、足早に進もう。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
硫黄臭は苦手のようです・・・

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
「あの建物の向こうがテント場だよ」
「へぇ~、近いんだね」

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
ほら、テントの花がたくさん咲いてるよ。


テン場の手前にまだ雪が残っていた。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
早速、食いつく男。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
テン場に到着。

すぐにテント設営なのだが、今回雷鳥沢キャンプ場しかほぼ選択肢に無かった
のには理由がある。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
左:ダンロップ VL-32  右:モンベル ステラリッジ1型

どちらもマイテント。
そう、お父さんはテントを2つ担いできたのである。

新たに4人用のテントを購入すれば良かったのだろうが、どうも踏ん切りが
つかなかったのでテント2つ持参という暴挙にでてしまった。

そんなダブルテントの設営だが、4人いると思いのほかスムーズに設営作業が
進んだ。

設営後、大人は荷物の整理。
子どもは・・元気に遊びに出掛ける。


NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
河原に居た。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
「近くに川はあるの?」とうるさかった娘は水の冷たさにゴキゲン♪

2年前の白山・南竜ヶ馬場が余程楽しい思い出らしい。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
このロケーションを1時間も歩かずに得られるのだが、果たしてこれは
良い事なのだろうか?

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
雪が残っていて良かったね。

わが家の場合、行き先を決定する際は残雪の有無も重要な要素である。

NIKON D300 & SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiⅡ VC LD Aspherical [IF]
テントへ持ち帰りやがった。


雷鳥沢テント泊(後編) に続きます。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

13:38  |  登山(ファミリー)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは
夏の室堂の風景は、本当に絵のように奇麗ですよね~
そしてその影にちょっと見える剣は、全く異質の山ですね。
背後から悪魔が見てるって感じです。(ノ゚ο゚)ノ

全体からファミリー登山の楽しさが伝わってきて、
見ていて思わず顔が綻んでしまいました。(^^)
もっちんの笑顔は◎ですね。
TONO |  2010.08.19(Thu) 18:57 |  URL |  【コメント編集】

★こんばんわ!ご無沙汰です(*´∀`*)

お父さん、ダブルテントお疲れさまでした!
13日入山と言う事は、僕が北アルプスに入山した日と同じですね、薬師岳挟んで反対側に居ましたww
登る過程で本来ならば立山、剣が見えるはずだったのですが、この日は曇っていて見えませんでしたね。
しかし14日下山は結果的には大正解だったかもしれませんね。
そのうちまたレポにも書きますが、山間部は14、15、16と散々でしたよ('A`)
みさわ |  2010.08.22(Sun) 01:12 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。

夏の室堂は4年前に初めて行った時の山並み・雪のまだら模様・高山植物に
衝撃を受けたのを今でも思い出します。

>そしてその影にちょっと見える剣は、全く異質の山ですね。

そうですね。
雲がかかり始めた剱は尚更不気味でした。
早く登りたい山ですが、先日例の映画がTV放映されたのでまた今年も
行かないと思います。

しょもも |  2010.08.23(Mon) 09:42 |  URL |  【コメント編集】

★みさわさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。

ダブルテントを担ぐのは大変そうですが、食料などの荷物を分散しているので
意外と先日の燕岳よりは軽かったです。

13日夜からはそちら側もずっと雨だったようですね。
15、16日も時々雨雲レーダーをチェックして、「相変わらず雨降ってるな~」と
見てました。
壮絶レポ?お待ちしてます。
しょもも |  2010.08.23(Mon) 09:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/328-6255fcbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |