FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.08.23 (Wed)

同級生と行く白山(1)絶好の気象条件

8月13日(日)
小中時代の同級生(要するに幼馴染)を白山に案内した話。

彼から最初に「白山を登りたいんだけど一緒に行ってくれん?」と相談されたのが2年前。
しかし2年前は予定と天気が合わずに断念、昨年も7月最終週に予定していたが自分に
外せない用事が入ったので延期となり、その後も2人の都合が合う日が無いまま再び年越し
となっていた。
そして迎えた今年、彼は高校野球の審判をやっているので7月中は忙しくて行けず、8月も
12、13日のどちらかしか無いと言うので天気がどうなるか見守っていた所、13日の天気は
良さそうなのでこの日に決行とした。

170813HAKUSAN_01.jpg
お盆休みの連休期間で激混み必至なので自宅2時発で同級生S(以下 S)を拾って市ノ瀬には
4時10分過ぎに到着したが、それでも既に路駐状態....。まあでも今日の核心部だと感じて
いた車の駐車とシャトルバスの始発便に乗れるか?はクリア。


【More】

バスに乗ってカーブに揺られながら別当出合まで行くが途中から口数が少なくなるS。
どうやら満員の蒸し蒸しバスで酔ってしまったらしい。別当出合で下車後はトイレを済ま
せて登山届を提出したがどうだ?すぐ出発できる?Sに体調を聞くと大丈夫だと言うので
5時25分頃、鳥居で一礼して砂防新道の吊り橋へ向かった。

170813HAKUSAN_02.jpg
登山口でツーショットを撮っていただく。


Sには「あくまで自分の無理のないペースで、息が上がらないように」と告げてSが前、
自分が後ろの隊列で吊り橋を渡り登山道へ。最初はユルユルだが急な石段になると
「うわ~キツイわ~」とS。しかし足は止めずに順調に上がっていく。石段を登り終えると
登山道は再び緩やかとなり2人で喋りながら進んでいき、中飯場に到着して見える不動滝に
感激している姿にはこちらも嬉しくなる。中飯場では休憩しなくても大丈夫だと言うので
水分補給のみで行動継続。中飯場~別当覗~甚之助避難小屋の区間もまだ涼やかな空気の
中をSのペースで順調に標高を上げ、スタートからおよそ1時間45分で避難小屋に到着。
ここで初めてザックを下ろしての休憩とした。

170813HAKUSAN_03.jpg
急登を行くS。
「この急なのが2倍あったらもう帰ろ~と言っていた」とあとから言っていたが、
まあ冗談だろう(笑

170813HAKUSAN_04.jpg
空は快晴、朝日が燦々。

170813HAKUSAN_05.jpg
小屋前で休むS。
「いちいち撮らんでいいわ!」と照れているが、この写真撮りまくりマンと一緒に来て
いるのだから諦めるんだ!

170813HAKUSAN_06.jpg
小屋の前には素晴らしい雲海が広がっていた。


小屋で食料補給後は行動再開。
南竜分岐まで登ると別山と雲海のナイスな景色に感動してSも写真を撮りまくる。
分岐からは黒ボコ岩方面へと向かう途中、登山道脇に増えてきた高山植物の名前や
自分でも知っているような登山の話しをしながら行く。

170813HAKUSAN_07.jpg
登山ほぼ初心者がいきなりこの雲海を見たら絶対感激するでしょ~♪

170813HAKUSAN_08.jpg
「あのちょこっとだけ見えているのは県境の1600m台の山だよ」とか教えながら進む。

170813HAKUSAN_09.jpg
ヨツバシオガマ
まあいきなり覚えるのは無理だろうけど、、花の名前も言いながら。

170813HAKUSAN_10.jpg
前日の雨で登山道は結構濡れ濡れ状態。

170813HAKUSAN_11.jpg
シモツケソウ


晴れているけど気温はそれほど高くはなくて登っていてもあまり暑く感じず、さらに
見渡せば広がる雲海。「おいこれ最高な日になったぞ!」とSを励ましながら登山道は
十二曲がりへ。ここの急登も最初の石段に比べればマシや!と元気に登って延命水を
口に含みつつ黒ボコ岩に到着。

170813HAKUSAN_12.jpg
自分の経験的に9月上旬~中旬頃のような空気感で絶好の登山日和だ。

170813HAKUSAN_13.jpg
十二曲がりも順調に登るS。
ここまで始発バス組の中でも速い方で人混みの煩わしさをあまり感じずに来る事が出来た。

170813HAKUSAN_14.jpg
ハクサンフウロ

170813HAKUSAN_15.jpg
黒ボコ岩へ。
実は30年以上前の小学生の頃に父親に連れられて白山を登った経験のあるS。
黒ボコ岩の記憶は残っているそうだ。


黒ボコ岩で少し休んだあとは弥陀ヶ原へ。
弥陀ヶ原ではこれだけ人の多い日なのに木道を歩いている間、自分たちの前後には誰も
居ないという奇跡的なひと時を過ごす事となった。

170813HAKUSAN_16.jpg
御前峰とご対面~。
岐阜県側から雲は湧いてきてるが、真っ白ガスガスになる前に山頂に着けるか?

170813HAKUSAN_17.jpg
2人っきりの弥陀ヶ原で撮れた、今回一番のお気に入り写真。


同級生と行く白山(2)30数年ぶりの登頂 に続きます。

スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2017.08.25(Fri) 16:30 |   |  【コメント編集】

★鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。

覚えてますよ~、苦しい時に声掛けありがとうございました(^_^)

そしてこれは驚きの偶然!
まさにニアミスをしてたんですね~。

また何処かで見かけましたらお声掛けくださいね~(^^)/
しょもも |  2017.08.28(Mon) 13:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |