FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.03.14 (Mon)

能登和倉万葉の里マラソン2016・詳報

3月13日(日)
能登和倉万葉の里マラソン2016

今回のレースは昨年の3月下旬から本格的に走り始めてちょうど1年の総決算との位置づけで
昨秋の金沢マラソン以来のガチ・フルマラソンとしてタイムに拘り、3時間30分切り
(サブ3.5)を目標として挑みました。

そのレース詳細です。
(カメラはもちろん、スマホも持たなかったのでレース中の写真は無しよ~)


【More】

朝はレーススタート4時間前の6時起床。朝食を食べてのんびりと支度して、8時前に出発。
週末帰宅していた息子に会場近くのコンビニ前まで送ってもらいました。
するとちょうどコンビニ前で息子の高校時代の部活顧問の先生と出会い、しばしご歓談。
エールを受けた後に会場へ移動して参加賞を受け取り、その後はMH.TRCのチームメンバー
と合流して各々準備しながら楽しい話の輪の中に混ぜていただきました。

スタート45分ほど前からはウォーミングアップへ。
途中ueta君と合流して話ししながら走っていると、知り合いのMさんとも出会ったりして
「やっぱり地元の大会だなぁ~」と実感。
その後は皆で集合写真を撮った後、スタート地点へ向かいます。

160313WAKURA_01.jpg
アップ中、スタートゲート立ち上げ中。

160313WAKURA_05.jpg
集合写真(サブスリー君提供)両サイドにTJAR出場者・・・豪華だ・・・!


レースは午前10時の号砲と共にスタート。
今回も微妙に控えめな申告タイムでCブロックからのスタートとなってしまったが、割と
スムーズにスタートゲートは30秒ほどで通過してしばらくは周囲の流れに合わせて走り、
能登島大橋に差し掛かると今回後方スタートのサブスリー君が軽快に抜いていった。
そして橋を渡って能登島に入ってすぐに前方を走るMH.TRCシャツを発見。追いつくと
YASUIさんが足を痛めて苦しそう・・・頑張りましょう!と声を掛けます。
(しかしYASUIさんは後半巻き返してサブ3.5でフィニッシュ!凄いですねぇ)

最初の3kmは4:30~40のラップが続いて、今回のレースプラン(25kmまでは5km24分
のペースで行って25km地点で2時間以内、約5分の貯金を作って後半死に物狂いで粘り
込む!)に対して明らかに速かったが、楽に走れるペースだったので「これは前半中に
作れるだけ貯金を作ろう!」と考えてこのままのペースで行くことにした。
(楽に走れたのは1週間前の試走でこの区間にてモロに強い向かい風で苦しいのを経験
出来たのが大きいかな)

須曽町でueta君、kouさんに追いついた後の前半最大の上り坂もあまりペースを落とさず
走れ、キロ4:30以上のラップを刻みながら第1折返し地点手前の対面走行ゾーンへ。
ここではユウキ君、みさごさん、mamoruさん、サブスリー君のMH.TRCメンバーと次々
すれ違いざまにハイタッチで何とも楽しく。自分が折り返してからもkouさん、ueta君、
山口君とハイタッチしてお互い励まし合う。

0~5km  23:14 (ネットタイムは22:43)
5~10km 22:35

10km地点を過ぎ、第2折返し地点付近で最初のジェル補給。
後続との対面区間に入ると出場していると知っている息子の同級生のお母さんを捜しながら
走った。すると向こうが先に気づいて「○く~ん!」と言いながら手を振ってすれ違った
のには思わず笑ってしまった。く~ん!って、、、まあ自分の方が1歳年下だが、今まで
そんな呼ばれ方したことあったっけ??

折り返してからもキロ4:30前後をキープしながら半浦の右折地点に差し掛かると、
今度は同級生たちからのサプライズ声援。下の名前で声援されるなんて初めての経験だった
ので、これまた新鮮な気持ちとなった。
そしてツインブリッジへと向かう能登島西岸の半浦地区を走っていると、前方に久々チーム
シャツを発見。近づくとまさかのサブスリー君でかなり苦しそう。さすがの彼も金沢マラソン
以来の走る機会だとこうなるのか・・・と感じていると間もなくハーフ地点となり、ここでの
タイムを見ると1時間36分台で「うぉ!昨年7月の能登島ハーフより速い!!」とまたテン
ションが上がった。

10~15km 22:37
15~20km 22:58

ツインブリッジ上で今回唯一持参した固形食、スポーツようかんでエネルギー補給して
旧中島町へ。坂を下って迎えた25km地点の通過タイムは1:54:47で、目安と考えていた
2時間に対して5分以上も速くこの時点で足の調子なども考慮して目標達成は濃厚と感じる。
しかし気は緩めずに厳しい坂のある26~27km以外はキロ5分以内をキープしながら走り、
30km地点を2時間19分台で迎えた所でサブ3.5を確信。ここで目標を同級生Yが金沢で
出したタイムを上回る3時間24分に設定し、残りの12kmに臨む事とした。

20~25km 23:23
25~30km 24:45

今回応援で駆けつけてくれたチームメンバーのムロさんの激励を受けて頑張るも、さすがに
32km地点を過ぎて残り10kmともなると徐々にキロ5:10~20にペースダウン。
しかし粘っていると今度はユウキ君を発見して追いつき、少しお話しした後は先行させて
いただいた。

30~35km 25:50
35~40km 26:38

40~41kmは上り坂の影響もあって今レース唯一の5分半未満のラップとなったが、旅館街の
下りゾーンに入ると再びペースアップ。ラストの直線もスパートして見事、3時間23分13秒
でのフィニッシュとなった。

フィニッシュ後は着替えながら順次帰ってくるメンバーとお互い結果報告。
そして全員揃った後に集合写真を撮り、イベント会場へ移動して食事しながら談笑後、
解散となって最高に充実した1日を終える事となった。

160313WAKURA_06.jpg
メンバー入りさせていただいたその日から完全燃焼できました!(サブスリー君提供)

160313WAKURA_02.jpg
激しく動いた後はカレーが食べたくなる・・・


今回の感想
・想定以上のタイムで走りきることが出来た一番の要因は一年間地道に走り続けられた事
 かと思う。最初は10km55分がやっとレベルでも一年でここまで変われます。
・この大会は坂の多いコースだが、普段走っている練習コースと似ていて感覚的に走り慣れて
 いるのが大きかったか。
・さらに今回はレース前、レース中とチームメンバーや地元の知人友人から声援を受けて
 コースの厳しさを相殺する程の力となった。やっぱり地元の大会って良いですねぇ~。
・昨秋の富山~2週後金沢で後半失速した経験を踏まえ、今回は先月の京都マラソンから
 和倉をベストな状態で迎える事を考えてそれを実行出来たのが嬉しい。
・思いがけずこのタイムで走ってしまったからには次のフルの目標は3時間20分だろうか。

最後に沿道で応援してくれた沢山の方々、ありがとうございました!
そして大会運営に関わった皆さまもお疲れさまでした!
(あとで運営スタッフの名簿を見たら姪っ子の名前があったが、何処に居たのだろう・・)


以下、覚え書き。

朝食:豆餅3個、おにぎり1個、卵焼き、オレンジ
レース前:ベスパプロ、チョコレート、ムロさん差し入れのエナジードリンク
レース中:ジェル4本、ようかん1本、サブスリー君に貰ったブドウ糖

スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

19:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |