2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.04.29 (Thu)

09年秋、立山(Part3)

09年秋、立山(Part2)の続きです。

雄山からの展望
NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
蓮華岳(左)と針ノ木岳(右)、黒部のダム湖も見えています。

「あの界隈も歩いてみたいなぁ」


【More】

立山(雄山)  3003m

山行日:09年10月4日(日)

天候:晴れ
記録:室堂(9:08)-一ノ越(10:04~10:29)-雄山(11:35~13:05)-
一ノ越(14:28~14:42)-室堂(15:32)
歩行時間:4時間15分(小休憩含む)


そして、

雲の向こうには富士山と南アルプス
NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

遠くまで展望のきく良い日なのですが、相変わらず冷たい風が吹き付ける。
みんな早々に風を避けられる所まで退散してしまいました。

私はもうちょっと粘って、いつものコレ

北アルプスの大パノラマ(北~東~南)
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

北アルプスの名だたる山々を1枚の写真に。


こちらは(南~西~北)
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


みんなの所へ戻り、社務所脇の風を避けられる場所で昼ご飯を食べて温まる。

昼食中に見る、雄山山頂と五竜・鹿島槍
NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
ちょっと写真いじってます。(HDR)


晩秋の箱庭
NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

ちょいと右に剱岳
NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

さらに富山湾の向こうには、うっすらと能登半島も見えていますよ。

標高3000mから見る能登半島は起伏が感じられない。


さて、
お腹も満足して、下山しますかね。

SONY DSC-WX1
岩ゴロの道を慎重に歩き出す。

SONY DSC-WX1
もっちんは急斜面の下りは怖いらしく、また大きな段差を下りるのも大変なので
時間がかかりそう。
(前年の白山、その前の唐松岳もそうだったので予想通りですが)


SONY DSC-WX1
午後も快晴が続いてます。

しかし、登りでは追い風だった冷たい風も、今は前から吹きつける。


もっちん、必死・・
SONY DSC-WX1
景色を眺める余裕はなさそうです。

ちゅん太は余裕♪
SONY DSC-WX1
母・妹と来たのが嬉しいのか、終始笑顔でしんがりを務めていました。


SONY DSC-WX1
さらに斜度が上がり、ペースダウン。
「焦らなくていいよ」と声をかけ、後続には道を譲り、少しずつ下ります。

SONY DSC-WX1
ようやく一ノ越へ。
登りより20分近く余計に時間がかかりました。

SONY DSC-WX1
安堵の表情

SONY DSC-WX1
寒いので山荘内に逃げ込み、ひと休み。


ここからは整備された石畳の道
SONY DSC-WX1

でも気を緩めないで歩いてね。


SONY DSC-WX1
おぉ! 1人足どりが軽いぞ♪

SONY DSC-WX1
おふざけする余裕もあるのね。

SONY DSC-WX1
少し雲が出てきた立山

時間に余裕があれば地獄谷辺りまで散策もしたかったのだけれど、また次回だな。

SONY DSC-WX1
もうちょっとでゴールだよ~。

SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


SONY DSC-WX1
わ~い、着いた~♪

はい、皆さんお疲れさまでした。(特に赤い人)



山行まとめ

山行当日の天気図
再生ボタンをクリックすると、当日の天気図の推移が見られます。



GPSログ

立山0910ログ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

立山0910標高グラフ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


今回の山行

快晴の中、晩秋の立山を家族4人で登る事ができました。
しかし、高峰に吹く風は冷たい。山に慣れた自分はまだ大丈夫ですが、ママ・
もっちんには寒い思いをさせてしまいました。
防寒用具はそれなりに用意しましたが、家にまだあるのに持って行かなかった
物も幾つかあります。
背中にまだ余裕があるのだから、万全な準備が必要ですね。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

12:00  |  登山(ファミリー)  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんにちは
雄山から一の越は大きな岩の斜面ですから、
小さいもっちんには大変ですよね。
でも頑張りましたね~
安堵の表情に、心からホッとした感じが滲み出てます。(^^)
TONO |  2010.04.29(Thu) 16:45 |  URL |  【コメント編集】

★こちらでは初めまして(*´∀`*)

お邪魔させていただきました♪

しかし素晴らしい天気でしたね!
子供さんを連れて山に行かれているのですね、凄いです。
僕ら夫婦もいずれ子供が出来たら是非一緒に登りたいと思っているので、参考にさせて頂きます。
まぁまだ先の話ですけどねσ(´∀`;)

またちょくちょくブログにお邪魔させて頂きますね。
今後ともよろしくお願いします。
みさわ |  2010.04.29(Thu) 22:43 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんばんは。

この急斜面とバス酔いの問題で3年生になるまで立山は
保留していたのですが、やっぱり大変な下山でした。
たぶん今は登山には乗り気ではないので、今年は一緒に
行ってくれるのか?
どうやって気分を乗せるか、悩みます。
しょもも |  2010.04.29(Thu) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

★みさわさんへ

コメントありがとうございます。

子どもを連れての登山は長男が4年生の時からやってます。
なので未就学の子を連れての場合は参考にならないかも(^_^;)

私もちょくちょくブログを見に行きますね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
しょもも |  2010.04.30(Fri) 00:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/287-9c73d1c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |