FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009.10.31 (Sat)

常念父子登山(Part2)

間が開いてしまいましたが、
常念父子登山(Part1) の続きです。

槍と常念小屋
常念乗越まで上がってきた。


【More】

常念岳  2857m

山行日:09年9月20日(日)~21日(月)

1日目天候:快晴はれ
1日目記録:駐車場(7:25)-一ノ沢登山口(7:43~7:52)-王滝ベンチ(9:02)
-最終水場(11:24~11:36)-常念乗越(12:28)


さすが、5連休。 人が多い!

まずは小屋でテン場の受付だ。

小屋にて
90周年だそうな。


受付を済まし、テントを張りながらお湯を沸かす。

昼食
そして昼食のカップラーメン


テン場から撮ってみたパノラマ
パノラマ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。

賑わう
13時半過ぎ、既に小屋に近い方のテン場は埋まりつつあった。

斜め
このテン場は地面がちょっと斜めになっているのが残念か・・・



常念岳山頂へは明朝に行く予定。

横通岳
落ち着いたら、
横通岳の方へ行ってみようかと話していたのだけれども・・・


安曇野
東には安曇野の街を挟んで、

浅間山
噴煙上げる、浅間山

四阿山
そして、その左に四阿山

快晴
それにしても、午後になっても変わらぬ快晴

槍にカンパイ!
そんな青い空と、槍の眺めにカンパイ♪

至福
ちゅん太に撮ってもらう、至福の時。
「こんな時間からビール?」と呆れる息子。。
「お前にも判る日がきっと来るさ・・・」

穂先
あの槍の肩にも人が溢れているのだろう・・・
(実際溢れたようですね!)


ぶらぶら
飲んで動かぬオヤジに呆れたか?
あちこち動き回るちゅん太。

横通岳へは結局行かなかった。。
(飲むと動く気が無くなるんですよ、ワタシ)


常念乗越は風の通り道
曲がった木
曲がった木が、それを物語ります。

沸かす
夕食は早めに・・・

17時過ぎ
日没近づく
太陽が稜線に隠れる時間が近づいてきた。

秋分の日も近づき、日も短くなってきたものだ。


影
反対側には、、
影常念乗越とでも、呼べば良いのか??

人々
大勢の人がこの光景を眺めていた。           ちゅん太撮

17:22
輝く
輝く太陽

オレンジ
太陽が沈んだ後も、しばらくオレンジ色に染まっていた。

槍の穂先に
槍の穂先に射す光が神々しい。

もう一つのテン場
もう一つのテン場も満員のようだ。


そんな夕刻の常念乗越
夕刻のパノラマ
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


この夜は早く、19時前には眠りについた。

が、この私が朝まで寝続けるワケが無く、23時頃に目覚める。

外に出てみると、
安曇野の灯り
安曇野の夜景 ぴかぴか


そんな夜景と共に、久々のコンポジット
星の軌跡
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


槍の上空にも星が輝いていた。
槍と星空
画像をクリックすると、別窓に拡大して表示します。


2日目に続く。


この記事をナイス!と思ったなら
banner2.gif
うえ 1クリック マウス して頂けると励みになります。

スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

09:01  |  登山(ファミリー)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shomomo.blog77.fc2.com/tb.php/221-2c5eb1c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |