2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.04.26 (Wed)

宝達山山開き

4月23日(日)
朝のアマッチ選手応援から、次はこの日に山開きの宝達山へ。
こぶしの路駐車場にMAX50台以上駐車していたほどに賑わった山開き日は新緑と咲き
始めた花と、思わぬ好展望をueta君と満喫。さらに宝達山で活発に活動されている
betsumさんと竜宮城で1年ぶりに再会して一緒に下山するなど、短い時間だったが
とても楽しい山行となった。

170423HOUDATSU_01.jpg
いつものこぶしの路へ入山!

170423HOUDATSU_02.jpg
こぶしの花はもう終わってた。

170423HOUDATSU_03.jpg
ミツバツツジ

170423HOUDATSU_04.jpg
オオカメノキ

170423HOUDATSU_05.jpg
山頂。
鳥居が新調されました。
開山祭はもう終了していたので静か。

170423HOUDATSU_06.jpg
まさか!の北アルプスがよく見える♪
4月としては珍しいです。

170423HOUDATSU_07.jpg
薬師岳

170423HOUDATSU_08.jpg
剱岳~立山

170423HOUDATSU_09.jpg
白馬三山~毛勝三山

170423HOUDATSU_11.jpg
白山

170423HOUDATSU_10.jpg
ブナの新緑!

170423HOUDATSU_12.jpg
竜宮城テラスからの日本海ビュー。

170423HOUDATSU_13.jpg
奥には通称能登富士の高爪山。

170423HOUDATSU_14.jpg
betsumさんの見事な脚の筋肉を見ながら軽快に下る。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.24 (Fri)

穴場見つけた、桜滝

猿山岬から下山後、普段ならすぐに帰るのだけれどまだ14時で時間もあったので
深見地区の奥へと続く林道を散策してみることに。

170322SARUYAMA_18.jpg
少し先へ進むと「桜滝」まで800mの標識あり。
どんな滝なのか?行ってみよう!

170322SARUYAMA_28.jpg
道なりに進んで林道の終点まで行くと案内板 (ueta君提供)
男滝と女滝、2つの滝があり神社もあってどうやら歴史ある滝のようだが・・・?

170322SARUYAMA_19.jpg
神社へと続く遊歩道へ進んでみよう。

170322SARUYAMA_20.jpg
数十メートル進むと滝神社。
そして神社の後ろに回ると・・・

170322SARUYAMA_21.jpg
おぉ!
見事な滝の登場、これは男滝か。
良い意味で予想外なスケールの滝に2人とも興奮の声が上がります!

170322SARUYAMA_22.jpg
ueta君に立ってもらうとそのスケール感、伝わりますかね?
水量は決して多くはない(雨天の翌日でこの水量なのだから、普段はもっと少ないのだろう)
のだけれど落差45メートルを流れ落ちる水の流れと周囲の雰囲気に厳かさも感じます。

170322SARUYAMA_23.jpg
さらに驚いたのは滝の裏へと回れてしまう。

170322SARUYAMA_27.jpg
滝の裏側からの写真を撮るueta君。

170322SARUYAMA_29.jpg
いや~、素晴らしいですねぇ (ueta君提供)
海岸からわずか1kmほどの場所にこんな滝があったなんて、、
さすが奥能登の秘境だと感心するとともに、今まで何年も猿山岬へ通っていたのに
知らなかったことがお恥ずかしい。

170322SARUYAMA_25.jpg
さらに男滝から40メートルほど奥へ進むと女滝もあります。

170322SARUYAMA_24.jpg
こちらは男滝ほどの迫力ではないけれど、
ちょうど虹がかかったりして、良いモノを見させていただきました。

170322SARUYAMA_26.jpg
女滝へのルートは一部片側が切れ落ちてたりして万人にはオススメ出来ませぬが・・・

深見集落から猿山岬へと入ったあとに、この桜滝も一見の価値アリ。
ぜひ立ち寄ることをオススメします!

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

猿山岬の雪割草2017

3月22日(水)
今年もそろそろ猿山岬行きの季節やな・・と思っていたらチームメンバーのueta君から
「山行きませんか~?」とお誘いがあったので一緒に行きましょう♪

170322SARUYAMA_01.jpg
深見集落登山口で環境保全協力金(1人300円)を払って出発~。

170322SARUYAMA_02.jpg
まずは標高差100mほどのつづら折れの登山道を登っていく。

170322SARUYAMA_03.jpg
登りきってしまえば快適トレイルに突入~♪
前日1日中降り続いた雨の影響が気になっていたが、泥濘みの酷い場所は思ったより
少なかった。

170322SARUYAMA_04.jpg
さて、最初の雪割草群生地に着いたが、、
気温と日当たりの影響か?まだ花の開きがイマイチなので帰りにまた寄るとして灯台の
方へ向かおう。

170322SARUYAMA_05.jpg
変化に富んだ登山道にueta君喜んでくれて何より(^_^)

170322SARUYAMA_06.jpg
短パン若者は「寒くないの~?」と聞かれまくり!

170322SARUYAMA_30.jpg
おじさんはタイツw (ueta君提供)

170322SARUYAMA_07.jpg
美しい日本海。

170322SARUYAMA_08.jpg
猿山灯台を経由して娑婆捨峠まで往復したら、また猿山灯台まで戻ってランチタイム。

170322SARUYAMA_09.jpg
昼食後は灯台側の群生地へGo!

170322SARUYAMA_10.jpg

170322SARUYAMA_11.jpg

170322SARUYAMA_12.jpg
雪割草はまずまずの見頃を迎えていて、今週末辺りがちょうど良いかと思います。

170322SARUYAMA_13.jpg
猿山頂上から娑婆捨峠へと続くルートは一部崩落していて落石の危険アリとのことで
通行禁止となっています。


楽しくお話ししながら深見側の雪割草群生地へ戻るとこちらも花がキレイに開いて
見頃となっていた。

170322SARUYAMA_14.jpg

170322SARUYAMA_15.jpg

170322SARUYAMA_16.jpg

パトロールのおばちゃんとしばらくお話ししたら、「来年もまた来ます~」とお別れして
下山路へ。

170322SARUYAMA_31.jpg
今年のトレイル始めで足が重い・・・ (ueta君提供)

170322SARUYAMA_17.jpg
ラストは急坂を軽快に駆け下りて2017年の猿山岬詣では終了~。

しかし今年はこの後、オマケもあるのですがそれはまた明日。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.07 (Wed)

ueta君と宝達山

12月7日(水)
チームメンバーのueta君と宝達山へ行ってきた。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
気温は一桁、もう冬の様相。
12月なんだから当たり前か。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
標高400mより上には登山道脇に雪があった。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
山頂神社の屋根にもお昼なのにまだ雪が残っていた。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
おふざけもアリで(笑)

ueta君、今日はありがとうございました。
また次は雪山に行きましょう♪

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.05 (Tue)

白山夏山開き(室堂~観光新道~別当出合)

室堂へ下って朝食後、下山は花と展望の観光新道へ。
今日は下山ものんびり歩いてお花と景色を堪能しつつ、9時半には別当出合に到着
して最高の夏山開き山行を終えたのであった。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
あっという間に快晴となった白山室堂。
実はまだ6時すぎだったりする。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
弥陀ヶ原、まだ朝露に濡れるチングルマ。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
水屋尻雪渓も残雪少なく・・・7月1日とは思えないような状況。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
観光新道は黄色が賑やか。
まずはシナノキンバイ。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
そしてミヤマキンポウゲと別山。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
展望の良さも観光新道の魅力の一つですね!

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
青空へと伸びるムカゴトラノオ。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
ニッコウキスゲと別山。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
源くんが一番大好きな花、クルマユリ。

DMC-GM1 & LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
仙人窟をくぐる源くん。

差し入れしてくれたムロさん、ありがとうございました!
下山後出勤だった皆さん、お疲れさまでした!
そして最後まで一緒に行動してくれた源くんとKさんもありがとうございました!
また来年、皆と共にバンザイ出来るのを楽しみにしています。


その他の写真を含む詳細な記録はヤマレコにアップしました。
興味のある方はお手数ですが こちら をクリックしてご覧ください。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(コラボ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT