2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.02.25 (Thu)

京都マラソン2016・中間点~フィニッシュ

2月25日(木)
今日のランニングは4:30/kmのペース走。
フルマラソンからまだ4日後とは思えぬほど足は軽かった。

10.19km 4:31/km


さて京都マラソンの続き。

2月21日(日)
京都マラソン2016
レースは中間点を過ぎて後半戦へ。

DMC-LF1
折り返しの「幸せのハッピーターン」タワー。
京都マラソンのコース後半には計5ヶ所(ちょっと多いね....)の折り返し地点。


【More】

フルマラソンでありがたいのがエイドの給食。
今回はジェルなど自前の補給食は携行せず、完全依存で(笑)ハッピーターン、あんぱん、
生八ツ橋、スポーツようかんなど一つも漏らさずゲットしていく。

DMC-LF1
京都の目玉はやっぱり生八ツ橋でしょう。
元々好物なので複数頂いちゃいます♪


そして26km過ぎからは一旦道路から離れて府立植物園の園内へ。
園内もコースとなっているのだけれども、ちょっと自分的にはここが走りにくかった印象が
残っている。

DMC-LF1
府立植物園へ。

DMC-LF1
11時を過ぎ、向かい風以外はちょっと暑さを感じる体感温度に。


植物園を出るとコースは再び賀茂川沿いへ。
しばらく走ると河川敷に下りて名物?の未舗装ロードとなるのだが、ここは前日の大雨で
荒れて走りにくいと予想していた。しかし意外や意外、しっかり整地された土の上は
実に走りやすく、追い風なのもあって全コース中この河川敷が最も気持ちよく走れた。

20~25km 25:48
25~30km 27:16(エイドで立ち止まっての給食タイム含む)

DMC-LF1
一般車道から・・・

DMC-LF1
コースは賀茂川河川敷へ。

DMC-LF1
よく整備された土コース。
山を嗜む者として、土の上は元気が出る(笑)

DMC-LF1
スポーツようかんとミニトマト。
ようかんは封が切ってあり、食べやすかった。


楽しい河川敷から離れると再び街中へ。
35km地点を過ぎてすぐに京都市役所前をぐるっと一周したのち、北へと戻る時は向かい風と
なってさすがに苦しい・・・
しかしペースは落とすことなく踏ん張り、40km地点の通過はおよそ3時間29分。

30~35km 25:29
35~40km 26:14

DMC-LF1
京都市役所。
ここのエイドのイチゴ(写真撮り忘れ)も美味しかったなぁ~。


40kmで3時間29分ということは残り2.195kmをキロ5分ペースでちょうど3時間40分。
じゃあ40分は切っておこうか。と、このギリギリな状況さえも楽しみながらのラスト2km
ちょっとをその通りに走りきり、3時間39分57秒で平安神宮の大鳥居前のフィニッシュ
ラインを通過したのでした。

DMC-LF1
大鳥居前でフィニッシュ。

DMC-LF1
猫だ!猫が居る!!

DMC-LF1
大鳥居前にて。


今回の感想
・レース前からタイムよりも楽しむことを再優先に考えていてその通りに京都らしい景観や
 エイドの給食、沿道の応援を楽しむ事ができた。
・序盤、周囲の速いペースに惑わされることなく、レースを通してほぼ一定のペースで走り
 きれた。(前半:1:49:53 後半:1:50:04)
・何となく応援に「力み」を感じた富山、金沢の第1回マラソンとは違い、沿道の応援に
 落ち着きというか、手慣れた感を感じた。
・観光地各所で一般観光客がコースを横断する手段、「島」の受け渡しがとても上手で、
 金沢マラソンも見習ってほしいと思った。
・レース中に山中教授と遭遇するのを楽しみにしていてずっと意識しながら走っていたの
 だが、どうやらスタート直後に教授が靴ひもを結び直している間に抜いていて、そのあと
 ずっと自分の4~5分後ろを走っていたようだ。この点だけが残念。。

最後に沿道で応援してくれた沢山の方々、ありがとうございました!
そして大会運営やボランティアで関わった皆さまもお疲れさまでした!


次は3月13日の和倉万葉マラソン。
ここはガチ走で現状のベストを尽くし、満足できるタイムを狙います!

おわり

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |