FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.08.29 (Wed)

第21回立山登山マラニック(後編)

8月25日(土) 第21回立山登山マラニック

早朝4時に浜黒崎海岸をスタートして立山雄山の山頂を目指す立山登山マラニック。
立山駅へとジリジリ続く坂道を上っているとスキー場の前でueta君夫妻が応援に来て
くれた~!

180825TATEYAMA_53.jpg
ジリジリ続く上り坂(ueta君提供)
標高が上がって気温は少し低くなったような気もするけれどそれでも暑い!


【More】

ueta君夫妻に差し入れをいただき元気回復。立山山麓スキー場から立山駅まではこの日
一番の下り坂なのでかっ飛ばします。39km地点の立山駅エイドには7時58分頃到着で
目標としていた4時間以内にほぼ予定通り。このエイドではお楽しみとしていた呉羽梨を
4切れ食べるなど3分ほどは滞在してお腹を膨らましたらここから厳しい区間だろうと
予想していた称名道路へ。

180825TATEYAMA_22.jpg
スキー場~立山駅の下り坂はキロ5分近いペースで軽快に下った。
そしてスタート前に決めていた目標のひとつ、ここまでは歩かず全部走る!を達成。

180825TATEYAMA_23.jpg
立山駅エイドも食材豊富。
呉羽梨の他におにぎりやバナナなども頂く。


立山駅を過ぎれば下り無しで延々と続く上り坂。それでも最初は頑張ってペースを落とし
ながらも走り続けてはいたが、2kmほど進んだ所でとうとう限界を感じて歩いてしまう。
そこからはランと歩きを半々程度で行くのだが、この区間ではちょうど人がバラけて
しまって前後に人が居ない孤独な時間が続いて肉体的に加えて精神的にもキツかった。

180825TATEYAMA_24.jpg
桂台のゲートから称名道路へ。
精神的にキツかったせいかこの辺りは写真を全然撮ってないw
そんな中でこんな山道の途中にも私設エイドが2ヶ所あったのはありがたかった。


桂台のゲートを過ぎると道路の斜度は更に増してランの割合が少なくなる。
そして称名滝が見え始めた道路工事現場からはガチでキツイ上り坂となってこれは走るの
ムリと歩き通して46kmの称名エイドへ。エイドではまず冷たいタオルを渡してくれて、
スタッフ一丸となって声援をくれるなどさすがランナーの喜ぶ事が分かってますね☆
ueta夫妻も再び応援に待っていてくれて力を貰い、ドロップバッグを受け取ってレイン
ウェアなどを入れたザックを背負い足下はトレランシューズに履き替えて後半の山岳ゾーン
に突入です。

180825TATEYAMA_25.jpg
滝が見えてきたが、、ここからがとてもキツかった。

180825TATEYAMA_26.jpg
悪城の壁

180825TATEYAMA_27.jpg
エイドに到着すると総出で迎えてくれる。

180825TATEYAMA_54.jpg
エイドスタッフとの掛け合いも楽しみのひとつ(ueta君提供)

180825TATEYAMA_55.jpg
大会に出ていても写真撮影は欠かせない!(ueta君提供)

180825TATEYAMA_28.jpg
このエイドの目玉はそうめん。
美味しくいただきました!

180825TATEYAMA_56.jpg
シューズを履き替えて山岳ゾーンへ(ueta君提供)


称名エイドには15分ほどの滞在で9時20分頃に出発。これは9時30分までに出発を目標と
していたのでほぼ予定通り。八郎坂はつづら折れの急登が続くがまずまず調子良く登って
いき、弘法にはちょうど1時間で到着した。

180825TATEYAMA_29.jpg
山スタイルにチェンジしてまずは八郎坂を登ります。

180825TATEYAMA_30.jpg
展望台から称名滝。

180825TATEYAMA_31.jpg
八郎坂を登りきってアルペンルート脇へ。
急登の八郎坂だけど称名道路の苦しい上りよりはマシだった。


アルペンルート脇の木道を少し進むと50kmの弘法エイド。ここのエイドは賑やかで
ランナーのテンションをageるのがお上手。元気なスタッフに見送られて木道を進んで
いくのだがこの木道が所々で左右に傾いているので危ない。雨に濡れてなくて良かったなぁ。
木道はあまり無理せず平坦な所以外は歩いて追分料金所の手前から再びロードへ。
そして53kmの弥陀ヶ原エイドに到着するとショックなお知らせが待ち受けていた。

180825TATEYAMA_32.jpg
この距離からもう元気が伝わってくる弘法エイド。
なんか浴衣のお姉さんも待ってるぞ~。

180825TATEYAMA_33.jpg
エイドの目玉は水まんじゅう、美味しかった~♪

180825TATEYAMA_34.jpg
木道を進みます。
過去の情報から笹薮が酷いのかな?と覚悟していたがそうでもなかった。
年によって違うのかな?

180825TATEYAMA_35.jpg
弥陀ヶ原のホテルが見えてきた。


弥陀ヶ原エイドで入ってきたのは荒天によりゴールが雄山山頂から室堂に変更になった
との一報。ガーン、ショックですよ(ある程度覚悟していたけれど、ここまでは意外と
天気が良かったので)とモチベーションダダ下がりでエイドを出てしばらく走っていると
ここまで何度か会って話をしながら一緒に走った富山のIさんに追いつく。
Iさんも初めての出場でここまで頑張ったのにガッカリとの事で、2人で「もう良いや~」
と室堂ゴールまで歩きながらお喋りしながら楽しく行く事にした。

180825TATEYAMA_36.jpg
弥陀ヶ原エイドに着いてみると・・・

180825TATEYAMA_37.jpg
ガーン、0m→3003mの目標叶わず。

180825TATEYAMA_38.jpg
キュウリは塩振ってサイコーでしたが。

180825TATEYAMA_39.jpg
富山湾は見えてるんだけどね~。
自分の足で雄山山頂まで行ってそこから海を見て何を思うか?体験したかったな。

180825TATEYAMA_40.jpg
富山の男性と一緒に歩いて進むが、段々とガスってきたし風も強くなってきた。


室堂まで残りおよそ1kmでIさんが寒くなったのでレインウェアを着るので先に行って
ください。との事なので再び単独行動。最後くらいは走るか!とガスの切れ間から室堂
ターミナルが見えてからはラスト走ってゴールして、室堂までのおよそ61kmに短縮された
立山登山マラニックを8時間42分で完走したのでした。

180825TATEYAMA_41.jpg
室堂ターミナルが見えた!ラストスパートや~!

180825TATEYAMA_43.jpg
完走後、富山のIさんと一緒に。

180825TATEYAMA_42.jpg
塩昆布と梅干しの乗ったお粥も美味しかった~♪


雷鳥荘宿泊編に続く。

スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |