2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.08.21 (Fri)

新穂高温泉~鷲羽岳・水晶岳 2日目(4)水晶岳~三俣山荘

新穂高温泉~鷲羽岳・水晶岳 2日目(3)鷲羽岳~水晶岳の続きです。

DMC-LX100
念願の水晶岳からの景色を堪能したあとは、水晶小屋まで戻ってカップラーメンを
購入して昼食とした。
その時隣に座った若者と話をすると、なんと!新穂高から水晶日帰り!!
若いっていいねぇ~。


【More】

DMC-LX100
水晶小屋からワリモ北分岐までは来た道を戻ります。
左:鷲羽岳 中央:ワリモ岳
右へと延びる登山道の先にワリモ北分岐がある。

DMC-LX100
長野県側にはガスが湧いてきたが、まだまだ圧巻の眺め。

DMC-LX100
ワリモ北分岐から岩苔乗越を経て、三俣蓮華岳を正面に見ながら沢沿いを下る。
このルート上は冷たい水がいつでも補給可能で、とても快適であった。

DMC-LX100
水が豊富な黒部源流域。
お花畑も素晴らしい~♪

DMC-LX100
三俣のテン場に戻ると、13時過ぎでもこのお天気。
このロケーション、素晴らしすぎるでしょ~!!

DMC-LX100
しかしテントの中は暑すぎるので、山荘へ向かいます。

DMC-LX100
そして山荘前のテーブルに陣取り、
あとはビール片手に出会う人々とお喋りしながらただ飲むのみ・・・
テント泊の時はこれからもこの時間を大事にしていきたい。

OM-D E-M5 & LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
槍ヶ岳と北鎌尾根
夏山らしくなく夕方になってもナイスな眺望が続く。
しかしこのあと、刺激的な風景が展開されるのです。(トップ画像で既にネタバレ)


新穂高温泉~鷲羽岳・水晶岳 2日目(5)夕方の三俣山荘に続きます。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

14:52  |  登山(ソロ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |