FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.06.29 (Fri)

FIFAワールドカップ ロシア GLを終えて

まずはサッカー日本代表、決勝トーナメント進出おめでとう!ですね。

昨晩の試合終盤の展開には賛否両論、喧々諤々なのは当然だとは思いますが私個人と
しては西野監督の決断、采配を称賛したいと思います。
(ただの古いサッカーファンなだけのクセに偉そうですが 笑)

その理由としては・・・

・まず日本のような弱小アジアのサッカー史の浅い国は決勝トーナメントに進めて
 新たな経験を積めてナンボ。
・同点に追いつくために攻めてカウンター喰らって2点差になるリスク。
・同じくカウンター喰らってファウルで止めてイエローカードを貰うリスク。
 (特に既に1枚貰っている槙野がもう1枚、累積2枚でレッドカードだと終了)
・ポーランドはボールを取りに来ず、日本に同調するという読み。
・そもそも守りを固めたポーランド相手に1点取れるのか?
・勝ち越したコロンビアはセネガルに追いつかれてもGL突破できるが、日本も追い
 ついたら再び敗退の危機である。そして1点を守り抜いてGL1位になったらトーナ
 メント右側の山に入るので必死に守り抜くだろう・・・との読み。
・ガチガチに守ったコロンビア相手にセネガルが追いつく可能性は低いだろう・・・
 との読み。

などの要因から決勝トーナメントに進むために最も確率の高い選択肢を選んだのだと
思います。そして僕が西野監督を最も称賛したいと思える理由は最後の交代カードで
長谷部選手を出してピッチ上の選手たちに自らの考えを明確に示したことです。

現場の指揮官にとって重要なことは常に冷静でいること、そして曖昧さ無く明確な
指示を与え続けることだと思うのでその点は素晴らしかったと思うのです。
(ただ一点、負けてはならない試合で好調なセンターバックの片方を替えたことには
納得いかないケド、、、笑)

そもそも今回、何故物議を醸すような展開になったかと言うと日本が2戦目までに
勝ち点4を積み上げて暫定1位となり圧倒的優位に立ったことが大きく、GL3戦全敗に
散った20年前の初出場、フランス大会からは隔世の感アリ。
そして馬鹿FWに時間稼ぎの概念が無く起きてしまったドーハの悲劇や折角ブラジルに
勝って2勝1敗としたのに決勝トーナメントに上がれなかったアトランタ五輪をリアル
タイムで熱を持って観ていた古参のファンとしては昨日のクレバーな展開には感慨深い
ものがあります。

昨晩のラスト10分だけを切り取って非難している人やモヤモヤしている人は「ワールド
カップのグループリーグは3試合トータルの積み重ね」であることをまず理解しましょうね。

最後に客観的なデータをひとつ ↓



相手に攻められてばかりの弱小国或いは気性の荒い民族性の国が上位に来ているのは
イメージ通りのランキングです。
特筆すべきは総ファウル数で、日本は最少の28回ですが最多の国(あえて書かない)は
倍以上のファウルを犯しています。普段からクリーンなプレーを心がけているチームにだけ
幸運は転がり込むんじゃないですかね!

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

15:00  |  独り言  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |