2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.12.06 (Sun)

新雪の白山(中編)

最大の難所である踏み板のない吊り橋を渡り、いよいよ登山道へ。


ここまでの様子 みぎ 新雪の白山(前編)


【More】

白山  2702m

山行日:09年11月24日(火)

天候:晴れはれのち曇り雲
記録:別当出合(6:22)-中飯場(7:02)-甚之助避難小屋(8:10~8:20)
-南竜分岐(8:40)-弥陀ヶ原(9:30)-室堂(10:10~10:28)-御前峰
(11:14~12:02)-室堂(12:26)-黒ボコ岩(12:41)-南竜分岐(13:04)
-甚之助避難小屋(13:14)-中飯場(13:56)-別当出合(14:28)



まずは傾斜の緩い登山道を行く。
雪は所々に少し残っている程度だ。

半年振りの冬靴は少し重く感じる・・・

が、これから出会う景色にワクワク♪


しばらく進むと従来の左から巻く道ではなく、植生復元中だった尾根を直登する
ルートに変わっていた。

つまり、春にデジカメを水没させたポイントを通らなくて済む。

これはあの嫌な記憶を思い出さないようにとの配慮だろう。
(そんなわけない)


RICOH R10
整備されすぎな感じの登山道。
急登ですが距離は短縮されましたね。


SONY DSC-WX1
別当出合~中飯場の中間を過ぎると、徐々に雪が増えてきたようだ。

SONY DSC-WX1
中飯場に到着。

吊り橋の通過込みで40分、まずまずか?

SONY DSC-WX1
トイレ(冬期閉鎖)の屋根には前々日の夜に降ったであろう雪が残っていた。


ここは休まずに通過。

SONY DSC-WX1
標高1700m辺りでは完全に雪上を歩くように。

それにしても3連休の翌日とはいえ、踏み跡が多い。
皆さん、吊り橋渡ってるんですね~。


別当覗
RICOH R10
観光新道の尾根に陽が当たり始めましたね。

RICOH R10
この頃は雲一つ無い青空が広がっていましたが、、


甚之助避難小屋
RICOH R10
静まりかえった避難小屋に到着

RICOH R10
積雪は30~40cm辺りでしょうか。


ここでパンを一つかじり、

RICOH R10
まだ無くても良さそうですが、アイゼンを装着。


RICOH R10
朝陽の当たった雪面がキラキラ輝いてます。


さあ、先へ進もう♪

RICOH R10
雪山らしくなってきました。


南竜分岐
RICOH R10
期待通りの青い空と白い雪なのですが・・・


RICOH R10
西からは雲が流れてきとります。

RICOH R10
南竜分岐からは黒ボコ岩へ。

RICOH R10
振り向く度に雲が増えていく・・・


さて、しばらく進みまして、
RICOH R10
この標識からはいよいよ急な登りに。
(写真撮り忘れのため、9月の写真使用)


黒ボコ直下の登り。

このルートでは唯一緊張する所か。

雪は軟らかいため滑落の恐怖は感じないが、
吹きだまりの雪は深く、酷いところでは太ももまで潜る。

もがきながらも標高を稼ぐと、
RICOH R10
黒ボコ岩が見えてきた。

ちなみに
RICOH R10
2ヶ月前はこんな感じでした。


黒ボコ岩
RICOH R10
おぉ~、エビのシッポが少しだけ。


そして前をみると・・
RICOH R10
白くなった御前峰登場。


一気にテンションが上がり、弥陀ヶ原へ向かう。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
夢にまでみた白い峰。

出来ればもっと雪が積もって真っ白な姿を見たかったが、贅沢は言ってられない。


弥陀ヶ原の雪原
SONY DSC-WX1
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

写真を撮っていると、単独のスキーヤーが滑り降りてきたので、
しばし会話を交わす。

RICOH R10
今日、上で出会ったのはこの人だけでした。


弥陀ヶ原をのんびり歩き、五葉坂の登りへ。

RICOH R10
ゴツゴツした岩の道は、ほとんど雪に隠れていた。

RICOH R10
すっかり高曇りの空になってしまったが、雲に包まれる事はなさそう。

右手に目をやると、
RICOH R10
御嶽山・中央アルプス・南アルプスと連なっている。
あちらはまだ雪は少なそうだ。

RICOH R10
おっ! 赤い屋根が登場。

SONY DSC-WX1
室堂センターに到着です。

ここで一休み。
パンやチョコを食べながら写真も撮る。

NIKON D300 & AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
誰もいない室堂。
風もなく、静寂の世界。
音を発するのは自分だけ。
こんな所に一人で居る現実が、ちょっと信じられない。

RICOH R10
雪が多い年はすべて埋まってしまいます。

RICOH R10
12時までに着けるようなら山頂へ・・と考えていましたが、まだ10時半前。
余裕をもって山頂へ向かいます。

RICOH R10
振り返り見る、室堂と別山。

RICOH R10
乗鞍も見えてきました。

RICOH R10
高天ヶ原に差し掛かると風が強くなってきた。。

冷たい・・・


RICOH R10
ふと登山道から北寄りの斜面を見る。

拡大
RICOH R10
スキーの滑走跡だ!

ここを滑ったら気持ちいいだろうなぁ。


さあ、
RICOH R10
山頂まであと少し。


新雪の白山(後編)に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

23:56  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

  さすがにこの時期だと人も少なくて良さそうですね。
 白山は夏に一度登ったのですが晴れてはいたものの、靄っていて北アは見えませんでした。
 今年しょももさんや他のブログを見て、来年登りたい山の1つになっています。そして左に剣立山・右に槍穂の西側からの北アを見たいです。   
IK |  2009.12.07(Mon) 06:04 |  URL |  【コメント編集】

★きれー

こんにちは。
おお、人のいない白山ですね。
静寂・・・ですね。夏には室堂はすごい人なのに。
スキーをしている人がもういるんですね。
みんな気が早い?
それにしても、あの吊り橋、けっこうわたる人がいるなんてー
choco |  2009.12.07(Mon) 21:38 |  URL |  【コメント編集】

わあ、まさに白い山!
南竜分岐からの眺め、青い空に映えてよいですね~。

結構吹きだまってるところもあるのですね。
シーズン中はニギヤカな白山も、この時期は静かですね~。
・・・それにしても板ナシ吊り橋、結構みなさん渡っちゃうんですね。

ああ、行きたい。
来シーズン、小屋明け時期を狙います~♪
まきchin |  2009.12.08(Tue) 00:39 |  URL |  【コメント編集】

★IKさんへ

こんばんは。

人は少なかったですが、さすがに少なすぎて不安も少々(^_^;)
平日とはいえ、この天気で一人としか会わないとは思いませんでした。

白山からの北アルプスはソコソコ距離があるので、よく見えない事が
多いですね。
私も今年は幸いに3回とも見えましたが、昨年までは北アを見渡せた
のは1度だけでした。

来年、見えると良いですね(^^)
しょもも |  2009.12.08(Tue) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

★chocoさんへ

こんばんは。

本当に静かな白山でした。
今までにも人と殆ど会わない山行はありましたが、今回は室堂という
夏~秋に人でごった返す場所だからでしょうか。
この静けさが2週間経っても印象に残っています。

スキーはですね、これでも今年は積雪が少なくて、ようやく滑られる
ようになったらしいですよ。
早い年は11月の始めには滑られるようです。
皆さん、物好きですよね~。
しょもも |  2009.12.08(Tue) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

★まきchinさんへ

こんばんは。

南竜分岐までは最高でしたよ(^_^)v
でも、みるみる雲が広がっちゃって・・・(T_T)

吹きだまりは足が潜って潜って、疲れました。。
ワカンも持っていたのですが、
風に吹きさらされる所は全然雪がないのでワカン履くほどでもないし・・
と、積もり始めの雪山は難しいですね。

おぉ! やはり来春来ますか~♪
小屋開け後なら吊り橋も踏み板アリに戻っているでしょう。
次回はスキーなのかな?
しょもも |  2009.12.08(Tue) 22:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/233-64c229c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |