2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.27 (Sat)

雨上がりに奥獅子吼山

5発25日(木)
休日2日目も午前中は雨か~い!
という訳で雨があがるのを待って昼すぎスタートで奥獅子吼山へ行ってきた。

パーク獅子吼の駐車場に駐車してゴンドラ乗り場裏の登山口よりスタート。
序盤からつづら折れの急登な登山道を登っていく。雨は上がったばかりだけど下は酷い
泥濘も無く歩きやすいですね。しかし空は一気に晴れてきて気温上昇、湿気はムンムン、
汗が噴き出します。途中絶好のビューポイントを通過して急登を登っていくと月惜小屋へ。

170525OKU_01.jpg
雨上がりがあまり気にならなかった。

170525OKU_02.jpg
鶴来の街並みのビューポイント。

170525OKU_03.jpg
月惜小屋


小屋を過ぎると傾斜が緩んで走れる感じ、なので時々走る。犀鶴林道のすぐ脇のトレイルに
入るとさらにアップダウンが少ないトレイルで、さらに犀鶴林道を横断した先の奥獅子吼山
へと続く登山道もかなり走れる感じ。なるほど、これはトレイルランナーに人気があるのも
解ります。そんな登山道を走り、歩きを交えて奥獅子吼山山頂へ。
山頂からは白山はさすがにまだ雲に覆われて見えなかったが近くの山は眺める事ができた。

170525OKU_04.jpg
手取川扇状地を一望できるビュースポット。
送電線がやや邪魔でしょうか。

170525OKU_05.jpg
スカイ獅子吼

170525OKU_06.jpg
山頂標識と三角点。

170525OKU_07.jpg
大門山や奈良岳など、見えテルヨ~。

170525OKU_08.jpg
白山は見えず、、なのでまた来たい。

170525OKU_09.jpg
日本海も見えます。


山頂で少しの休憩後は下山開始。
下山は来た道をそのまま戻るのみで月惜小屋までは8割ほど走り、小屋からも滑りそうな
所に注意しながら走り降りた。

これまでは金沢に用事があって行く時のついでに短時間で登山してくる場合は医王山を
選択することが多かったが、今後は奥獅子吼山も選択肢の一つとしたいですね。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.26 (Fri)

イノシシおったがいね!

今日の夜、娘の迎えに行った帰りに自宅まであと1kmほどの地点で道路の真ん中で
動く大きな生き物・・・クルマをゆっくり走らすと道路脇の林へと消えていった。
あの大きさ、見た目、、たぶんイノシシだろう(さすがにクマではなかったかと思う)
以前からこの付近にも普通に居る事は分かってはいるのだけれど、いざ現実に目にすると
ビビりますね(~_~)

特に今回目撃した場所は普段からランニングコースで走っている道路なので、ここを
走る時は気をつけなくては。これから暑くなって早朝や夕方、夜間に走る事も増える
だろうが、イノシシが居そうな山あいのコースは避けようと思う。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  日常  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.25 (Thu)

奥獅子吼山へ行ってきました

5月25日(木)
奥獅子吼山へ行ってきました。

170525.jpg
今日の山頂。
雨上がりの午後は予想外に晴れて暑かった!

さて明日の朝は早いので他の写真は明日帰ってから。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(速報版)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.24 (Wed)

千里浜なぎさランニングウェイ

5月24日(水)
先週の白山登山以来の休日だというのに久々の悪天候予報なので山は止め。
しかし意外と雨は降りそうではないので羽咋へ行ったついでに千里浜なぎさドライブ
ウェイを走ってきた。

170524CHIRIHAMA_01.jpg
里山海道の今浜ICを下りてすぐにクルマを停めてスタート。
早速砂浜へと向かう。

170524CHIRIHAMA_02.jpg
海は荒れていないようだ。

170524CHIRIHAMA_03.jpg
砂浜に出たらひたすら北へ。
中学生の時に校内マラソン大会で走って以来のおよそ30年ぶりとなる砂浜ランニングに
懐かしい気持ちとなる。
そして当たり前だけど、砂浜での着地は足に優しい。

170524CHIRIHAMA_04.jpg
観光バスや乗用車が行き交う中に、意外と多くの自転車が走っていた。

170524CHIRIHAMA_05.jpg
羽咋川の河口から実家を激写!
千里浜レストハウスを過ぎて羽咋川の河口まで、今浜から7.5kmほど。

帰路は舗装道から国道に出て、クルマを停めた場所まで走っておよそ18km。
今日も良いトレーニングでした(^_^)

170524CHIRIHAMA_06.jpg
7月7日オープン予定で千里浜に準備中の道の駅。

千里浜は足に優しいけれど、景色が単調すぎて今後走りに行く事はあまり無いかな。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  ランニング日記  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.23 (Tue)

チャリトレ

5月23日(火)
今日は朝の早いうちに走ろう!と予定していたのだが松くい虫駆除の薬剤散布が行われて
いたので断念。しかし何かして身体を動かしておきたいので時間はあまりなかったが
午後の出勤前に自転車トレに行ってきた。

標高差200mほどの峠道を含めて1時間で約25km。
なお急いで出たので携帯・カメラを忘れて写真は無し。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  自転車ライド記録  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.22 (Mon)

晴天続く

連日の晴天はありがたいが空いてる時間帯が真っ昼間だけだと暑くてロードを走る気に
なれず、、という訳で今日は運動お休み。


こんなブナの森が家のすぐ近くにあればその後に仕事が控えていても癒されに行くんです
けどね~。まあ無いものねだりな性格です(^_^;)

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  独り言  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.21 (Sun)

金沢マラソン2017は2.45倍

ここ最近全国的にうだるような暑さが続く中、この土日は各地でフルマラソン、ウルトラ
マラソン、トレイルランの大会があってチームメンバーや今までレースで知り合った方々が
出場されたようで皆さんお疲れさまでした。

私の方は秋までレースの出場予定は無し、この夏は登山優先でいきたいと考えているので
次のレース出場は抽選に通った場合は金沢マラソン2017となる予定です。
その金沢マラソン2017のエントリー結果が先日発表されたようで、抽選倍率は2.45倍と
昨年より上がりましたね。
まあ自分の場合は抽選にハズレた場合に出る別のレースも決めてあるので、来月の結果
通知を気楽に待ちたいと思います。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  大会・レース  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.20 (Sat)

残雪期白山(後編)

中編の続き。

時間の都合で今日は山頂へは行かず、室堂より下山。
水屋尻雪渓を経て弥陀ヶ原~黒ボコ岩~南竜分岐~甚之助避難小屋と残雪期の下山は
楽ちんだ~。

170517HAKUSAN_20.jpg
雪の上を走るように下る。

170517HAKUSAN_21.jpg
弥陀ヶ原と別山。
甚之助に泊まっていた男性が大きなザックで登ってきた。

170517HAKUSAN_22.jpg
弥陀ヶ原ライブカメラはもうすぐ観られるようになりそうね♪
(5/20現在、観られますね)

170517HAKUSAN_23.jpg
十二曲がりでスキー登高を諦めてツボ足で登る男性、ガンバ!

170517HAKUSAN_24.jpg
甚之助避難小屋へ。
曇ってきたので割と涼しい。


甚之助避難小屋の前で休んでいると、後から滑り降りてきたボーダーのトレランシューズ
盗難現場に遭遇、そして盗んだ犯人だと一時的に疑われるという不快な一件に巻き込まれ
つつも、その後はスムーズに何事もなく無事下山。

170517HAKUSAN_25.jpg
吊り橋から大長山。

170517HAKUSAN_26.jpg
別当出合は新緑始まる。

170517HAKUSAN_27.jpg
ちょうどこのタイミングで吊り橋入口のロープを外していた。

170517HAKUSAN_28.jpg
別当出合~市ノ瀬のロードは2ヶ所で側溝工事中だった。
しかし多分ですが来週中には冬季閉鎖が解除されて別当出合までクルマで入れるように
なるんじゃないですかね。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.19 (Fri)

残雪期白山(中編)

前編の続き。

まだ広大な雪原の弥陀ヶ原を過ぎて五葉坂へ、しかしこれが失敗・・・もう6割方の雪は
消えていて岩の上をアイゼンで歩く羽目に。そして辿り着いた室堂は確かに積雪多め、
特に記録的小雪だった昨年の記憶が強いのでより多く感じます。
そんな室堂では今日一番の目的だったさくら守のお守りを持っての祈祷殿前で安全祈願。

170517HAKUSAN_13.jpg
先月、白山比咩神社で限定販売されたさくら守を持って。

170517HAKUSAN_14.jpg
このお守りは白山奥宮祈祷殿の建て替えに伴い3年前に解体された旧祈祷殿の木材で
作られたお守りで、発売されるもあっという間に売り切れたモノ。
チームメンバーに買ってきて貰わないと入手できなかったお守りですよ、
ueta君ありがとう!

170517HAKUSAN_18.jpg
5月の1週目に鳥居の頭が少しだけ出ていたようなので、2週間で1メートル以上
減りましたかね。

170517HAKUSAN_15.jpg
鳥居越しに室堂センターと別山、、なんて写真は今しか撮れないでしょうね。


さて、この時点で予定時刻より押していて山頂まで行くかどうするか?
タイムリミットに対して行けない事はないけど、山頂まで行くとお湯を沸かしてお昼を
食べる時間を削るか、あるいは下山・帰りの運転がタイトな行程になるのを覚悟するか
なので今日は無理せずに室堂までとした。

170517HAKUSAN_12.jpg
そうと決まればラーメンタイム。
今年と来年は時間制限のある山行が増えるので、あまりピークには拘らずにまったりする
時間を大切にしたい。

170517HAKUSAN_16.jpg
序盤でアウターを落とした男性が歓声を上げながら滑り降りてきた。
アウター紛失に早く気付いて良かったデスネ!

170517HAKUSAN_17.jpg
水場の水量は潤沢に。
キンキンに冷えててサイコー♪

170517HAKUSAN_19.jpg
ガスってきたのでそろそろ下山しましょうかね。


後編に続く。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.18 (Thu)

残雪期白山(前編)

5月17日(水)
快晴予報の休日となれば、そろそろ白山へ行かねば!という事で白山へ。
ただ娘がテスト期間で帰りのお迎え時間が早いので行ける所まで。とはいえ過去の実績から
山頂に間に合う時間から逆算した時間に市ノ瀬出発です。

まずは市ノ瀬~別当出合の冬季閉鎖がまだ解除されていないので歩きで1時間。昨年8月以来
久々となった別当出合から吊り橋を渡って砂防新道へ。石の急階段を登っていると誰かが
落としたアウターがあったので分岐まで上げておきます。するとしばらく進んだ先で下りて
きたスキーヤーが「上着落ちてませんでしたか?」と。いや~落とし主が早く見つかって
良かったです(^_^)
残雪の方は中飯場の直前からちらほら、そして標高1600m辺りからずっと繋がる感じで
しょうか。雪は繋がっているけどアイゼンはまだ付けずに甚之助避難小屋まで。

170517HAKUSAN_01.jpg
あぁ~久しぶりです、別当出合。

170517HAKUSAN_02.jpg
吊り橋に板は入っているのに通行禁止なのは何故?紛らわしくないか??
実際に下山中に会った2人組は通れないと思って観光新道を登ったらしい・・・

170517HAKUSAN_03.jpg
中飯場の雪はもう少ない。

170517HAKUSAN_04.jpg
朝は雪が締まっているけれどトレースがあるのでノーアイゼンでも行ける。
そして枝が行く手を遮る場面もまだ少ない。

170517HAKUSAN_05.jpg
赤兎山や大長山の雪も少なくなりましたねぇ。

170517HAKUSAN_06.jpg
甚之助避難小屋では宿泊していた関西の単独男性としばらくお喋り。


甚之助からは急登となるのでアイゼン装着。南竜分岐からは目印の旗竿に沿って黒ボコ岩
方面へトラバースですがトレースがちゃんとあるので怖さはあまり感じない。
ただこの辺りから足が重くてペースがガタ落ち....原因は前日の坂トレの疲れかなぁ?
黒ボコ岩までの直登をヒィヒィ登ると御前峰とご対面です。

170517HAKUSAN_07.jpg
南竜分岐からはトラバース道。
室堂での宿泊者が3人下りてきた。

170517HAKUSAN_08.jpg
万が一滑落してもまだ岩などの露出が少ないので大事にはなりにくいとは思いますが、
まあ慎重に。

170517HAKUSAN_09.jpg
十二曲がりはトラバース後に直登。
去年のGWでは落石喰らいました、人が多い時は要注意!

170517HAKUSAN_10.jpg
黒ボコ岩と別山(定番)

170517HAKUSAN_11.jpg
弥陀ヶ原で御前峰ドーン!
何度来ても気分が高揚する瞬間です。


中編に続きます。

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

21:00  |  登山(ソロ)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT