2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.05.24 (Tue)

初めてのトレイルレース雑感

初めて出場したトレイルレースを終えての感想を箇条書きで。

・まず自分自身のレース結果について
 フルマラソンなどとは違って目まぐるしく状況が変わるトレイルレースではペース配分の
 判断が難しかったが、前半はレース経験のあるueta君の走りを参考にしながら行って
 後半も極端にペースを落とすことなくレースを終える事が出来て、結果(タイム・順位)
 には満足している。
 特に最後の三角点からの下りで数人を追い抜いたのには快感を感じた。

・補給食
 持参した補給食は途中から食欲が無くなってしまった事もあり、半分ほど消費しないまま
 終わってしまった。未経験から来る不安で今振り返ると多すぎたかとも思う(笑)ので、
 今後はエイドの給食内容も吟味して持ちすぎないようにしたい。
 今回一番良かった補給食は奥さま手製のひと口おにぎり(梅しそ味)
 奥さまありがとう!

・レース後の身体
 翌日、翌々日になっても太もも、臀部が軽い筋肉痛なだけで自分でも驚くほどダメージが
 少なかった。昨年の白山白川郷(50kmの部)・金沢マラソンのあとのボロボロ具合から
 比較するとかなり強くなったかなぁ~と思うし、この点が一番嬉しい。
 あと、足裏・指先・踵がノントラブルだったのはみさごさん推薦のプロテクトJ1の効果が
 大きいのだろう。

・マナー
 登山道が完全クローズされた大会ではなく一般登山者と出会う可能性もあったので
 (特に金剛堂山登山道)出会えば山のマナー(登り優先)を守るつもりでいたが、
 一般登山者と出会うことはなかった。

・アクシデント
 ueta君が転倒、怪我した時に瞬時に適切な対応を出来たとは言い難いのが反省点。
 正直、このような事態が起こりうる事をあまり頭の中に置いていなかったので、怪我人に
 遭遇した時の対応(知人、知らない人に関わらず)は常に想定しておかなければならない
 と思った。

・ルールは守ろう
 このレースでは幾つかの必携品が設定されていたが、例えば腰にボトルを1本付けている
 だけでその他の装備はどこに持っているの?と聞きたくなるようなランナーが何人も
 見受けられた。
 山の中で行う競技なのだから、例え使わずに終わるとしてもそれぞれの装備に理由は
 あるのだから、主催者の決めたルールは守りましょうよ・・・

・大会運営
 初めてだから他との比較は出来ませぬが、、コースの道標、各所に配置されたスタッフの
 対応、エイドでの暖かい声援などどれも素晴らしく、小さな村が一丸になってのいい
 大会でした。正直地元の峨山道トレイルランが秋に延期になったので代替としてエントリー
 したのでしたが、出場して良かったです。
 ただ、1点のみ改善してほしい部分。
 ロングコースの完走率の低さにはびっくり!第5エイド(31.2㎞地点)での途中関門が
 5時間半というのはちょっと厳しすぎるのでは?第5エイドからフィニッシュまでの9.3㎞に
 3時間もかかる人はあまり居ないと思われるので、関門時刻は30分遅くても良いのでは?
 と思いました。


最後に初めて出場するトレイルレースが「一人ぼっち」ではなく、仲間と一緒に楽しく
走れてチームシャツも貸してくれて、ueta君には感謝感謝です(*^-^*) ありがとう!
秋にはまた一緒のレースに出て目標目指して頑張りましょうね!

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |