2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.16 (Thu)

能登和倉万葉の里マラソン2017・雑感

フルマラソン自己ワーストの記録で終わった今大会の感想徒然。


まずレース後半に失速した原因について。

・練習不足
 今回は単純に走り込み不足だったのが一番の要因だったのは確実で、本番直前の1ヶ月に
 モチベーションが低下して量的にも質的にも満足な練習が出来なかった。
 特に30km走すら一度もやらなかった事、レース前に最後に走ったのが3月2日だという
 事実を考えると、そりゃあ失速して当たり前だろう。

・体重増加
 練習不足と大きく関係してくるが、一年前の好調時と比較して昨年の秋から体重が常に
 プラス2~3kgで推移していた。

・ペース
 まあ現在の状態に対して前半がオーバーペースだったのは確かなのだけど、この状態でも
 サブ3.5はいけるか?を試したかったので後悔はない。

・痛みの記憶
 昨年11月の峨山道トレイルランをリタイアする原因となった左股関節痛が20km付近から
 再発。故障箇所を気にするあまり、他にも痛い所が複数出て足が動かなくなってしまった。
 股関節が気になり始めた時に「またあの峨山道でリタイアするまでの痛みを繰り返すの
 か・・・」と正直萎えてしまったと共に、ちょっと過剰に反応してしまった感あり。

・圧倒的山不足
 実はレース前から危惧していたのだが、最後にある程度長時間行動する山行をしたのが
 昨年8月。ここ3ヶ月に至っては1回も山へ行っていないのが大きかったのではないかと。
 自分の場合、フルマラソンの距離を走りきるための脚を創るためには山へ通うのが
 不可欠であると再認識したので、次回金沢マラソン(抽選通ればですが)に向けては
 走り込みだけでなく夏山、秋山にもしっかり足を延ばしたい。


と、まあ己の結果に関しては反省することばかりですが、和倉万葉の里マラソンという
レースに関しては地元の大会という事もあり選手にもボランティアスタッフにも知り合い
は多いし、応援もされるので素直に楽しい。今回はちょうど1週間前に精神的にかなり
落ち込む出来事があったので木曜日までは出るか出ないか迷っていたのだが、やっぱり
出て良かったと思える素晴らしい大会でした。

しかし楽しいだけでなく、今回はレースに出るようになって初めて日常生活の中で関わる
知人に追い抜かれるという屈辱を味わいかなり悔しい思いをしたので、相手は一回り以上
年下で陸上部出身のランナーだけれど次に同じレースを走る時には「絶対に負けない!」
との強い決意でレースに臨みたい。


最後に一緒にレースを走った皆さん、お疲れさまでした。
写真をたくさん撮ってくれたueta君ありがとう。
NOZA君やM井さんも応援ありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)

能登和倉万葉の里マラソン2017・詳細

3月12日(日) 能登和倉万葉の里マラソン2017

途中からチームメンバーに拾ってもらって現地入り。
いつもの場所で続々と集ってくるメンバーと談笑しながらまったり準備して、
集合写真撮って円陣組んでからスタート地点へと向かった。

IMG_5540.jpg
集合写真(NOZA君提供)

170312WAKURA_01.jpg
スタート前円陣(ueta君撮影)

スタート10分ほど前にスタート地点へ、このユルさが良い大会だ。
今年はすぐ目の前にスタートゲートが見えるポジションでタイムロスは10秒ほどか。
午前10時の号砲と共に一斉スタート!最初の交差点でueta君夫妻の声援を受けて
能登島大橋に差し掛かる頃、目前にMH.TRCのツートップ・源君とみさごさんを発見した
ので少しペースアップして背後に追いつくとすぐ近くにmamoruさんも居たのでサブスリー
経験者3人との並走状態という何とも贅沢な体験をさせていただいた。

170312WAKURA_02.jpg
最初の交差点(ueta君撮影)

このペースでは最後まで絶対に保たないので、橋を渡り終えると4:45/kmほどの自分の
ペースへ落として行く。最初の給水地点でエイドスタッフをしている地元の後輩とハイ
タッチを交わし、8km地点辺りではコッシー君が力強い走りで抜いていった
(コッシー君、今回チーム唯一のPBおめでとう!)
10km前後の2回の折返し付近ではkouさん、ユウキ君、源君、みさごさん、コッシー君。
そして後続のmamoruさん、山口君、ムロさん、マッハさんとハイタッチを交わし、
橋の手前までの復路ゾーンでは野村さんにすれ違いざま写真を撮っていただいた。

IMG_5539.jpg
この頃はまだ好調(野村さん提供)

さらに若い頃お世話になった地元の大先輩のAさんにすれ違いざまお声掛けいただき、
マッハさんお知り合いのけんちゃんさんや息子の同級生のお母さん、Kさんとは
ハイタッチ。今年も1歳上のお姉さまから「○くぅ~ん」いただきました(*^^*)

半浦の交差点ではNOZA君の応援を受け、ここからは七尾西湾を左に見ながらツイン
ブリッジを目指すも、早くもペース維持が精一杯・・・20kmを過ぎた辺りからは昨秋の
峨山道トレイルランでリタイアの原因となった左股関節の痛みが再発してしまう。

それでもハーフ通過がほぼ1時間40分。
何とか後半を1時間50分でサブ3.5を狙えないか?とキロ5分をキープしながらツイン
ブリッジを渡り左折する交差点へ行くとueta君夫妻がまた応援してくれていた。

170312WAKURA_03.jpg
もう足ヤバイ頃....(ueta君撮影)

坂を下っていると後ろから元気な声が・・・振り返ると山口君。
元気な彼に付いていきたいけれど足の方がどうにも言うことを聞かずにあっさり離され、
そして26kmの急坂では完全に足が止まって、とうとうフルマラソンでは初めて歩いて
しまった。

一度歩くと完全に心折れ、30kmまでの5kmで時折歩きを交えてほぼ30分かかった事を
自覚。30kmからは痛いところを庇うあまりに他にも痛いところが出てきてさらにペース
ダウン。残りをどれ位のペースで行けば4時間を超えないで済むか?ばかり考えながらの
走り(&歩き)となった。

35kmからはさらに向かい風も受けて厳しい状況・・・しかしブログ読者の女性やチームの
Mさん奥さまの声援を受けて遅いながらも走っていると、残り4km辺りで地元の後輩に
颯爽と抜かれた。。今までのレース歴で一番の悔しい瞬間であったが付いていく余力は
もちろん無くて歩きを交えながら進むのみ。40km地点でリンゴジュースを飲んでからは
「最後くらいは意地見せよう!」と元気に走るように努めた。

IMG_5538.jpg
旅館街に入った辺りで(野村さん提供)

旅館街に入ってからはラストスパート。
「そんなに余力があるならもっと早くから出せよ!」と言われそうなほどのスパートで
ゴールまで駆け抜けて、自己ワーストとなるレースは幕を閉じたのでした。

IMG_5541.jpg
ラストスパート(NOZA君提供)

170312WAKURA_04.jpg
足痛かったけど最後の激走(ueta君撮影)

170312WAKURA_05.jpg
レース後集合写真


次回、ワーストで終わった原因を自己分析。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.13 (Mon)

能登和倉万葉の里マラソン2017・遅い結果速報

3月12日(日)
能登和倉万葉の里マラソン2017に出場してきました。

結果の方は昨年より25分以上遅い3:48:51で、自己ワーストを更新してしまいました。

170312.jpg
MH.TRC集合写真

直前1ヶ月の調整過程から予想していた、いやそれ以上の失速っぷりとなってしまった
レースの詳細は明日振り返ります。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.22 (Tue)

初めての100kmウルトラ雑感

今さらですけど来年以降再挑戦する時に参考にするために
初めて出場した100kmウルトラマラソンを終えての感想を書き残す。

・まず自分自身のレース結果について
 今回のレースでは10時間30分を目標タイムに設定していたが、結果的には11時間35分と
 1時間以上も目標を下回ってしまった。
 これには大きな要因が2つ、1つは中盤に脱水症状が現れて一時的に走れなくなったこと。
 もう1つはラスト9kmのエイド以降で足が傷んで大きくペースを落としてしまったことで
 あった。
 中盤65km辺りから73kmのエイドまでのロスがおよそ25分、73kmエイドでの回復待ち
 ロスが15分、ラスト9kmでのロスがおよそ20分と考えると、今後もっと足を鍛えてレース
 プランを失敗しなければ10時間30分の目標は決して不可能ではない!と感じた。

・水分補給について
 今回一番の失敗点。
 トイレを気にするあまり、レース前とレース前半30km辺りまでの水分補給が明らかに不足
 していたと感じる。その結果、暑くなってきた50km以降苦しくなり65kmから走れなく
 なったのだろう。ウルトラにてトイレで用を足す時間なんて僅かなものなのだから、もっと
 積極的に水分補給すべき。

・給食について
 一応万が一の補給食をシャツの背中のポケットに持参していたが、結局使わないままレース
 を終えたのでただの重りとなってしまった。
 このウルトラマラソンのようなエイドで豊富な給食が提供されるレースならばそれだけで
 充分賄えるので足攣り、熱中症予防のサプリ系しか持たなくて良いだろう。

・ニューハレVテープ
 過去の50kmウルトラ、フルマラソン出場での経験的に自分の足にまず異常が生じると
 したら左膝の痛みだろうと思ったのでニューハレVテープを初めて使ってみた。
 結果、両膝には全く痛みが発生することは無かった。(別の所は痛んだが・・・)
 73kmエイドの時点でもし膝の痛みもあったらまずリタイアしていたと思うので、今後も
 50kmを超えるようなレースではニューハレVテープは必須アイテム。

・大会運営
 初めてなので他との比較は出来ませぬが、、コースの道標、各所に配置されたスタッフの
 対応、エイドでの暖かい声援などどれも素晴らしくて出場して良かったです。
 来年は(も?)金沢マラソンとの兼ね合いになりますが、金沢の抽選に外れたらこちらに
 出場して今度こそ10時間30分以内を達成したいと思います。

最後に遅くなりましたが、沿道で応援してくれた沢山の方々、ありがとうございました!
そして大会運営に関わった皆さまもお疲れさまでした!

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.15 (Tue)

峨山道トレイルランは途中リタイア

先日の日曜日は地元で開催された第2回峨山道トレイルランに出場しましたが、1ヶ月前の
能登半島すずウルトラマラソンで故障した左足を再び痛めてしまったので途中リタイアと
しました。

なお詳細は近日中に更新予定。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT