2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.11.30 (Mon)

新雪の白山(前編)

白山  2702m

山行日:09年11月24日(火)

天候:晴れはれのち曇り雲
記録:別当出合(6:22)-中飯場(7:02)-甚之助避難小屋(8:10~8:20)
-南竜分岐(8:40)-弥陀ヶ原(9:30)-室堂(10:10~10:28)-御前峰
(11:14~12:02)-室堂(12:26)-黒ボコ岩(12:41)-南竜分岐(13:04)
-甚之助避難小屋(13:14)-中飯場(13:56)-別当出合(14:28)

速報版は みぎ こちら

さて、先週の白山ですよ。


【More】

白山。

名が示すとおり、一年の半分を白い雪で覆われた山です。

その白い峰を近くで見てみたいという想いは登山を始めた当初から持って
おりまして、雪山を始めた今年はまず5月の残雪期に登りました。

その時の様子 みぎ 5月の白山


そして、次なる欲望は新雪が降った時期に登りたい!となりまして。

ただ、11月の白山に登るとなると登山道に危険箇所は少ないとは思うのだが、
それ以外にいくつか問題が。。

まずは別当出合に砂防新道へと繋がる吊り橋があるのだが、橋の踏み板が
例年11月中頃までには外されてしまう。
外されてしまうと観光新道からしか登れない? 観光新道はあまり好きでは
ないのだけれど・・・

そして、平瀬道へのアプローチ・岐阜白山公園線も11月中頃までに冬期閉鎖
されてしまう。
さらには別当出合へのアプローチ道も大寒波が訪れて降雪があれば、たちまち
市ノ瀬~別当出合間どころか、白峰~市ノ瀬間も閉鎖されてしまう可能性が
あった。

そこで11月に入ってからビクビクしつつチャンスを伺っていたのだが、なんと
初旬に少し雪が降ってからは好天続きでちっとも白い白山にはならないでは
ないか・・・
そのうち、11月10日に吊り橋の踏み板は外され、翌日には岐阜白山公園線も
閉鎖され・・・
焦り始めた翌週にようやくまとまった降雪がありました。

 --------------------------

「よっしゃ~、そろそろ行こう♪」

山行日は天気予報の良い24日に決定。

今回は余裕を持って(体調万全で行きたかった)23日の19時過ぎには自宅を
出発して一気に別当出合を目指します。
しかし晴れた空に星がよく見える夜、ちょっと寄り道して星景写真も・・
との誘惑に駆られましたが、22時半には別当出合に到着。
車が一台もなく川の流れる音だけが聞こえる中、すぐに眠りにつきました。


翌日は5時半起床。
体調は良好♪ やっぱり睡眠は重要ですね。

朝食を食べ、サッと準備をして登山口へ向かいます。

SONY DSC-WX1
下へ降りた広いところではなく、別当出合への分岐手前に駐車。
寝ている間に1台、朝食中にもう1台車は増えた。


少し歩いて登山口。

SONY DSC-WX1
もう冬ですから。 6時を過ぎてもまだ暗い。


さて、問題の登山ルートです。
以前から知っていたのですが、踏み板が外されてからも真ん中の鉄骨一本橋
状態になった吊り橋を渡って砂防新道へ入る人は結構居るようです。
しかしここから白山に登った人なら分かるでしょうが、この吊り橋はソコソコ
高く、その恐怖感はかなりのものでしょう。

自分は高い所は割と大丈夫なので、実物を見て行けそうなら砂防新道、
無理そうなら観光新道と決めていました。


SONY DSC-WX1
トイレを済ませている間に、朝食中に来た車の男性が先行。
観光新道へ向かったようです。


それでは吊り橋を見てみましょうか。
SONY DSC-WX1

ほう、確かにこれは緊張する。
真ん中の鉄骨の幅は、ちょうど靴幅くらいだ。

だが手摺りとなるワイヤーもあるし行けるだろうとここを渡って砂防新道から
登ることに決めました。


両手を伸ばしワイヤーを常に掴みながら、慎重に渡る。

SONY DSC-WX1
ちなみに下を覗くとこんな感じ(下山時に撮影)

※吊り橋の入口にはロープが張られて通行禁止になっています。
 良い子はマネしないで下さいね。



SONY DSC-WX1
あっさりと渡れました。
しかし、雪や氷が付いているとイヤらしいでしょうね。


最大の難関を越えたところで、新雪の白山(中編)に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

17:40  |  登山(ソロ)  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

この間尾瀬で板のない橋を渡りましたが
その非じゃない高さと長さの橋ですよね~~。
しかも一人で???

男は度胸ですね!スゴイ。
のんすけ |  2009.11.30(Mon) 21:48 |  URL |  【コメント編集】

わたくし、実は、お隣の越中出身です。
2年前の夏、父とこの橋渡りました!

が、踏み板なしのあの橋、渡れる…か…どうか…v-404
しょももさん、すごいv-218
しろやぎ |  2009.11.30(Mon) 22:17 |  URL |  【コメント編集】

ちょっと行った気分にならせてもらえます。
どこらか雪がでてくるのかなぁという感じで登られたのでしょうね
次回もすごく楽しみにしてます 

車中泊でしょうか 熟睡できるだと快適ですよね
ゆう |  2009.11.30(Mon) 22:29 |  URL |  【コメント編集】

★(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

こんばんは
踏み板なしのつり橋は恐怖ですね。(ノ゚ο゚)ノ
私は基本的に高所恐怖症ですが、
特につり橋から見えてしまう下の景色が苦手です。(笑)
なのでいつもつり橋を渡る時は下を向かずに行きます。
でもこの踏み板なしのつり橋は、
安全のために下を見て渡らざるを得ないですよね。
私は確保しないと渡れないかも知れません。(‥;)
TONO |  2009.12.01(Tue) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

★のんすけさんへ

こんばんは。

高さ、長さともになかなかのモノですが、
意外と余裕で渡れました。
度胸も根性も無いんですけどね~~(^_^;)

一人じゃない方が同行者が気になってダメかもしれません。

しょもも |  2009.12.01(Tue) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

★しろやぎさんへ

こんばんは。

へぇ~、富山県出身なんですか~!
お父様と登山ですか、いいですね~♪
富山県だし、子供の頃によく連れて行ってもらったのでしょうか?
ウチの娘も大人になっても一緒に行ってくれるかな??

橋は、、
本当はやっちゃイケないんですけどね(^_^;)
しょもも |  2009.12.01(Tue) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

★ゆうさんへ

こんばんは。

別当出合では脇に少し残っている程度でした。
次回、標高が上がるにつれて雪が増えるのを楽しみにして
ください。

この夜は静かで、気温もあまり下がらずよく眠れましたよ。
いつも寝不足で登る事が多いので、改めて睡眠は重要だと
思いました。
しょもも |  2009.12.01(Tue) 23:12 |  URL |  【コメント編集】

★TONOさんへ

こんばんは。

普通の吊り橋でも下を見れないなら、この状態の橋は
無理でしょうね(>_<)
どうしても下が見えますから・・・

私は、、
見るどころか、写真も撮れるほど余裕があるようです(^_^;)
しょもも |  2009.12.01(Tue) 23:19 |  URL |  【コメント編集】

★ありえません

こんにちはー
お父さん、やりますね。
私も渡りましたが、この状態は無理ですわー
観光新道をえっちら登りたいと思います(笑)

続きはどんな雪山だったんでしょう。
たのしみです
choco |  2009.12.05(Sat) 17:23 |  URL |  【コメント編集】

★chocoさんへ

こんばんは。

お父さん、やりました(笑)
確かにありえませんよね~(^_^;)
でも、来年も渡ってしまいそうです。

続き、またご覧下さい~。
しょもも |  2009.12.07(Mon) 00:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/231-85787c64

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |