2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.13 (Fri)

新穂高から槍ヶ岳(3)

新穂高から槍ヶ岳(2)の続き。

槍ヶ岳の山頂から秋晴れの絶景をひと通り楽しんだら下山します。

170905YARI_49.jpg
まずは下り専用ハシゴを慎重に。


【More】

危険を伴う岩場の登り下りは下りのほうが恐怖心が大きい。
だからなのか前を進んでいた学生たちがビビって時間がかかりプチ渋滞状態となったが
まあ焦らず、急かさずで山荘まで下山。
山荘でヘルメットを返却ついでにお腹が空いたので小屋のレストランで昼食だ。

170905YARI_50.jpg
某大学山岳部の子たち。
3年生はウチの息子と同学年ですな。

170905YARI_51.jpg
安全圏まで戻る。

170905YARI_68.jpg
ひゃっほーい!(ueta君提供画像)

170905YARI_52.jpg
何食べようかな~?

170905YARI_53.jpg
生姜焼き丼でニンマリ(^_^)

170905YARI_54.jpg
絶景を眺めながら、皆さん昼食中だ。


腹ごしらえしたら長い長い下山路へ。
毎度の如く自分の都合で早く帰らないといけないので早足でいきたいけれど、午後に
なっても山々にガスがかからないので写真を撮るのにも忙しい!

170905YARI_55.jpg
大分の男性。
遥々遠征した甲斐があったネ!

170905YARI_56.jpg
槍ヶ岳サヨウナラ~。

170905YARI_57.jpg
午後になっても良い景色のまま。

170905YARI_58.jpg
翌日は雨のハズなんだけど登ってくる人は結構居た。

170905YARI_59.jpg
トリカブトと笠ヶ岳。

170905YARI_60.jpg
槍平小屋のテン場ってこんなに良いロケーションだったんだねぇ。

170905YARI_61.jpg
帰りも滝谷ドームを観られるだなんて。
ueta君も大満足な1日だね。

170905YARI_62.jpg
好天日の日帰りは沢の渡渉も安心。

170905YARI_63.jpg
ラストの右俣林道は走って、無事下山です。

170905YARI_64.jpg
このGPSはちょっと長めに距離が出るので、実際は30km無いと思う。


終わり。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |