2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.04.30 (Sun)

新緑と石楠花の火燈山~富士写ヶ岳周回(前編)

4月28日(金)
今後のスケジュールを考えるとこの山域へ行ける日は今日しかないな・・・という事で
シャクナゲはまだちょっと早いかなとも思ったが行ってきた。

朝、娘を駅まで送ってからクルマを走らせて登山口へ。
今年は大内から火燈山~小倉谷山~富士写ヶ岳と巡る反時計回りルートとします。

170428FUJISHA_01.jpg
まずは火燈古道へ。

少し登って尾根道に取り付くと新緑の中を登っていく。
快晴で日射しは強いが時折吹き抜ける爽やかな風が心地良いです。

170428FUJISHA_02.jpg
平日だけど旬なシーズンを迎えた山には人の数もソコソコ。
富士写ヶ岳からやって来る人も多いんだろうなぁ~。


標高600m近くまで登ると登山道沿いにお目当てのシャクナゲ登場。
昨年火燈古道を下った時はピークを過ぎていたので今年の今、咲き始めた状態が嬉しいです。

170428FUJISHA_03.jpg
今年の初シャクナゲ。

170428FUJISHA_04.jpg
まずまず咲いててハッピーですね!

170428FUJISHA_05.jpg
739mピークから火燈山を見上げる。


見上げればブナの新緑、足元にはイワウチワが群生する登山道をひと登りでまずは一つ目の
ピークである火燈山に到着。眼下に見渡せる坂井平野はやや霞み気味ですがとても良い日に
なりました♪

170428FUJISHA_06.jpg
足元にはイワウチワがたくさん咲いていた。

170428FUJISHA_07.jpg
癒やしの淡い緑が目に優しい。

170428FUJISHA_08.jpg
火燈山から見た、次に目指すピークの小倉谷山。

170428FUJISHA_09.jpg
坂井平野と青い空。


火燈山では休まず、一旦下ると再びシャクナゲがちらほら。
しかしまだ蕾のものも多くてこの辺りのシャクナゲの見頃はまだ先だな~と思いながら
進んでいると突然富士写ヶ岳側に約5メートル程に渡ってシャクナゲが咲き誇っている
ポイントに遭遇してテンションアップ!

170428FUJISHA_10.jpg
シャクナゲと小倉谷山。

170428FUJISHA_13.jpg
見頃はもうちょっと先だと思っていたら・・・

170428FUJISHA_11.jpg
突然現れたシャクナゲ大群生。

170428FUJISHA_12.jpg
一面のピンクになんじゃこりゃ~!
山で(良い意味で)予想外の事があると一気にテンションが上がります\(^o^)/


ナイスなシャクナゲに興奮しながら進むと間もなく小倉谷山の山頂。
ここで休んでいた年配の女性とお話しすると、何と!1年前にも富士写ヶ岳の山頂で会った
人だと分かって驚きました!
山では好みが合うのか?以前会った人との偶然の再会って多いですよね。

170428FUJISHA_15.jpg
小倉谷山山頂。

170428FUJISHA_14.jpg
女性「走って登って来たの?」
しょ 「いえいえ、カッコだけですよ~」
女性「去年も最後大内からダムまで走って帰るって言う人が居たわよ」
しょ 「あ~最近増えましたからね~」
女性「あら?もしかして能登の人じゃない??」
しょ 「えっ!そうですけど・・・」
女性「あ~やっぱり!去年富士写ヶ岳で会ったよね」

こんな感じで(^_^)
また三度の再会、楽しみにしています。

170428FUJISHA_16.jpg
白山の山頂部は残念ながら雲に隠れていた。


後編につづ~く。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |