2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.11 (Wed)

新穂高から槍ヶ岳(1)

9月5日(火)
ひと月以上前の山行をようやくアップ。ueta君待たせたな!

この日はueta君と山に行く予定にしていて天気も良さそうなので北アルプスへと考えて
いた所、夜間通行止めになっていた新穂高温泉へと通ずる道路が直前になって通行できる
ようになったので新穂高温泉から槍ヶ岳の日帰りピストンとした。

170905YARI_01.jpg
3時半集合で新穂高温泉を出発。


【More】

新穂高ロープウェイを過ぎてまずは林道を、ueta君との山行は7月の白山一斉登山以来と
なるので近況などを語らい合いながら早歩き。滝谷の辺りで明るくなって槍平小屋には
およそ2時間半で到着。

170905YARI_02.jpg
薄明るくなり、左後方には笠ヶ岳が見える。

170905YARI_03.jpg
滝谷の橋。
増水時には渡れなくなるので注意だ。

170905YARI_04.jpg
右手を見上げれば滝谷ドーム。

170905YARI_05.jpg
ちょっと気の早い秋の色も。

170905YARI_06.jpg
槍平小屋へ。
過去2回、同じような時間に出発した時は先行して歩いている人が居たが、今日はまだ
誰にも会っていない。


槍平小屋ではトイレのみで先へ進む。
しばらく順調に標高を上げるも徐々に空腹感が・・・しまった、小屋の前でちゃんと何か
食べておくんだった....。仕方なく途中の見晴らしの良い場所で行動食休憩。
休憩後しばらく登ると飛騨沢の雄大な景色が開けてきた。

170905YARI_07.jpg
乗鞍岳を見ながら行動食休憩。

170905YARI_08.jpg
開けてきたね~♪
そして早々に下山してくる人も。

170905YARI_09.jpg
千丈沢乗越方面。
稜線を歩いている人々も見えるヨー。

170905YARI_10.jpg
分岐と救急箱。
頭上には早朝からヘリが飛んでいる。

170905YARI_11.jpg
振り返れば笠ヶ岳~双六岳の雄大な景色。


分岐を過ぎて登山道が岩ゴロ&傾斜アップとなってくるとどうも足が上がらず、ueta君に
付いていくのが精一杯となる(-_-;)
これは主な原因は、、前日に涼しいのを良いことに結構なペースで23キロ走ってしまった
からだろう。。調子に乗ってました、スンマセン。

170905YARI_12.jpg
秋のチングルマ。

170905YARI_13.jpg
ようやく朝日が。あぁ暖かい。
稜線の西側である飛騨沢に日光が届くのは遅いのです。

170905YARI_14.jpg
ueta君は元気。
僕は思うように足が上がりません、大丈夫か??

170905YARI_16.jpg
シモバシラーがあるほど冷え込んでいるというのに・・・

170905YARI_15.jpg
まだヨツバシオガマが咲いていた。


足が上がらないので写真を撮るふりをしながら休みつつ(笑)
なんとか頑張って3000m超え。
飛騨乗越に到達すると稜線の東側も晴れてこれは良い景色ですねぇ~。

170905YARI_17.jpg
これは良い日になりましたねぇ♪

170905YARI_65.jpg
天気は良いけどオジサンはダメダメ(ueta君提供画像)

170905YARI_18.jpg
鷲羽岳、水晶岳に、奥には薬師岳も見えてきた。

170905YARI_19.jpg
笠ヶ岳の向こうには白山も。

170905YARI_20.jpg
飛騨乗越で槍の穂先とご対面でテンション上がる人。

170905YARI_21.jpg
殺生ヒュッテの向こうに常念岳。

170905YARI_23.jpg
大喰岳

170905YARI_22.jpg
イワツメクサ
こんな厳しい環境の3000mの稜線に咲く花、健気ですね~。


新穂高から槍ヶ岳(2)に続きます。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |